makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】『神さまの言うとおり』は、読みだしたら止まらない

本日は、とある漫画作品をご紹介します。

タイトルは神さまの言うとおりです。

神さまの言うとおり(1) (週刊少年マガジンコミックス)(提供:Amazon)
(原案:金城宗幸/作画:藤村緋二/講談社)

 

神さまの言うとおり』は、2011年から2017年にかけて、講談社の漫画雑誌「マガジン」にて連載されていた作品です。

最初は「別冊マガジン」にて連載されていたのですが、内容が非常に面白くて人気が爆発し、「週刊少年マガジン」に引っ越しました。

 

別冊で連載されていたのは「第一部」扱いで、コミックスは全5巻。

週刊に連載が移ってからは「第二部」扱いとなり、タイトルも『神さまの言うとおり弐』と、少し変わっています。こちらは、コミックスにして全21巻。二部の方が長く続いています。

神さまの言うとおり弐(1) (週刊少年マガジンコミックス)(提供:Amazon)
(原案:金城宗幸/作画:藤村緋二/講談社)

 

一部と二部は、「同じ事件を・別の視点で描いた」という形になっています。その為、一部を読まなくても、二部から読み始めて楽しむことは可能。

ただ、一部を読んだ後で二部を読み始める方が、面白さは倍増します。オススメは、第一部から順番に読むこと…ですね。

 

----------------------------------

 

神さまの言うとおり』のジャンルは、いわゆる「デスゲームもの」です。

主人公達は、訳も分からないまま「負けたら死亡」という過酷なルールの競技に強制参加させられ、困惑しながらもゲームを進めていきます。

ゲームのルールすら満足に説明されないので、「どうやったら勝ちになるのか?」という所から考えねばならない。

そんな難しい状況の下、目の前でバタバタと人が死んでいく。

 

追い詰められた主人公が、どうやってピンチを切り抜けるのか?

そこが物語の醍醐味になります。

 

----------------------------------

 

神さまの言うとおり』の冒頭をザックリ説明すると、以下の様なものになります。

 

▼物語の舞台は、連載時と同じく、西暦2010年代初頭の日本。

 

▼主人公の名は、高畑瞬(たかはた・しゅん)。普通の男子高校生である。

▼彼は、「普通に学校に行き・普通に授業を受け・普通に帰宅する」という、退屈な日々を送っていた。本人も、平凡な毎日に辟易している。

▼しかし、その平穏は、何の前触れもなく・突然終わりを告げた。

 

▼ある日のこと。瞬は普通に授業を受けていた。先生が黒板に何か書いて「ここテストに出るぞ~」と生徒に向かって言う、特に珍しくも何ともない光景。と、先生の様子が急におかしくなる。

▼「ここも、ここも、全部テストに出ますよ~。はい!そこの生徒!文句言うなああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

言動がおかしくなった先生の頭が、突然破裂した。血まみれになった先生の死体が転がる。返り血を浴びた生徒もいて、教室はパニック状態に。

 

 

▼と、教壇の上に、「大きなダルマ」がひとつ置いてあるのに気づいた。こんなダルマ、さっきまでは無かったハズだ。

▼そのダルマは、ロボットか何からしい。自動的に動き、日本語を喋っている。その発言内容は「だるまさんがころんだ」

▼ただならぬ雰囲気に驚くクラス。何人かの生徒が「絶対にヤバイ」と教室から逃げ出そうとする。と、その生徒の頭も先生と同じ様に破裂。死亡する。

▼どうやら、目の前のダルマには殺傷能力があり、動く者を検知して殺す機能が備わっているらしい。

 

▼注意して観察してみると、ダルマの特徴がいくつか見えてきた。

▼動かなければ、殺されない。動かなければ、会話しても大丈夫。

▼ダルマがやっているのは、どうやら喋っている言葉の通りの遊び「だるまさんがころんだ」らしい。そうなると、「だるまさんがころんだ」と言っている間は、動いても大丈夫ということだ。

▼ダルマの背中には、タイマーとスイッチらしきものがある。「おしたなら、おわり」という注意書きも書いてある。

▼これらの特徴から考えて、「だるまさんがころんだ」の要領でダルマに近付き、制限時間内に背中のスイッチを押せば、この殺人ゲームは終わるみたいだ。

 

▼次々とクラスメイトが殺されていく中、何とかダルマに近付いて、終了スイッチを押した瞬。

▼「これで殺されずに済む」となり、瞬は安心する。しかし、この殺人ゲームは始まったばかり。次の種目へ強制参加させられた瞬は、地獄を見ることに…。

 

----------------------------------

 

神さまの言うとおり』は、とにかく、読みだしたら止まらない。

次の展開がどうなるか、全く読めません。

それでいて、伏線が上手に設置されており、「よく考えたら、そうなるわな」という納得の展開も多々アリ。

コミックスは、第一部が全5巻で、第二部が全21巻。合計26巻というボリュームですが、読み始めたら止まらない為、アッと言う間に読了してしまいます。

未だ読んだことのない方には、是非オススメしたい作品。

 

----------------------------------

 

なお、この作品には実写版の劇場映画が存在します。公開は2014年。

主役は、『仮面ライダーフォーゼ』でもお馴染みの俳優「福士蒼汰」氏です。

神さまの言うとおり(提供:Amazon)

 

実写版は、第一部を基礎に制作されていますが、原作には存在しない・実写版オリジナルのゲームが登場しています。

原作を読まれた方も、新鮮な気持ちで楽しめる作品でしょう。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

 

 

神さまの言うとおり

神さまの言うとおり

  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: Prime Video