makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【レジ袋有料化の話】本気度を疑う環境保護活動

前回記事の続きです。

テーマは「レジ袋有料化のもたらすもの」について。

www.makaranbox.com

 

2020年7月から始まった、レジ袋有料化。

買い物に行けば「袋はお持ちですか?」とレジ担当者の方から必ず尋ねられ、その度に「持っていないので、1枚ください」「袋は持っています」等のヤリトリがある。この光景が普通になりました。

 

この活動の最終目的は、環境問題の改善です。

プラスチックによる環境汚染が問題視される昨今。少しでもプラスチック製品を減らす為に目を付けられたのが、プラスチック製のレジ袋です。

 

取り組みが始まって1ヶ月ですが、今のところ出ている意見は「手間が増えて商売の邪魔」というものが多い。

狙った効果が出るかどうか、判断はできるのは…まだ先です。

 

------------------------------------------

 

しかし、この「環境問題改善の為、レジ袋削減」というお題目。

鵜呑みにしていいものか、かなり怪しい

diamond.jp(2020/7/1)

 

 経済産業省のホームページでは、レジ袋有料化の目的について「普段何げなくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとする」としている。

つまり、「レジ袋を有料化することでレジ袋が削減できれば、プラスチックごみは減るだろう」とは思っていないのだ。


実際、政府は「レジ袋が減ればプラスチックごみが減るから、皆さん積極的にレジ袋を買わないでください」とは全く言っていない。

そもそも、レジ袋削減がプラスチックごみ削減になるなら、有料化などと言わずに「一切のレジ袋提供禁止」とすればよい。

 

繰り返しになるが、レジ袋有料化とプラスチックごみ削減は、あくまで別問題だということだ。

https://diamond.jp/articles/-/241840より。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

上記記事は、経済産業省HPの内容を批判するものです。

「ゴミ問題を解決したいのなら、レジ袋を使うなと言えばいい」

…確かにその通りですね。

 

まぁ、経済産業省は「経済を回す役所」ですから、人の営みを過剰に規制したくはないのでしょう。レジ袋全面禁止となれば、困る店が増えます。特に「水分の多い品を扱う店」は、営業停止に近いダメージを喰らうでしょう。

例えば、魚屋さんです。魚を紙袋や布袋に入れて持ち帰るのは困難。魚から水分が出て、そこら中が生臭くなります。ビニール袋やプラスチック袋など、水を通さない袋が必須です。

テイクアウトの飲食店も同様。惣菜パン程度なら紙袋でも何とかなりそうですが、ソースを使った料理をテイクアウトするには、やはりビニール袋やプラスチック袋が必要です。紙袋や布袋だと、ソースが漏れた時に大変。

 

プラスチック製のレジ袋は、必要だから使われているのです。いきなり全面禁止では、経済界の混乱必至。

経産省の立場は分かりますが、環境保護活動としては中途半端です。中途半端は、効果が薄いか、逆効果になり易い。

 

------------------------------------------

 

では、経産省ではなく、環境保護活動を司る「環境省」はどう主張しているのか?

 

plastics-smart.env.go.jp(2020/8/1閲覧)

 

上記リンク先ページには、レジ袋有料化の根拠が色々と掲載されています。

◆日本は、主要国の中で2番目にプラスチック廃棄量が多い。
◆レジ袋有料化などの規制をかけている国は、世界60か国以上。
◆大阪湾に沈むレジ袋は300万枚。

等々、それっぽい文言が、印象深いイラストと共に並んでいます。

 

しかし、「レジ袋を減らせば、どの程度の環境保護になるのか?」については、明確な記述が見当たらない。

レジ袋の使用を減らせばどうなるか、曖昧なままで「減らしましょう」と言ってるだけ…にしか見えない。

同様の話は、業界団体からも出ています。

 

www.asahi.com(2020/7/1)

なぜ、まずレジ袋なのか

根拠を示してほしい。

 

日本の廃プラの排出量は年900万トン。

うち400万トンが容器の包装で、レジ袋はその中の20万トンにすぎない。

 

政府は環境対策の大目玉としてレジ袋の有料化に踏み切ったが、残りの380万トンはどうするのか。議論はほとんど進んでいない

レジ袋がどれだけ環境に負荷を与えているか検証したうえで、環境政策を進めてほしい。

ペットボトルや使い捨ての弁当箱を規制した方が、よほど廃プラは減る。

 

大企業の食品や飲料メーカーではなく、私たちのような弱小企業をターゲットにした。環境対策のスケープゴートにされた気がしてしようがない。

 

環境省の職員も私にこう言いました。

レジ袋は身近で国民にわかりやすいんですと

https://www.asahi.com/articles/ASN71346TN6YPLFA00M.html?oai=ASN7061XWN70ULFA01M&ref=yahoo

 

環境省が出す情報。上記記事で出た証言。

総合すると「どれだけ環境保護に役立つか分からないけど、やってる感が出るのはレジ袋削減」という結論に至ります。

ちゃんとした数字が表に出てこない為、政府のパフォーマンスにしか見えない。

 

この話、「アベノマスク」と同じです。

あのマスクも、どれほどの効果を見込んで、実際にどういう効果が出たのか、曖昧なまま。

 

------------------------------------------

 

レジ袋削減は、「やった気になりました」感が強いと思われます。

例えてみれば、「家計節約の為に、遠くへ買い物に行く」っていうのと同じ。

 

近所のスーパーで売っている大根が、ひとつ100円。一方、同じ品が別のスーパーでひとつ90円。差額は10円。

「お得なのは後者だ!」として買いに出かけるも、自宅から遠くて車を使ったら、交通費が500円かかりました。

これでは本末転倒です。これと同じ。最終的にどうなるかを考えていない。

 

環境問題も、目の前のことのみを考えるのではなく、最も重要なことは何かを考える。

目指す場所を決めたら、そこに向かって歩み始める。

今は意味がなさそうな活動でも、目的地にたどり着く見込みがあれば、やる。

逆に、パッと見で効果がありそうな活動でも、目的地への道を塞ぐものであればやらない。

この流れが重要です。

 

------------------------------------------

 

今回のレジ袋削減運動で、プラスチックごみは減るかも知れません。

ただ、当初の計画が曖昧なまま強行した様に見え、それに怒っている方が存在するのも事実。

明確な計画を・数字を用いて・実行前に説明できなければ、理解を得られません。疑いの目も無くなりません。

これが、仕事の基本。役所だろうと民間だろうと、皆同じ。

 

 

--------------(記事了)--------------