makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【アニメの話】「ジムの日」に紛れ込む伝説巨人(前編)

昨日・4月6日は、語呂合わせで「城の日」等々の記念日が設定されています。

が、ツイッター界隈で最も話題になったのは「ジムの日」としての4月6日。

有名アニメ『機動戦士ガンダム』に登場した量産型モビルスーツ「ジム」を語る人々が大量出現しました。

twitter.com(2020/4/7検索)

ガンプラ HGUC 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム) 色分け済みプラモデル (提供:Amazon)

(上画像:最初期の量産型モビルスーツ「ジム」)

 

ジムは、いわゆる「ザコキャラ」的な扱いを受けてしまうモビルスーツです。

が、ガンダムシリーズ関連作品が増加する過程で、多数の強化型機体や局地戦用機体が登場。多彩なバリエーションに惹かれるファンが続出し、現在では根強い人気を持つ機体になっています。

www.gundam.info(2020/4/6)

MG 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 ジム・スナイパーII 1/100スケール 色分け済みプラモデル(提供:Amazon)

(上画像:ジムを基に開発された発展機体のひとつ「ジムスナイパー2」)

 

----------------------------------

 

数多のバリエーションを持つ量産機「ジム」ですが…。

この話題になった時に、かなりの高確率でジムに混ざる別の機体があります。

 

その名はイデオン。『機動戦士ガンダム』とは直接的関係の無い別作品伝説巨人イデオンの主役機です。

(提供:Amazon)

 

イデオンとジム。

この二者は、かなりの高確率でマゼマゼされ登場しています。

偶然ではなく、意図的に。間違いではなく、ネタとして。

その理由には、「両者の見た目が似ている」というものに加え、「両者の性能差が激しい」という点があります。

当記事では、この点を掘り下げていきます。

第1話 復活のイデオンガンプラ HGUC 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム) 色分け済みプラモデル

(上画像:1枚目が「イデオン」。2枚目が「ジム」)

 

----------------------------------

 

イデオンとジムの性能差」について語る前に、先ずは『伝説巨神イデオン』のストーリーに触れてみましょう。

 

伝説巨神イデオン』は、1980年にテレビアニメとして公開された作品です。

アニメを制作した会社は、『機動戦士ガンダム』で有名な「サンライズ」さん。アニメの監督も、これまたガンダムの生みの親である「富野由悠季」氏。

イデオンの放送時期も、『機動戦士ガンダム』の初放送直後。イデオンガンダムには被る部分が多い。

 

しかし、話の内容は全くの別物です。

ガンダムは「人間同士の争い」をテーマに、登場メカを「戦争の道具である兵器」という色合いで描いています。

それに対し、イデオンでは「異文化・異星人のすれ違いによる争い」をテーマに、「古代文明が作った未知の巨大ロボ」を主人公機にしています。

 

また、イデオンは「皆殺しの富野」と呼ばれる富野監督の本領が発揮された作品。

ガンダムでは生き残るキャラが多いですが、イデオンでは次々に登場キャラが死亡します。主要であるか否かを問わず…です。

そのハードでディープな内容に、当時の視聴者は困惑。ロボアニメは「単純明快な勧善懲悪モノ」が多かった中、イデオンの作風は異質過ぎて受け入れ難かったのでしょう。テレビ放送は、打ち切りに近い形で終わってしまいました。

 

しかし、ガンダムと同じく「時を経て再評価される」という現象がイデオンにも起きます。熱心なファンの声が増え、劇場版として物語が追加されるという事態に。

初放送から40年経過した現在でも、設定・世界観の深さにハマる人が多い。

----------------------------------

 

伝説巨神イデオン』の冒頭をザックリ述べると、以下の様なものになります。

 

 

▼物語の舞台は、西暦2300年代。地球人が太陽系を離れ、外宇宙へ移民を開始した時代である。

 

▼地球から遠く離れた植民星のひとつ、アンドロメダ星系の「ソロ星」では、大昔のソロ星人が残したと思われる遺物・遺跡が発掘されていた。

▼遺跡の発掘作業に従事する植民地惑星の地球人類。そこに別の異星人「バッフ・クラン」の探索部隊がやって来る。彼らの目的は、ソロ星に眠るとされる無限のエネルギー「イデ」の調査であった。

 

▼地球人類の目的は「植民地開拓」であり、バッフ・クランの目的は「無限エネルギーの探索」である。双方の目的が異なる為、争う理由も生まれないハズであった。

▼しかし、「身分の高いお嬢様の、軽はずみな行動」「下級兵士の保身感情と勘違い」「軍上層部の暴走」「双方に生まれた疑心暗鬼」等が重なり合い、争うハズの無い地球人類とバッフ・クランの殺し合いが始まってしまう。

 

▼戦火を逃れる為、地球人類は遺跡へと逃げ込んだ。その遺跡が突如作動し、身長100mを超える巨人「イデオン」に変形する。

イデオンは、地球人類が建造したものではなく、調査途中の古代遺物である。当然、詳しい動かし方は不明。その為、逃げ込んだ者は必死でレバーやスイッチを動かし、何とか操作しようとする。

▼と、イデオンが反応。腕が動き、半ばマグレでバッフ・クランの戦闘機を撃退する。

(提供:Amazon)

(上画像:イデオン

 

▼その後も、地球人類とバッフ・クランの衝突は続く。だが、元々は「誤解や疑心暗鬼」が切っ掛けで争いが始まったワケで、両者が好き好んで始めた戦いではない。講和のチャンスがあれば、何とか争いを止めたいと考える者もいた。

▼地球人類サイドは、「バッフ・クランと話し合う場を持とう」と考え、戦う意思が無いことを示す白旗を掲げて接触を試みる。

▼しかし、この行為は大失敗に終わる。バッフ・クランの常識では、白旗は「お前らを皆殺しにする」という意味だったのだ。

▼地球人類側は、自分たちの常識とバッフ・クラン側の常識に差があるかどうかを考えず行動し、更なる誤解を招くことになってしまった。どんどん泥沼にハマっていく両者。この戦いに終わりはあるのだろうか…?

 

----------------------------------

 

上記の粗筋紹介で少し触れていますが、ソロ星には無限エネルギー「イデ」が存在します。

イデオンのエネルギー源も、その「イデ」です。

 

無限エネルギーというだけあって、そのパワーはとてつもなく巨大です。

イデオンとジムの性能差」を語る上で、この設定は外せません。

 

では、「イデ」の巨大さとはどれくらいのものか?

次回記事で、ジムと比較しながら語っていきます。

 

長くなるので、当記事はここまで。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓『伝説巨神イデオン』関連Shopリンク↓↓

 

第1話 復活のイデオン

第1話 復活のイデオン

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

【Amazon】

【Amazon Primeビデオ】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

 

【7net ショッピング】

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【e-hon】

【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

【YAMADAモール】

【紀伊國屋書店】

【タワーレコード】