makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【まとめサイトの話】「NAVERまとめ」の終了と、キュレーションサイトの害悪(後編)悪質ブログを回避する方法

先日の記事の続きになります。

テーマは「キュレーションサイトの害悪」について。

www.makaranbox.com

 

前回記事では、キュレーションサイトの悪い点について述べました。その内容は、大まかに3つ。

(1)記事・画像・動画などの無断転載(明らかな違法行為で犯罪)
(2)虚偽記載。デタラメ記事(これも犯罪の可能性アリ)
(3)見出し詐欺(見出しと内容が全然違う)

キュレーションサイトで記事を書いている方の中には、上記1~3に気を付けていらっしゃる方もいますが…そうでない者の方が、圧倒的に多い。

特に(1) に関しては、明らかな違法行為。サイト運営者も半ば黙認しており、かなり深刻です。度々問題視され、無断転載の被害者から法的措置を受けることもあり。

 

そういった行動が仇となったのでしょう。Google検索の仕組み(アルゴリズム)が変わり、キュレーションサイトそのものが検索上位から排除される様になりました。

また、嘘記事を量産していたキュレーションサイトが大炎上し、運営側が謝罪会見を行う事態も発生。利益よりも損失の方が大きくなるという流れになりました。

 

大手企業が利益の柱としてキュレーションサイトを運営するという時代は、終わりに向かっています。その象徴的出来事が、最古参のキュレーションサイト「NAVERまとめ」が閉鎖というニュースです。

www.itmedia.co.jp(2020/7/1)

 

「キュレーションサイトの利点より、害悪の方が深刻だ」と考える方にとっては、「やっとここまで来たか」という感じでしょうね。

 

----------------------------

 

しかし、キュレーションサイトの害悪が絶滅したワケではありません。

「大手企業が収益の中心として運営し難くなった」というだけで、相変わらず無断転載や嘘記事は数多く存在しています。

 

近年では、個人ブログの体で運営されているものが多い。特にニュース速報を追いかける「トレンドブログ」の中に、悪質な記事を量産するものが増えています。

見出しで散々煽った挙句、「よく分かりません」で締める記事ばかり。クリックさせて閲覧数を稼ぐことしか考えていないサイト・ブログであり、「悪質トレンドブログ」「いかがでしたかブログ」「詐欺ブログ」等と呼ばれています。

 

これらの悪質ブログは、Google検索で上位に出易い方法(「SEO」といいます)を採用して記事を書く場合が多く、Google検索の精度を壊す要因になっています。いわゆる「検索ノイズ」というヤツです。

この検索ノイズを回避し、粗悪なサイトを訪れないで済む方法があります。当記事で紹介する方法は、3つ。

 

(1)見出し文や画像の傾向を掴む

(2)マイナス検索

(3)ブラウザの拡張機能を使用する

 

それぞれ、詳しく述べていきます。

 

----------------------------

 

(1)見出し文や画像の傾向を掴む

この方法は、特に「見出しで煽るが、中身スッカラカンの悪質サイト」に有効な方法です。

この手のサイトは、見出しの雰囲気がよく似ています。例えば、何か大事件が起こった時、すぐさま検索上位に出てくるサイトで、

「○○事件の犯人は?顔写真は?職業は?」
「○○事件の実情がヤバ過ぎた!驚きの真実とは?」

こんな感じの見出しで検索上位に来る記事が多い。この手の記事の9割以上は、中身スッカラカンの駄目記事と思って差し支えないでしょう。

 

また、「外国人が写ったフリー画像素材」や「フリーのイラスト素材」をベタベタ貼りまくっているサイトも注意です。その目的は、記事分量を水増しすること。

画像を少々使う分には、イメージが湧いて記事内容を理解し易くなるので、有益だと考えますが…使い過ぎは逆効果です。

 

更に言えば、「事件発生からどれくらい時間が経過しているか?」という点も重要。

事件発生や報道開始から1時間も経過していないのに、「名前は?顔写真は?職業は?」と煽る記事は、99%粗悪記事。大手マスコミですら報じ始めたばかりの段階で、個人ブログが詳細を掴めているということはない。そう考えるのが自然です。

個人ブログの情報源の多くは、大手マスコミ報道です。大手が報じ始めて直ぐに出現する「煽り見出しの記事」は、ただのコピペであることが殆ど。

 

こういう記事は、クリックしても失望する場合が多い。避けた方が無難です。

 

----------------------------

 

(2)マイナス検索

検索サイトの基本機能に、「マイナス検索」があります。

これは、「検索したい単語の前に、マイナス記号(-)を付けて検索すると、その単語が載った記事を排除して検索する」という機能。

 

例えば、「食べ物」に関して調べたい場合を考えてみましょう。

「食べ物」とだけ入力して検索すると、ありとあらゆる食べ物情報が検索に引っかかります。これを「食べ物 -アメリ」と入力すれば、アメリカ」という単語を含む記事を除外して検索した結果が表示されます。

同様に「食べ物 -日本」であれば、和食関係は検索結果に出てこなくなるでしょう。「食べ物 -肉」であれば、肉料理に関する記事は除外され易くなります。

 

この方法を、粗悪記事が使いがちな単語に当てはめれば、検索結果から粗悪記事を排除することも可能です。

よくある言葉は「いかがでしたか?」「ヤバすぎた」「名前は?職業は?顔写真は?」等々ですね。これらの言葉をマイナス検索にかければ、かなりの粗悪記事が検索から排除されます。

 

ただ、これは「粗悪か否か」を考えた方法ではなく、「記事に言葉が含まれるか否か」を単純に判断する方法です。その為、記事内容が素晴らしくても、該当する言葉が含まれていれば排除されてしまいます。
同様に、内容が粗悪な記事であっても、該当する言葉が含まれていなければ、検索結果に出てきます。

使い方に、少々工夫が必要ですね。

dime.jp(2019/6/5)

 

----------------------------

 

(3)ブラウザの拡張機能を使用する

ネットを閲覧するアプリ・ソフトを「ブラウザ」といいます。代表的なものとしては、「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Safari」「Firefox」等があります。

ブラウザには、後から拡張機能を追加し、ネット閲覧をより便利にできるものがあります。この追加機能のことを「アドオン」ともいいます。

 

アドオンには様々なものが存在しますが、その中に「粗悪サイトを除外する」という機能を提供してくれるものがあります。

具体的には「ゴシップサイトブロッカー」や「ノイズレサーチ」等の名前が挙がります。

nlab.itmedia.co.jp2019/3/14)

forest.watch.impress.co.jp(2019/6/25)

 

これらの拡張機能は、先述の「マイナス検索」と違い、いちいちマイナス記号を入力しなくても済むので便利です。

しかし、融通が効かない点はマイナス検索と同じ。「こういうサイトを検索から排除しろ」と指定すれば、内容の良し悪しを考えずに検索から除外してしまいます。

その点に注意して使用すれば、かなり便利な機能といえるでしょう。

 

----------------------------

 

キュレーションサイトやトレンドブログには、良質なものもあります。

しかし、圧倒的に「閲覧数稼ぎしか考えていない、悪質なもの」の方が多い。

そういう悪質記事を減らすには、「悪質だとバレた時点で、誰も見てくれない」という風潮を作り出すのが一番効果的です。

悪質な記事を量産するサイトは、「著作権法違反の丸パクリ」や「明らかな捏造」にまで手を出す場合も。そういう輩には、法的措置もアリ。

 

情報の受け手が用心すれば、供給側も用心せざるを得ない。

そうやって、少しずつ状況が改善されていくのです。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

Googleの裏ワザ Chrome編

Googleの裏ワザ Chrome編

 
Firefox 乗り換え&拡張機能ガイド

Firefox 乗り換え&拡張機能ガイド

  • 作者:小原 裕太
  • 発売日: 2005/02/18
  • メディア: 単行本