makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【トンデモ科学の話】どうやら、地球は、丸くないそうです…?

21世紀に入って、早くも20年が経過しました。

科学技術は格段に進歩し、手のひらサイズのコンピューターである「スマートフォン」が普及している現在。

知りたいことがあれば、いつでも&どこでも、ネットで情報検索が可能な時代です。ネットが普及する前には、考えられなかった光景。便利になったものですね。

 

------------------------------------------

 

しかし、いくらコンピューターネットワークが進化しても、人間はさほど進化していません。

様々な情報にアクセスし易くなったのに、「強烈に怪しいトンデモ理論」にハマる人が大勢います。いわゆる疑似科学というヤツです。

それは、「○○だけを食べれば、絶対に健康になる」といったスケールの小さなものに限りません。もっと巨大で強烈なものまで、多種多様な説が揃っています。

 

本日のニュースにも、その類のトンデモ説が登場していました。

その説とは、
「地球は丸くない。平面である」
というもの。

www.afpbb.com(2020/4/25)

ブラジルのレストラン経営者リカルドさんは、パンケーキのような形をした地球の模型の横に座り「ははは!」と大笑いした。

リカルドさんが地球は平面だと話すと、このような反応が返ってくるのだという。

 

60代のリカルドさんは、このような反応があるためフルネームは明かしたくないと話す。

リカルドさんがサンパウロ(Sao Paulo)で経営するレストランは、地球は球体だという考えを否定する人々の出会いの場となっている。

「私が確実に分かっているのは、自分がいつかは死ぬということと、地球が平らだということだ」とリカルドさんは語った。

 

調査会社ダッタフォーリャ(Datafolha)によると、ブラジルの全人口の7%に当たる1100万人以上が地球は平らだと信じている

https://www.afpbb.com/articles/-/3272576より。改行・強調等は筆者によるもの)

 

「地球が丸い」という話は古代から存在していましたが、広く知られたのは16世紀のこと。今から400年以上も前の話です。

その頃の日本は、織田信長を始めとする有名武将が活躍した、室町時代末期・戦国時代の真っただ中です。

「信長も地球儀を持っていた」という記録があり、江戸時代になると「地球は丸い」という話は日本中に広まっていきました。

 

それに異を唱える、21世紀の「地球平面論者」の方々。ちょっとビックリですね。

 

レイメイ藤井 地球儀 先生おすすめ小学生の地球儀 20cm OYV11(提供:Amazon)

------------------------------------------

 

この手の記事は、上記AFPニュース以外にも存在します。

例えば、下記のCNN記事。

www.cnn.co.jp(2020/1/1)

 

AFPニュースはブラジルの話でしたが、上記CNNニュースはアメリカの話です。

これによると、「アメリカ人の6人に1人は、地球が平面だと信じている」という調査結果が出たそうです。百分率で言えば、約17%。

ブラジルの地球平面論者が7%ですから、アメリカの方が多いということになります。先進国のアメリカで、この数字は驚異です。

 

 

この様なニュースをいくつか見ると、「地球平面論者には、いくつかの共通点がある」ということが見えてきます。

 

◆地球平面論の根拠が、「教典には丸いと書かれていない」といった宗教的なものであること。

◆地球平面論者が集まるコミュニティに属し、熱心に活動していること。中には「最初は平面論者では無かったが、コミュニティに参加して考えが変わった」という人も。

◆「政府は嘘をついている」「マスコミは嘘しか言わない」といった、いわゆる陰謀論者が多いということ。

 

 

どこか、新興宗教団体を思わせますね…。

 

------------------------------------------

 

主義主張は、人それぞれ。

考えを他人に押し付けたり・無茶をやらかしたり・犯罪行為に及んだり…等々の変な方向に行かなければ、基本的に何を信じてもいい。筆者はそう考えます。

 

ただ、地球平面論者さんの中には、無茶をして命を落とした方もいます。

「地球は平面であるハズだから、高高度から眺めれば証明できる」
「政府やマスコミの出す資料は嘘だから、自分の目で確認する」
こう主張して自家製ロケットを作り、そのロケットに乗って飛行を試みた地球平面論者さんが、2020年2月に墜落死しています。

これはちょっとやり過ぎ。

 

命がけで自説を確かめようとする気概は素晴らしいですが、やっぱり無茶はよくない。

japanese.engadget.com(2020/2/24)

gigazine.net(2020/2/25)

 

墜落死の後、このパイロットの関係者から「彼は、熱心な地球平面論者ではなかった」というコメントも出ています。

が、「長年に渡って地球平面論を推していた」と記事に書いてありますし、命がけで自説を証明しようとしていたので、後から「熱心ではなかった」と言われましても…ねぇ。

亡くなった方を貶める発言に見えなくもない。モヤモヤします。

 

------------------------------------------

 

命がけで証明するという話に行く前に、もう少し冷静になって考えた方がいい。

神や悪魔という宗教的なものを語る前に、自分の目の前にある現象を振り返ってみましょう。

 

もし、地球が球体ではないとすれば、以下のものをどう説明すればいいのでしょうか?

人工衛星からの画像。「Google Earth」が分かり易い例
◆衛星を使った天気予報
人工衛星経由の通信
◆地平線・水平線の存在
◆時差
◆世界一周旅行

これらは、地球が球体であるが故に、存在しているものです。論理的に否定するのは、至難の業。

まぁ、それでも「そんなのは嘘っぱちだ!」「悪魔がそう思わせているのだ!」といったゴリ押し理論で通してしまう人、いるのでしょうね…。

 

 

ともかく、この手の「疑似科学」にハマると、なかなか抜け出すのは難しい。

これは、効きもしない健康食品を買う心理と同じです。

 

人は、心に隙間ができるもの。信じたいものを信じる生き物。

ちょっと油断があれば、直ぐにコロッとやられます。

「こんなトンデモ説、信じる方がどうかしている」と一笑に付す前に、なぜトンデモ説と言えるのか、その根拠を考えてみることが重要です。

 

「なぜそうなるのか」を説明できず、鵜呑みにしてしまうのはよくない。

先ずは冷静に。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍 書店リンク】

なぜ疑似科学が社会を動かすのか (PHP新書)

なぜ疑似科学が社会を動かすのか (PHP新書)

  • 作者:石川 幹人
  • 発売日: 2016/02/16
  • メディア: 新書
 
疑似科学入門 (岩波新書)

疑似科学入門 (岩波新書)

  • 作者:池内 了
  • 発売日: 2008/04/22
  • メディア: 新書
 
レイメイ藤井 地球儀 先生おすすめ小学生の地球儀 20cm OYV11

レイメイ藤井 地球儀 先生おすすめ小学生の地球儀 20cm OYV11

  • 発売日: 2014/11/14
  • メディア: オフィス用品