makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【映画の話】初心者がいることも忘れないで…

本日・5月4日は「スターウォーズの日」ということで、ツイッターを始めとするネット界隈が盛り上がっています。

 

なぜ5月4日が「スターウォーズの日」なのか?

それは、5月4日の英語表記と、映画『スターウォーズ』内の有名なセリフが同じである為。

 

英語で5月は「May」で、4日は「4th(フォース)」です。

一方、『スターウォーズ』シリーズでしょっちゅう出てくる台詞に、「May the Force be with you」というものがあります。

「May 4th」と「May the Force」の発音がほぼ同じ。そこから5月4日が「スターウォーズの日」となったのです。

starwars.disney.co.jp(2020/5/4閲覧)

 

真のガチ勢は「5月4日の午後5時4分」を狙って行動します。

代表的な動きは「ツイート弾幕」ですね。

いわゆる、『天空の城ラピュタ』の「バルス!」と同じ。ファンの方にとって、大きな楽しみでしょう。
(ただ、この手のイベント発生時には…サーバーダウンが心配。ツイッター社のスキルに期待)

 

----------------------------------

 

この話を、筆者の知り合いに振ってみたところ…こんな返事が。

 

「そもそも、フォースって何?」

スターウォーズ関連作品がありすぎて、どれから見ればいいか分からない。オススメは?」

 

これはしまった。筆者の考えが足りなかった。ちょっと反省。

 

スターウォーズ』シリーズは超有名作品ですが、皆が鑑賞したワケでもありません。好みは人それぞれ。見ていない・よく知らない方もいらっしゃいます。

本日の記事は、そんな「スターウォーズ初心者」を想定した内容になります。

筆者の知り合いと同じく、スターウォーズに興味があるけれど、どういう風に鑑賞するのがよいか、順番が分からない」と考えている方は、当記事を参考にして頂ければ幸いです。

 

----------------------------------

 

スターウォーズ』シリーズは、地球や太陽系から遠く離れた世界で起こった、銀河規模の戦争を描くSF作品群です。

初めて世に出たのは、1977年のこと。

 

当時、娯楽色の強いSF作品は少なく、『スターウォーズ』の存在は目新しいものでした。

その為、公開直後から人気爆発。

40年以上経過した現在も、続編映画・アニメ・ゲーム等々が制作され続けており、メチャクチャいっぱい関連作品があります。

 

それら「多数の関連作品」は、大きく2つのカテゴリに分かれます。「メイン(本伝、本編)」と、「サイドストーリー(外伝)」です。

外伝は、基本的に「メイン作品は鑑賞済みであることを前提に、後から制作されたもの」です。初心者には、ちょっとハードルが高い。

その為、いきなり外伝を鑑賞するのではなく、メインから押さえていくことをオススメします。

 

----------------------------------

 

そのメイン作品ですが、全部で9本あります。

 

エピソード1『ファントム・メナス
エピソード2『クローンの攻撃
エピソード3『シスの復讐

エピソード4『新たなる希望』
エピソード5『帝国の逆襲』
エピソード6『ジェダイの帰還』

エピソード7『フォースの覚醒』
エピソード8『最後のジェダイ
エピソード9『スカイウォーカーの夜明け』

 

これを見て、「メインが9本? じゃあ、エピソード1から順番に鑑賞すればいいのね?」と思われた方が大半でしょう。

しかし、筆者のオススメは「公開された順に見る」という流れです。

 

ちょっとややこしいのですが…

スターウォーズ』シリーズは、エピソードナンバー通りに作られたシリーズではありません。その為、全く何も知らない方が・ナンバーに従った順番で見ると、情報不足で消化不良になる恐れがあります。

そういう事態を避ける為、公開された順に鑑賞することをオススメします。

 

では、公開された順番は、どういうものなのか?

下に列挙します。

 

1977年公開 エピソード4『新たなる希望』
1980年公開 エピソード5『帝国の逆襲』
1983年公開 エピソード6『ジェダイの帰還』

1999年公開 エピソード1『ファントム・メナス
2002年公開 エピソード2『クローンの攻撃
2005年公開 エピソード3『シスの復讐

2015年公開 エピソード7『フォースの覚醒』
2017年公開 エピソード8『最後のジェダイ
2019年公開 エピソード9『スカイウォーカーの夜明け』

 

スターウォーズ』シリーズをよく知らない方は、上記の順番で鑑賞されるのがよろしいかと。

よって、最初に鑑賞するべきは『新たなる希望』になります。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (吹替版)(提供:Amazon)

 

『新たなる希望』は、初めて世に出た『スターウォーズ』です。当然、世界の誰もが基礎知識ゼロであり、『スターウォーズ』の初心者。世界観から何から、全く知らない人だらけの状態です。

その為、「とにかく分かり易い」ということと、「娯楽性が高い」ということの両方を満たす映画として制作されています。

入り口としては最適。

 

『新たなる希望』の後は、エピソード5『帝国の逆襲』を鑑賞し、エピソード6『ジェダイの帰還』に至る流れがオススメ。

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(吹替版) スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(吹替版)(提供:Amazon)

スターウォーズ』シリーズのメインは、どれも3部作構成になっています。映画3つで、一つの大きな話が終わるパターンなのです。

楽しく鑑賞するには、あちこち浮気せず、3つずつ固めて鑑賞するのがよろしいかと。

 

----------------------------------

 

なお、エピソード1~3は、エピソード4~6の前日譚になっています。

同様に、エピソード7~9は、エピソード4~6の後日譚になっています。

 

シリーズを通して、登場人物や世界観は共通しています。

同じ俳優さんが・同じ役で出演することも多々アリ。

「あのキャラの子供時代は、こんな感じだったのか!」「あのキャラが成長すると、こんなに渋い人物になるのか…」という、歴史の流れを感じることも多い。大河ドラマを見る感覚で楽しめます。

 

本編を見終わった後、興味のある方は「外伝作品」へ移るのもアリです。メインエピソードでは描かれなかった部分にも、多くの人間ドラマが満載。場合によっては、「メインエピソード以上では?」と言いたくなる傑作もチラホラ。

 

スターウォーズ』シリーズに触れた経験のない方は、この機会に鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

娯楽色の強い作品群ですから、楽しんで鑑賞できること請け合いです。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓Shopリンク↓↓

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (吹替版)

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (吹替版)

  • 発売日: 2015/06/01
  • メディア: Prime Video
 
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(吹替版)

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(吹替版)

  • 発売日: 2015/06/01
  • メディア: Prime Video
 
スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(吹替版)