makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マスコミ不祥事の話】産経が、やらかしました。証拠は、消せません

先日、かなり衝撃的なニュースが報じられました。

それは、産経新聞世論調査に、嘘が混じっていた」というものです。

www.sankei.com(2020/6/19)

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、調査業務を委託していた調査会社「アダムスコミュニケーション」(本社・東京都)が再委託した「日本テレネット」(本社・京都市)の社員が約1年間にわたり、計14回分の調査の一部で不正なデータ入力を行っていたことが19日、分かった。

https://www.sankei.com/politics/news/200619/plt2006190008-n1.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

www.asahi.com(2020/6/19)

フジテレビと産経新聞社は19日、FNN(フジ系28局によるニュースネットワーク)と同新聞社が合同で行う世論調査で、実際には電話をしていない架空の回答が含まれる不正が見つかったと発表した。

不正は、2019年5月から20年5月までの世論調査計14回で見つかり、両社はこの世論調査結果に基づく放送と記事をすべて取り消した。

 (https://www.asahi.com/articles/ASN6M41QPN6MUTIL00R.html?iref=comtop_8_01

 

産経は「自社のやらかした不祥事」について述べているので、「調査の一部に不正データが混入」というソフトな表現で止めています。

一方、朝日新聞では「電話調査していないのに、やったことにして数字を作った」という書き方がされていますね。捏造があったということです。

 

まぁ、産経に限らず、この手の話は朝日・毎日・フジテレビ…等々、アチコチの大手メディアがやらかしまくっている事案。今更驚きません。

ただ、今回の話は産経の話。産経の出す数字が嘘だったということで、産経の信用度は下がります。それは不可避。

 

------------------------------------------

 

気になるのは、「どの記事で、どの程度の嘘数字を出しているのか?」ということ。

嘘があったと言われても、はいそうですか…で終わります。「どの程度の嘘だったのか」まで調べないと、詳しい分析になりませんし、再発防止策にも繋がりません。

 

この「詳しい分析」に対し、産経側の動きは早かった。残念ながら、悪い意味で

産経さんは、捏造世論調査の話を公にするのと同時に、関連記事を全部削除しています。これでは、分析ができない。

 

しかし、ネットの海は広大です。

産経が管理するところ以外のサイバー空間に、引用という形で残っている、捏造世論調査の記事がありました。

その引用を見れば、ある程度の分析は可能です。

 

その引用ページは、以下。

 

m.newspicks.com(2020/6/19閲覧)

【産経・FNN合同世論調査】新型コロナ第2波「心配」95%、緊急事態宣言解除「評価する」5割超
産経ニュース 2020年06月01日


産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は5月30、31両日に合同世論調査を実施した。

政府が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために発令していた緊急事態宣言を約1カ月半で全面解除したことについて、「評価する」との回答は53.3%で、「評価しない」の38.7%を上回った。

全面解除の時期については「早すぎた」が46.4%で、「適切なタイミングだ」の45.1%と拮抗した。

https://m.newspicks.com/news/4952204/

 

上記記事を産経のページで探すと、エラー(404 Not Found)になります。産経サイドの手で、削除されていますね。

これは、「記事の数値に捏造がある」ということを示しています。捏造を混ぜてしまったので、産経側が削除したのです。

 

ただ、丸っきり嘘だらけというワケでもなく、いくらかは真実の数字も混じっているハズ。

じゃあ、真実の数字はどのくらいか?…といえば、それは分析不能です。調査元のデータを引っ張ってきて、こまめに確認するしかない。それができるのは産経だけなのですが、今のところヤル気はなさそうです。記事を消したところで話が止まっているので。

従って、読者が考えるしかない。

 

普段の産経は、安倍政権を擁護する傾向にあります。

そこから推測するに、「安倍政権への肯定意見を捏造し、支持率を底上げしたのではないか?」となります。

あくまで、理論的な推測ですが。

 

------------------------------------------

 

捏造の内容を詳しく分析し、「ここが間違っていました」と正直に言えば、信頼度の低下は早期に収まります。

詳しい話をせず、有耶無耶にすればするほど、信頼度は下がり続けます。

産経さんは、これからどうするのでしょうか?

 

産経さんの行動が真摯かつ早ければ、ダメージは少ない。

このダメージは、産経さん本体だけではなく、「フジサンケイグループ」全体の問題でもあります。グループ自体へのダメージも減らせます。

もっと言えば、産経が擁護しがちな安倍政権へもダメージが行く恐れアリ。早めの対処で、そのダメージも軽くなります。

 

報道機関が、嘘を流していたのです。警察が犯罪をやらかす様なものです。早めに真摯な対応をした方がいい。

嘘があったと正直に述べた所は良しとして、問題はその先です。産経さんの今後の動きを注視しましょう。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

「官僚とマスコミ」は嘘ばかり (PHP新書)

「官僚とマスコミ」は嘘ばかり (PHP新書)

 
マスコミ亡国論

マスコミ亡国論

  • 作者:西部 邁
  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: 新書