makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】集近閉に悩む『キン肉マン』

予想された動きというか何と言うか…。

新型コロナウイルス騒動で、「え?そんなものまで?」と言いたくなる様な業種で、一時休業の動きが出ています。

その業種とは「漫画家」さんです。

 

本日、有名漫画家コンビゆでたまごさんから、新型コロナウイルス感染予防措置として、一時的に連載をストップする」との発表がありました。

wpb.shueisha.co.jp(2020/4/13)

 

ゆでたまごさんは、現在Web上で『キン肉マン』を連載されています。ゆでたまご作品の中で、最も有名なものですね。

コミック|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

wpb.cloudpublisher.jp(2020/4/13閲覧)

 

漫画の作成は、孤独のままに終わるものではありません。

作者とは別に、大勢のアシスタント(助手)さんがいます。彼らの助けを得ながらでないと、漫画は仕上がりません。

ゆでたまごさんの作画スタジオでは、多数の人間が集まった状態で仕事をしているそうで。それがいわゆる集近閉(三密)の状態を生み出してしまう為、「職場で新型コロナウイルスが蔓延する前に休業しよう」という結論に至ったとのこと。

 

連載が一時停止してしまうのは寂しいですが、蔓延前に行動されていますね。英断でしょう。

休止の目安は、先ず1ヶ月間。その後も騒動の様子を見て、スケジュール調整する可能性アリ。

今はただ、新型コロナウイルス騒動の沈静化を祈るばかりです。

 

----------------------------------

 

ところで…。

このニュースを聞いたウチのご近所さん(50代)が、ビックリしていました。

「え? キン肉マンって、まだ連載やってるの?」
「自分が子どもの時に、終わったと思っていた」

 

 

はい、その認識は、半分正解です。キン肉マン』の連載は、一度終わっています。しかし、その後の人気再燃によって新連載がスタートし、現在も続いているのです。

子どもの頃に『キン肉マン』を読んでいた方の中には、大人になってから少年漫画を読まなくなった方もいて、新連載作品に接触しにくい環境にあったのでしょう。驚くのも無理はないのかも知れませんね。

 

そんな方達の為に、当記事ではキン肉マン』と関連作品の連載状況について、ザックリ説明していきます。

 

----------------------------------

 

先ずは、元祖キン肉マン

この作品は、「週刊少年ジャンプ」誌上にて、1979年から1987年まで連載されていました。コミックスの分量は、全36巻。

先述の「ウチのご近所さん(50代)」は、この連載を見て育った世代の方ですね。

 

この作品は、正義の超人である「キン肉マン」と、その仲間が主人公の漫画。

彼らは「超人オリンピック」等のスポーツ&格闘大会で競い合ったり、「悪魔超人」「悪魔騎士」「完璧超人」といった敵対勢力と戦ったり等々、様々な活躍を繰り広げます。

ただ、基本的には「リングで行われるプロレス」がメイン。出てくるキャラは「超人」ばかりなので、現実のプロレスではあり得ない大技を繰り出します。そこが『キン肉マン』の大きな魅力。

 

当時の『キン肉マン』人気は物凄いものがあり、テレビアニメや劇場作品にもなりました。

テレビアニメは第一期と第ニ期があり、第一期は約3年間も続く長寿作品に。第ニ期も1年間続き、合計で約4年間も続くことになりました。

キン肉マン 大暴れ!正義超人(提供:Amazon)

 

当時の『キン肉マン』を語る上で外せないのは、小型のゴムフィギュア「キンケシ」です。

キンケシとは、「キン肉マン消しゴム」の略。大変な人気を博した品であり、当時で既に数百種類は存在していました。

 

この品、消しゴムとしての機能はゼロなのですが、なぜか「消しゴム」を名乗っています。

ウチのご近所さん(50代)の話によれば、「学校に”玩具”を持って行くと怒られるので、あくまで”文房具”という扱いにしていたのだろう」とのこと。

キン肉マン キンケシプレミアムvol.9 ~火花散る、運命の王子達が集結の巻~ 1セット(提供:Amazon)

 

----------------------------------

 

キン肉マン』の連載が終了したのは1987年。

それから11年後の1998年、長らく眠っていた『キン肉マン』が目を覚まします。

 

この年、「週刊プレイボーイ」誌上にて、正式続編となるキン肉マンⅡ世』の連載が始まりました。

キン肉マンII世 STARTER BOOK 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)(提供:Amazon)

 

キン肉マンⅡ世』は、前作『キン肉マン』の時代から約30年後の世界が舞台になっています。

前作『キン肉マン』で活躍した超人は軒並み老齢となり、次世代の指導に当たる日々を送っています。その次世代超人の活躍が、『キン肉マンⅡ世』で描かれる物語のメインとなっています。

 

主人公は、キン肉マン(キン肉スグル)の息子である「キン肉万太郎(キンニク・マンタロウ)」。

彼を始め、前作登場キャラの息子や弟子が多数登場するのも、『キン肉マンⅡ世』の大きな特徴です。

キン肉マンII世 コミック 1-29巻セット (SUPERプレイボーイCOMICS)(提供:Amazon)

 

この『キン肉マンⅡ世』も、前作と同様に大人気を博し、コミックスは合計57巻(第一部29巻・第二部28巻)が発行。テレビアニメにもなりました。

 

----------------------------------

 

キン肉マンⅡ世』の連載が終了したのは、2011年のこと。その後、間を置かずして、前作『キン肉マン』の連載が再開されます。媒体はWeb。

このWeb連載は、現在も続いています。冒頭で紹介した「連載の一時停止」は、このWeb連載が一時停止するということ。

 

Web連載版『キン肉マン』は、1987年に連載が終了したジャンプ版『キン肉マン』の続きです。外伝ではありません。「24年ぶりの連載再開」なのです。

その為、世界観は1987年近辺に設定されています。スマホどころか携帯電話すら普及しておらず、音楽はデータファイルではなくCD全盛期…という感じ。

 

完全なる続編の為、主要キャラは全く同じ。

新キャラが続々追加されてはいくのですが、旧キャラの活躍も健在です。

キン肉マン 70 (ジャンプコミックス)(提供:Amazon)

 

Web連載版『キン肉マン』ならではの面白い点と言いますか、ちょっと変わったところとして、週刊少年ジャンプ版ではザコ扱いされていた超人が、かなりの強キャラとして活躍する」というものがあります。

それは誰か?…ということを詳しく書くとネタバレになってしまいますので、1人だけご紹介します。そのキャラは、悪魔超人のひとりブラックホールです。

第51話 悪魔超人ブラックホールの巻/戦慄の四次元レスリングの巻(提供:Amazon)

 

ブラックホールは、ジャンプ版でキン肉マンに情けない負け方をしてしまい、その後登場しても「やられ役」が多いキャラです。

が、Web連載版『キン肉マン』では、かなりの強キャラとして描かれています。

 

他にも、色々な差異あり。興味のある方は、コミックス37巻以降をご覧くださいませ。

 

----------------------------------

 

ウチのご近所さん(50代) を始め、「え? キン肉マンって、まだ連載やってるの?」「自分が子どもの時に、終わったと思っていた」と仰る方は、作品の流れを理解して頂けましたでしょうか?

 

Web連載版『キン肉マン』は、まだまだ続きそうな感じです。最新のコミックスは、つい先月発売されたばかりの第70巻。

この勢いだと、週刊少年ジャンプ版を超える長寿連載になりそうです。

ゆでたまごさんの、更なる活躍に期待しましょう。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

  

↓↓関連Shopリンク↓↓

キン肉マン 大暴れ!正義超人

キン肉マン 大暴れ!正義超人

  • 発売日: 2015/09/21
  • メディア: Prime Video
 
キン肉マン 70 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 70 (ジャンプコミックス)

 
キン肉マンⅡ世 マッスル人参争奪!超人大戦争

キン肉マンⅡ世 マッスル人参争奪!超人大戦争

  • 発売日: 2015/09/21
  • メディア: Prime Video