makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】期待する悪役は…

新型コロナウイルス関連の話で、騒がしい昨今。

外に出ず、本や動画をお供に、家でヒキコモリ生活を送っていらっしゃる方も多いでしょう。

 

そんな今だからこそ、逆に大きな興味が持てる。そんな漫画作品があります。

作品のタイトルははたらく細胞です。

はたらく細胞(1) (シリウスKC)(提供:Amazon)

(著:清水茜講談社)

 

はたらく細胞』は、「人体の仕組みを、擬人化して描くコメディ作品」。

血液の循環・食物の消化・細胞分裂…等々、人体の仕組みを描いた漫画です。

 

中でも特によく描かれるのは、「免疫システム」の話。

新型コロナウイルス騒動に絡み、「免疫」や「抗体」といった言葉を頻繁に耳にしますが、その役目や仕組みを分かり易い表現で説明しています。勉強になりますよ。

 

----------------------------------

 

はたらく細胞』の特徴は、分かり易さだけではありません。「ストーリー性重視」という点も目を引きます。

 

これまでにも、「まんがで分かる、人体の仕組み」的な学習漫画作品は存在していました。
しかし、どうしても「教科書の内容を、漫画形式で羅列しただけ」の感が強く、娯楽作品としての質は低め。漫画作品としての面白みは、いまひとつ。

 

その点、『はたらく細胞』は違います。

擬人化した各種細胞が織りなす人間関係(細胞関係?)が、非常に面白い。

「因縁の相手」とか「幼き日に出会った記憶」等の描写が多く、読み応えのある仕上がりになっています。

 

それでいて、人体の仕組みについての描写も「だいたいあってる」という芸の細かさ。

是非とも、病院の待合室に置いて欲しいですねぇ。

 

----------------------------------

 

この様に、『はたらく細胞』は非常に面白く、人気が高い作品です。

その勢いはコミックで止まることなく、アニメ化もなされました。2018年の話です。

はたらく細胞 7(完全生産限定版) [Blu-ray](提供:Amazon)

 

そして、2021年初頭に「アニメ第二期」が放送予定となっています。

製作スタッフの皆さんには、是非頑張って頂きたいところ。

hataraku-saibou.com(2020/4/26閲覧)

 

第二期には、声優の「中尾隆聖」氏の出演を希望致します。

この方、非常に有名な役柄を演じていらっしゃる声優さんです。それは、「ばいきんまん」や「フリーザ」という悪役キャラ。

 

第一期では、中尾氏の名前がキャスト一覧に掲載されていません。

第二期では、「何かしらの悪玉細菌」の声を担当して頂きたい。中尾氏であれば、出てくるだけで盛り上がること間違いなし。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓関連Shopリンク↓↓

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

  • 作者:清水 茜
  • 発売日: 2015/07/09
  • メディア: コミック
 

 

 

【アニメ『はたらく細胞』第一期・第1話】

肺炎球菌

肺炎球菌

  • 発売日: 2018/07/09
  • メディア: Prime Video