makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【芸能人の不倫騒動】アンジャッシュ渡部氏の、炎上被害を食い止める方法(後編)

前回記事の続きになります。ちなみに、前回記事はコチラ。

www.makaranbox.com

 

先日から、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の「渡部建」氏の話題で各方面で騒がしいことに。

騒動の源は、「文春に不倫ネタをスッパ抜かれたこと」です。関係者は大変。

bunshun.jp(2020/6/10)

 

今回の騒動で特徴的だったのは、「文春に取材を申し込まれた時点で、渡部氏が先手を打って隠れた」という点。

この作戦は…今のところ、失敗のニオイが強い。

その最大理由は、「妻の佐々木希氏と、相方の児嶋一哉氏が、本人に代わって世間に謝罪」という行動に出ざるを得ない状況になっているから…です。

今回の不倫騒動で、上記のお二方に非があったという話はありません。寧ろ、お二方も被害者サイドみたいなもんです。気の毒。

www.oricon.co.jp(2020/6/12)

mdpr.jp(2020/6/13)

 

この騒動を早く鎮める為には、どの様な方法があるか?

前回記事では、「渡部氏は、雲隠れせずに、早めに出てきて会見を開く」という方法を挙げました。

今回記事では、その方法に加えてもうひとつ。更に、今後同様の炎上騒ぎを起きにくくする方法をひとつ。それぞれ挙げていきます。

 

------------------------------------------

 

先ずは、渡部氏の騒動について。「早期の謝罪会見」以外の方法で、炎上を抑えるにはどうすればいいか?

恐らく実施は難しいでしょうが、「違約金・賠償金の額」を公表すれば効くのではないか…と。

まぁ、常識的に考えて公表しにくいと思われます。が、騒ぎの源が非常識な行動である為、鎮火も非常識レベルでやらないと効き目が薄いでしょう。

 

渡部氏は、現在雲隠れ中。その為、「他の番組関係者」や「CMスポンサー」等々にも、対応を投げているor強いた形になってしまっています。

これはマズイ。

 

この手の話は、多くの場合「禁止条項」が設定されており、出演者が条項に触れたら責任問題へ発展します。責任の取り方は、多くの場合「損害賠償の支払い」ですね。

損害賠償の額は「内々の話」であり、会見を開いて発表されるものではありません。
ただ、週刊誌が偶に記事化しています。
一般人には裏取り不能ですから、「それくらいが相場なのかな?」と思うしかない話ですが。

 

例えば、下記記事。薬物事件で騒がれた「沢尻エリカ」氏の賠償を推定する内容になっています。

不倫騒動ではなく・刑事事件の話ですから、渡部氏の騒動とはレベルが違います。が、仕事をキャンセルして消えたという点では同じ。

そう考えると、渡部氏も軽い処分では済まないでしょう。

jisin.jp(2019/12/10)

 

渡部氏に関する数字を出せば、モヤモヤが晴れて話がスッキリします。

そうなれば、世間の理解が早くなり、評判低下を止めるのも早いのでは?

 

------------------------------------------

 

もうひとつ。渡部氏に限ったことではありませんが、そもそも「炎上し難い空気」を作り上げ、騒ぎにしない方法があります。

それは「芸人を過度に信頼しない」ということ。

 

こういう炎上は、表の顔と炎上ネタとのギャップが大きければ大きいほど、酷く炎上します。

渡部氏の場合は、「さわやか」「奥さんが美人」「頭がいい」「グルメ知識豊富」といった、プラスイメージで売れていた面が多い。

仕事やプライベートも上手くいっており、成功例として扱われる人物になっていました。「上手な褒め方」みたいなビジネス本まで出る始末。

ホメ渡部の「ホメる技術」7 ― 仕事・恋愛・人生を成功させる(提供:Amazon)

 

こういう表のイメージと、炎上ネタのイメージとの乖離が酷ければ酷いほど、強烈な炎上騒ぎになります。

「裏切られた」という感情が、世間に渦巻くからです。

 

そういう感情を減らし、炎上を起こさない様にする為には、「そもそも信用しない」という考えが大事。

これは、芸人サイドからも度々言われている話であり、筆者が言い出したものではありません。

 

------------------------------------------

 

この話を考える段になって先ず思い浮かぶのは、かつての有名芸人「上岡龍太郎」氏が語った言葉です。

上岡龍太郎 話芸一代(提供:Amazon)

 

上岡氏は、2000年に芸能界を引退されています。

当時、氏はかなりの人気を誇る有名お笑い芸人さんであり、メインパーソナリティーを務める番組も沢山ありました。『探偵ナイトスクープ』の初代局長が特に有名ですね。

関西を中心に活躍された方ですが、関西のコテコテ感からは離れた芸風を持つ方であり、「鼻につく」と嫌う視聴者もいました。が、それを補って余りある人気者でした。

 

そんな上岡氏は、大きな不祥事の責任を問われたワケでもなく、人気が消えたワケでもなく、自らキッパリと引退。理由は「芸人には賞味期限があり、21世紀は自分の時代ではないと考える」というもの。

退き際の見事な方です。こういう方は、あまりいない。

 

この上岡氏が、当時の人気番組『パペポTV』の中で、以下の様な話をされていました。

「芸人はヤクザと一緒。ヤクザは腕が立つが、芸人は口が立つ。違いはそこだけで、根っこは同じ。楽して儲けたい。チヤホヤされたい。皆と同じことをしたくない。そんな連中の集まりです」

「芸人は、はみ出し者の集まり。だから、不謹慎なことを考えたり言ったりして、それでお金が貰える」

「一般の方は、芸人の言動に感心しなくていい。”アホが何言ってんだ”くらいでちょうどいい」

もう20年前の発言ですが、今でも通用する内容でしょう。

 

世間が、普段からこういう目で見ていれば、過度な炎上騒ぎは起こらないハズ。「アホが、また何かやっとるわ」で済みますので。

 

------------------------------------------

 

しかし…こういう目を持たれると困るのは、芸人サイドだったりします。商売のタネを潰されることになりますから。

 

炎上防止を取るか、儲け話をとるか。それは売る側の都合で選ぶものです。

そして、生じる責任も同様。

「芸人の勧めるものは全肯定しろ」と「芸人が起こす不祥事への批判禁止」は両立しない。それは世間に喧嘩を売っているのと同じです。通用しません。

 

本来、芸人さんは「芸を売る仕事」のハズ。

商売の幅を広げ、情報番組で他者批判したり、芸と全く関係の無い商品紹介をやったりするのは、本丸から離れたモノです。

本丸から離れるとなれば、当然リスクも大きい。リスク管理に失敗すれば、成功度合いに応じて炎上が発生します。その典型例が、渡部氏の案件。

 

売る側がリスク管理を徹底するか、買う側が冷めた目で見て炎上しない空気を作るか。

騒動を広げない為には、この双方が重要です。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【関連書籍】

『ネット炎上対策の教科書 攻めと守りのSNS活用』

【Amazon】

【Yahoo! ショッピング】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【Book Live!】(試し読みアリ) 

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ) 

【ebook-japan】 (試し読みアリ) 

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】 (試し読みアリ) 

【総合書店 honto】

【ひかりTVブック】