makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【映画の話】「人種差別ホラー」という、変わった作品

(注意:当記事にはホラー要素が存在します。苦手な方は注意願います)

 

今日も暑い。ここまでくれば、ハッキリ言って「夏」です。

気温が30度を超える地域もチラホラ。

 

 

暑い日々がやってくる。

それ即ち、「ホラーやスリラー等、涼しくなる映画」のシーズン到来です。

当ブログでも、積極的に取り上げて参ります。

 

 

では、早速。

当記事で取り上げる作品のタイトルはゲット・アウトです。2017年公開のアメリカ映画。

ゲット・アウト [Blu-ray](提供:Amazon)

 

この『ゲット・アウト』ですが、ホラーに分類されることが多い作品です。

が、分かり易い巨大モンスターが出てきたり、噛まれたらゾンビになるウイルスが蔓延したりする「コテコテのホラー」ではありません。

確かに恐怖映画的な描写はありますが、どちらかというと「サスペンス」「スリラー」の要素が強い作品です。

 

また、「人種差別」を軸にした作品であるという点も、この映画の特徴。

恐怖映画でありながら、社会派映画でもある。ちょっと変わった作品です。

 

----------------------------------

 

ゲット・アウト』の粗筋を、ネタバレしない範囲で述べると、以下の様なものになります。

 

▼物語の舞台は、現代のアメリカである。 

▼主人公の名はクリス。ニューヨークに住む若い成人男性。職業は写真家。美しい恋人もいて、幸せな生活を送っている。

▼しかし、彼の心には、常に一抹の不安があった。というのは、クリスはアフリカ系アメリカ人(いわゆる黒人)であり、恋人のローズは白人なのだ。

アメリカでは、未だに根強い人種差別がある。クリスは黒人である為、白人警官から横柄な態度を取られることもある。そういった問題がクリスの心に引っかかり、恋人のローズに色々と気を遣ってしまうのであった。

 

▼ある日のこと。クリスは、ローズの実家へ行くことになった。

▼ローズの両親は白人である。クリスは「俺が行っても大丈夫?」「ご両親には俺が黒人だとは言ってないんだろう?」と気を遣うも、ローズの返事は「ウチの親は差別主義者じゃないから、大丈夫よ」

▼車に乗って出かけたクリスとローズは、目的地である実家に到着した。ローズの家族は、クリスを快く迎え入れた。出かける前にローズが言っていたことは、本当だったらしい。クリスは胸をなでおろす。

 

▼が、間を置かずして、クリスは「奇妙な違和感」を覚えることになる。

▼ローズの実家には、黒人の使用人(いわゆる、お手伝いさん)がいるのだが、どうも様子が変なのだ。猛スピードで走り回ったり、ジッとして動かなかったり、笑いながら泣いたり…等々、首をかしげたくなる行動をとっている。

▼実家の皆も、どこかおかしい。黒人であるクリスを差別しないのは間違いないが、あまりにも歓迎され過ぎている感じがして、逆に居心地が悪い。

▼また、実家で開かれたパーティーに出席したクリスが、出席者の一人を画像撮影したところ、その人物が鼻血を流して激怒。クリスに掴みかかってきた。あの態度は明らかに変だ。

 

▼「この家は、何かおかしい」と強く感じたクリス。とにかく車に乗ってこの場を離れようと考え、ローズに思いを打ち明けるのだが…。

 

----------------------------------

 

現在、アメリカではデモや暴動が発生しています。

原因は「白人警官による、黒人殺害事件」です。

アメリカの人種差別は、未だに根強く残っています。

 

そういった闇の部分を、ホラー映画として描いている『ゲット・アウト』。

「真の恐怖は、人の心が生み出す理不尽さの中にある」というメッセージが強烈に伝わってくる作品です。

 

「考えさせられるホラー映画」という、ちょっと変わった作品。

興味のある方は、この機会に是非ご覧くださいませ。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

ゲット・アウト(字幕版)

ゲット・アウト(字幕版)

  • 発売日: 2018/01/19
  • メディア: Prime Video
 
ゲット・アウト(吹替版)

ゲット・アウト(吹替版)

  • 発売日: 2018/03/06
  • メディア: Prime Video