makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【食物とフリマの話】絶滅云々の前に、「食って死ぬ恐れ」を考えた方がいいのでは?

フリマサイトやフリマアプリが広く使われ、すっかり定着した現代。

様々なものが気軽に買え、簡単に出品可能であり、売買双方にメリットがあります。

 

が、お気軽に売買可能ということは、問題が山積みになり易いということでもあります。

参加のハードルが低い為、インチキ品や悪質参加者が発生し易いのです。

何かある度に、毎度問題になる話。

 

------------------------------------------

 

そんな「フリマサイト問題」に、また追加の時事ネタが。

今度の話は、山菜に関する話です。

kachimai.jp(2020/5/20)

 

上記記事の内容をザックリまとめると、以下の様なものになります。

 

◆「北海道内の道有林」等で、一般人が採ったと思われる山菜が、フリマアプリ上で販売されている。

◆「道有林での山菜採り」そのものは、違法ではない。が、乱獲すると地域から絶滅してしまうので、自分で食べる分を・自分の手で採るというのがマナー。フリマサイトへの出品は、明らかにマナー違反。

◆今回特に目立つのは、5月上旬ごろにシーズンとなる美味しい山菜「ギョウジャニンニク」である。フリマサイトでも人気のある山菜。

◆それ以外にも「タラの芽」や「ウド」等々、かなりの種類が販売されているが、こちらも同様にマナー違反。

◆この事態に、行政側は困惑。想定していなかった事態であり、頭を抱えている。

 

この「道有林で採った山菜のネット販売」ですが…

今のところ、直ちに違法とする法律が見当たらない為、禁止命令や逮捕拘束という方向には行きません。

しかし、行政サイドとしては苦々しく思っている様子。かつての「マスク転売ヤー問題」と同様に、対策を講じてくるでしょう。

 

------------------------------------------

 

しかし…

この「マナー違反の山菜採り」を論じるに当たり、マナー云々の前に注意すべきことがあります。

 

それは、

「どこの誰が採ったか分からない山菜は、本当に安心して食えるのか?」

「毒草が混じっていないのか?」

という点。

命に係わる話であり、毎年問題となっていることです。

 

きちんとした店を構え、売っている者の顔が見える状態であれば、まだ安心度が高い。何かあっても、面と向かって話ができます。

他方、フリマサイトは「見ず知らずの人」が売り手になる場合が多い。顔の見えない相手から山菜を買うユーザーは、どうやって安全確認をやっているんでしょうか?

 

------------------------------------------

 

筆者は、今から1年前に、「山菜と毒草を間違えた悲劇」という内容の記事を書きました。

www.makaranbox.com

 

この記事では、先述の「十勝毎日新聞」で取り上げられたギョウジャニンニクと、猛毒のイヌサフランを間違えて食べてしまい、大事件になった…という話を取り上げています。

両者は見た目が似ており、不慣れな人は間違える可能性が高い植物。各種関係機関が、「食べるな危険」と頻繁に注意喚起しています。

www.tokyo-eiken.go.jp(2020/5/23閲覧)

 

フリマサイトには、「商品の画像」が添付されることが多い。山菜も同様です。

ですが、それだけを見て「この山菜は安心できる」と断言できる能力が、世の中の人々皆に備わっているか?

それは、かなり難しいでしょう。

実物を見ないと分かりませんし、実物を見ても「こんなのだっけ?」と首をかしげる人もいます。不慣れな人が、安易に手を出すべきではありません。

 

特に「医療関係の品」や「鮮度が重要な品」に関しては、フリマサイトで取り扱うのは難しい。

法律の問題もありますが、こういった品は「保管状態」が重要な為、画像だけ見ても安心できません。画像の見た目はOKでも、実物がおかしい場合もあります。

もしおかしな品を買えば、最悪命に係わります。

売る側も買う側も、その点を忘れてはいけませんね。

 

特に売る側は要注意。

出品時に「ノークレームで」と念押しをやっても、いざ事件になった場合は警察が動くことになる。そう思った方がいいでしょう。

売る側が「ノークレームと言ったから、責任はない」と主張しても、警察が聞く耳を持ってくれるかどうかは別問題です。

 

 

「トラブルに絶対巻き込まれない、強烈な自信がある」と断言できる人でなければ、フリマサイトでの難しい取引は控えた方がいい。

筆者はそう考えます。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍 書店リンク】