makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【小説・映画の話】「ウイルスパニックもの」の、最初期作品

先日、日本政府が出した「新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言」が解除されました。

www.bbc.com(2020/5/25)

 

最近の日本国内感染者数・死亡者数から見て、「警戒レベルを下げていいのでは?」という値になった結果、今回の宣言解除に至った模様。

ただ、完全にウイルスが死滅したワケではありません。油断大敵です。

 

----------------------------------

 

こういう時に気が緩むと、また感染爆発が起こりかねない。

折角落ち着いてきた状況が、元の混沌に戻ってしまうかも知れません。

しかし、あまり強烈な警告ばかり発しても、自粛生活で疲れた心身にはキツイ。

 

そこで、筆者から「ウイルスをネタにしたフィクション作品」をひとつ、ご紹介します。

エンタメとして楽しめるレベルである為、ソフトな警告として機能してくれるハズ。

 

作品のタイトルは、アンドロメダ病原体』です。

(提供:Amazon)

 

アンドロメダ病原体』は、1969年に発表されたフィクション小説です。

 

この作品を書いたのは、あのマイケル・クライトン氏。

超有名作品『ジュラシック・パーク』シリーズの生みの親です。

 

(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

アンドロメダ病原体』は、「簡単に人を殺す未知の病原体が出現し、パニックになる」という話です。

今ではありふれた筋書きかもしれませんが、作品が発表された1969年には珍しい作風でした。

 

特徴的なのは、

「本当にあった事件を、報告書形式でまとめた」という、ドキュメンタリー風の文章になっている

という点です。

アンドロメダ病原体』はフィクション作品ですが、リアルな文体にすることにより、フィクションではないかの様な錯覚を覚えます。

 

----------------------------------

 

アンドロメダ病原体』の冒頭をザックリ説明すると、以下の様なものになります。

 

 

▼この報告書は、1960年代のアメリカで発生した、アメリカ史上最大の科学的危機のひとつ「アンドロメダ事件」について記述したものである。

 

アメリカのアリゾナ州に、軍の部隊が展開していた。その目的は、着陸した人工衛星を回収することである。

 

人工衛星が着陸したと思われる地域を調べる軍。と、そこには小さな田舎町があった。

▼しかし、田舎町の様子は地獄。住民のほぼ全員が死亡しており、生き残っているのはたったの2人。酔っ払いの老人と、1歳にも満たない赤ちゃんだけであった。

 

▼この緊急事態に対し、特殊チームが派遣される。調査の結果、「町の人々が死んだのは、未知の病原体が原因である」と判明。

この病原体には、回収する予定だった人工衛星が深く関与していたのだが…

 

----------------------------------

 

アンドロメダ病原体』は、小説です。

その小説が大人気となり、1971年には実写映画が制作されました。

原題は、小説と同じ『The Andromeda Strain(アンドロメダ病原体)』なのですが、邦題は『アンドロメダ…』となっています。

当時の日本で公開するには、「病原体」という言葉がキツかったんでしょうね。

(提供:Amazon)

(上画像:実写映画『アンドロメダ…』)

 

 

2008年には、テレビドラマにもなっています。

こちらの邦題は、原題と同じ『アンドロメダストレイン』です。

(提供:Amazon)

(上画像:テレビドラマ『アンドロメダストレイン』)

 

なお、テレビドラマ版『アンドロメダストレイン』の制作陣には、あの「リドリー・スコット」氏の名前があります。

氏は、SFホラーの金字塔として名高い『エイリアン』を作った方です。ご存じの方も多いハズ。

 

----------------------------------

 

アンドロメダ病原体』は、SFパニック作品です。

が、サスペンス要素も強め。

 

あまり詳細に述べると、ネタバレになってしまうので、控えますが…

病原体の正体を突き止める場面や、予想外の緊急事態が起こる場面など、ハラハラする要素がアチコチにあります。

また、「病原体の影響を受けなかったのが、酔っ払いの老人と、生後間もない赤ちゃんだけなのは何故なのか?」という謎も気になりますね。

 

 

「ウイルスパニック」を、サスペンスタッチで描いた『アンドロメダ病原体』。

とても50年前の作品とは思えない、かなりの名作です。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓書店リンク↓↓

アンドロメダ病原体』

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】

 

【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】

【総合書店 honto】

【漫画全巻ドットコム】