makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【裁判の話】おや? NHKの様子がおかしいぞ…

 先日、「受信料裁判で、NHK敗訴」というニュースを見ました。

 この話、かなり興味深いものです。

www.jiji.com(2020/6/26)

東京都文京区の女性がNHK放送を視聴できないテレビを自宅に設置し、NHKを相手取り受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であり、小川理津子裁判長は女性の訴えを認めた。

女性が設置したテレビはNHKの信号だけを大幅に弱めるフィルターが取り付けられていた。

 

NHKによると、同様の仕組みのテレビを設置して契約義務がないことの確認を求めた訴訟は過去に4件あり、3件で原告の敗訴が確定。1件は取り下げられており、NHK敗訴の判決は初めて

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062601020&g=socより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

この手の裁判は、これまでも何度かありましたが…NHKの主張を認めるものばかり。

今回の判決で、初めて「NHKが見れないテレビであれば、受信料を払わなくていい」という判断が出ました。かなり大きな動きと言えます。

 

ただ、この判決は「東京地裁」の判決。まだ高等裁判所最高裁判所での審議があります。NHKは、最高裁まで争う可能性が極めて高い。

案の定、高等裁判所へ控訴したとの報道がありました。まだ先は長いでしょう。

www.asahi.com(2020/7/2)

 

------------------------------------------

 

今回問題になったのは、NHKの電波だけを受信不能にする部品」の有効性についてです。

この部品を開発したのは、筑波大学掛谷英紀准教授。部品の名前は「イラネッチケー(iranehk)」です。

読んで字のごとく、「NHKは要らない」というところから来た名前。

 

この「イラネッチケー」は、amazon等のネット通販で、簡単に手に入ります。

地域によって遮断方法に違いがある為、いくつかのタイプが存在します。お値段は数千円程度。

 

この「イラネッチケー」は、5~6年ほど前から販売されている品物です。今年新発売されたものではありません。

そして、世に出た途端にNHKがイラネッチケーを敵視。受信料徴収の是非を巡って何度か裁判があり、NHK側の勝訴が続いてきました。

今回の東京地裁判決は、イラネッチケー側の初勝利となります。一体、今までと何が違うのでしょうか?

 

------------------------------------------

 

そもそも、NHKが「受信可能な設備があれば、受信料を徴収できる」と主張する根拠は、放送法という法律の中にあります。

第六十四条

 

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC0000000132#368

 

昔々、初めて白黒テレビ放送が始まった頃、日本のテレビ局はNHKしかありませんでした。つまり、「テレビは、NHK受信専用装置」だったのです。その為、テレビを持てばNHKに受信料を支払うという図式は、当然と言えば当然でした。

 

NHK以外の放送局が圧倒的に多い現在でも、この法律はそのまま。時代に合わなくなっているのですが、NHKは「金のなる木」としての受信料利権を手放しません。あらゆる手を使って、受信料徴収を肯定します。

 

NHK側は、「NHKを見ていようといまいと、テレビをアンテナに繋いでいようといまいと、その気になればNHKを受信可能である」と主張して、受信料裁判に勝訴してきました。

イラネッチケーについても同様。「その気になれば、イラネッチケーを取り外して、NHKを受信可能な状況にできる」と主張。「工事業者でないと、部品取り外しは無理」というレベルでも、ゴリ押しで受信可能な状況に戻し、証拠として提出。裁判に勝ってきました。

 

ところが、今回はイラネッチケー側も気合を入れて対応。「イラネッチケーを外すと、テレビが壊れる」というレベルでガチガチに部品周りを固め、裁判に臨みました。

今回も、NHKは部品を外そうとしましたが、結局断念。イラネッチケー側の主張が通り、地裁で勝訴したのです。

 

------------------------------------------

 

今後も裁判は続きますが、「NHK側が、テレビを壊さずに、イラネッチケーを外す」という結果を出さない限り、判決は覆らないでしょう。

何が何でも勝訴をもぎ取る為、NHKは湯水のごとく金を使い、ありとあらゆる方法を試すのでしょうが…そのお金、元々は受信料なんですよね。

 

受信料は、良い番組を作る為のお金であるハズ。

使うなら、ヤラセや捏造報道を無くす方向で使って欲しいものです。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

iranehk 地上波カットフィルタ― (UHF20ch用) IRANEHK-20N