makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【ガンダムの話】「どれから見ればいいか、分からない」という声が、筆者のところに届きました

先日、超有名映画『スター・ウォーズ』について、記事を書かせて頂きました。

www.makaranbox.com

www.makaranbox.com

 

上記記事は、「スター・ウォーズの関連作品が多過ぎて、どれから見ればいいか分からない」という”初心者”の方に向けた記事です。

いくら『スター・ウォーズ』が有名映画だとはいえ、全人類がきっちり鑑賞したワケではありません。見たことのない方もいらっしゃいます。

そういう方に向けて、分かり易く解説させて頂いたつもりでおります。

 

----------------------------------

 

この「関連作品が多過ぎて、どれから見ればいいか、よく分からない」という話。

何も『スター・ウォーズ』シリーズに限ったことではありません。

 

人気が出ると、関連作品が多数制作されます。

長年追いかけているファンの方は「選り取り見取り」で嬉しい限りですが、初心者の方にとっては「どの順番で見るのがいいの?」となる、悩ましい問題。

 

勿論、以下の作品群にも同じことが言えます。

そのタイトルは、機動戦士ガンダムシリーズです。

機動戦士ガンダム I [DVD](提供:Amazon)

 

当記事では、多数存在している『機動戦士ガンダム』関連作品について、「どういう順番で見れば、初心者でも理解し易いのか」を述べていきます。

 

----------------------------------

 

機動戦士ガンダム』の関連作品は、テレビアニメ・劇場版アニメ・オリジナル映像ソフト・マンガ・小説・ゲーム…等々、かなりの数が制作されています。

全部で、200種類は超えているでしょう。

 

それらの内容をザッと見ると、以下の3種に大別できます。

 

 

【1】宇宙世紀(ユニバーサル・センチュリー、U.C.)を舞台にしたガンダム

これらは、1979年公開『機動戦士ガンダム』を始めとする、日付が「宇宙世紀」でカウントされる作品群です。

「シリーズの原点」といえるものが多い。

第1話 ガンダム大地に立つ!! (提供:Amazon)
(上画像:『機動戦士ガンダム』の一場面。主人公・アムロが、初めてガンダムに乗る瞬間)

 

宇宙世紀ものは、年表で示すことができるくらい、各作品の繋がりが強い。

元祖『機動戦士ガンダム』は、宇宙世紀0079」から始まる物語。
正統続編の『機動戦士Zガンダム』は、宇宙世紀0087」頃の話。
劇場版作品『逆襲のシャア』は、宇宙世紀0093」の話で、元祖『機動戦士ガンダム』の主役が主人公です。

元祖から少し飛んだ『機動戦士Vガンダム』は、宇宙世紀0153」頃の話。元祖から約70年後の世界が舞台です。

ここまで来ると、大河ドラマの感がありますね。

 

なお「宇宙世紀」とは、現在使われている西暦に代わるものとして制定された暦号…とされています。

この「西暦から宇宙世紀への切り替えがいつなのか」について、イマイチ定かではありません。

定かにしない理由は、「面白さが失われるから」。

 

もし、「西暦何年に、宇宙世紀へ切り替わった」という風にハッキリさせてしまうと、現実の歴史と比較されてしまい、「遠い未来の物語」というニュアンスが崩れてしまいます。

物語の世界観を狭めない様に、わざと曖昧にしている…と思われます。あくまで、「遠い未来の出来事」で止めておくのが無難です。

 

 

【2】宇宙世紀ものではない、他暦ガンダム

「戦争を描く」「モビルスーツが登場する」等、宇宙世紀作品と共通点は多いものの、宇宙世紀とは別の暦を使って語られる、ガンダムシリーズ作品群があります。

これが、かなり多くて、しかも面白いものが満載。例を挙げると…

 

新機動戦記ガンダムW』→アフターコロニー(A.C.195年

機動戦士ガンダムSEED』→コズミック・イラ(C.E.)70~71年

鉄血のオルフェンズ』→ポスト・ディザスター(P.D.)323年

機動戦士ガンダムSEED DVD-BOX 【初回限定生産】(提供:Amazon)
(上画像:『機動戦士ガンダムSEED』の主人公である「キラ・ヤマト」と、「ストライクガンダム」)

 

それぞれの暦号と西暦について、各作品内での直接的な言及はありません。

先に述べた「宇宙世紀」に対してどうだとか、他作品の暦号との繋がりはどうだとかいう描写も、特にありません。

「それぞれが別の、独立した作品ですよ」という意味を込めて、暦号も変えているのです。

(※但し、『ガンダム00』だけは、西暦で物語が進むという例外的作品)

 

 

【3】ガンダムは出てくるが、コンセプトが全然別の作品

キャラとしての「ガンダム」は登場するものの、「戦争」や「親しい者の死」などの重いテーマは皆無で、コミカルな作品が多い。

具体例としては、『SDガンダム』『ビルドファイターズ』『ビルドダイバーズ』等の名前が出てきます。

SDガンダムフォース コレクションボックス (初回限定生産) [DVD](提供:Amazon)
(上画像:「SDガンダム」シリーズのひとつ、『SDガンダムフォース』)

 

----------------------------------

 

上記内容から、「数多くのガンダム作品が、大きく3つに分かれる」ということは判明しました。

では、どのグループから見ればいいのでしょうか?

 

人によって意見の割れるところでしょうが、筆者のオススメは、1979年発表の元祖『機動戦士ガンダム』からでしょう。

リメイクされた『機動戦士ガンダムORIGIN』でもOKです。ORIGINは、元祖ガンダムの単なるリメイクではなく、深掘りした作品です。ストーリーの骨子は、ほぼ同じ。

元祖ガンダムから入り、「宇宙世紀もの」の雰囲気を掴み、「ガンダムというシリーズの特徴」を掴む…という流れが、シリーズを理解する上で一番分かり易いです。

 

----------------------------------

 

他方、「宇宙世紀ものではない、他暦ガンダム」から入る人もいます。それもアリです。

が、「他暦ガンダム」の基本コンセプトは、「宇宙世紀もの」から引っ張ってきた要素が多い。その為、「宇宙世紀もの」を理解した上で鑑賞すると、楽しさが増します。

特に『機動戦士ガンダムSEED』の続編である『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』は、元祖『機動戦士ガンダム』へのオマージュが多い。元祖を鑑賞した後であれば、楽しさ倍増です。

 

ただ、最もオススメできないのは、『∀ガンダム』(ターンAガンダム)から見始めることです。

∀ガンダム Blu-ray Box I(提供:Amazon)

 

なぜオススメできないのか?…を説明すると、絶対に制作者やファンから怒られるので、ここでは述べません。

「ターンAから入っても分かり難いし、面白味が薄れる」「ガンダムシリーズをいくつか見た後で鑑賞する方がいい」とだけ述べておきます。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓↓↓↓関連Shopリンク↓↓↓↓↓

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』シリーズ

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

 

【e-hon】

【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

【YAMADAモール】

【紀伊國屋書店】

【ゲーマーズ】

 

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】

【タワーレコード】

【ひかりTVブック】

【漫画全巻ドットコム】