makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【映画の話】伝染病スリラー映画『コンテイジョン』を鑑賞しました

本日は、表題にもある通り、とある映画の話をば。

映画のタイトルはコンテイジョンです。

コンテイジョン(吹替版)(提供:Amazon)

 

コンテイジョン』は、2011年のアメリカ映画です。今から9年前の作品ですね。

 

内容に触れる前に、まず驚くのは「出演俳優の顔ぶれ」です。

主要どころをピックアップしただけでも、以下のメンツが揃っています。
(※カッコ内は、出演した他の有名作品)

 

ローレンス・フィッシュバーン(『マトリックス』シリーズ)
マリオン・コティヤール(『TAXi』シリーズ)
マット・デイモン(『ジェイソン・ボーン』シリーズ)
ジュード・ロウA.I.
ケイト・ウィンスレットタイタニック
グウィネス・パルトロウ恋におちたシェイクスピア

 

それぞれが、「単独で主演を張れる」という重鎮クラスです。この時点で、かなり期待できますね。

 

----------------------------------

 

この『コンテイジョン』は、フィクションです。娯楽作品です。

もう9年前の映画ですが…なぜか2020年に入ってから、大きな話題になっています。

その理由は、「世界規模の伝染病」をテーマにした作品だから。

また、その内容が「2020年の新型コロナウイルス騒動を予言していたのでは?」と思わせるものであり、余計に話題沸騰。

SNS等を中心として、大きな反響を呼んでいます。

 

----------------------------------

 

コンテイジョン』の冒頭をザックリ説明すると、以下の様なものになります。

 

 

▼物語の舞台は、映画公開時と同じ「2010年代」。世界各地の様子が描かれるが、中心となるのはアメリカである。

 

▼ベス(グウィネス・パルトロウ)は、仕事の都合で香港にいた。

▼香港での仕事を終えた彼女は、夫の待つアメリカへの帰路に就いた。が、どうも調子が悪い。妙にせき込むし、何だかフラフラする。

▼とはいえ、入院するほど具合が悪いわけではない。ベスは、少しだけ無理をして、アメリカの我が家に辿り着いた。

▼その後、ベスの容態が急変する。いきなり倒れ、痙攣を始めたのだ。驚いた夫のミッチ(マット・デイモン)は、ベスを病院へと連れていく。しかし…その日のうちに、ベスは死亡した。

▼あまりに突然過ぎる出来事。ミッチは、妻の死を受け入れることができない。また、ベスを治療した医師も、死亡原因に思い当たる節が無い。

▼失意のまま、家に帰るミッチ。と、今度は彼の息子が突然死する。息子の症状は、先に死んだ妻・ベスと同じだった。

▼この異常事態に際し、「何らかの伝染病」の可能性が疑われた。ミッチは隔離され、医師の観察を受けることになる。

 

▼一方、「アメリカ疾病管理予防センター」に所属する医師・チーヴァー(ローレンス・フィッシュバーン)の所にも、騒動の話が舞い込んでいた。

▼政府の人間から「これは病気ではなく、生物兵器ではないのか?」との疑問が示される中、チーヴァー医師は感染経路を辿っていく。

▼部下を現地に派遣し、同僚の研究者の助力を請い、感染経路を絞っていくチーヴァー医師。そうしている間にも、この伝染病がどんどん広まり、人々の恐怖を煽っていくことになる。

 

▼時期を同じくして、「これはただ事ではない」と感じたブロガーのアラン(ジュード・ロウ)は、独自に調査を進めていく。

▼アランは、陰謀論や非科学的治療法に拘る人間だった。その視点から、「これは伝染病であり、その特効薬がある」とネットで主張。その話は、一気に拡散した。

▼アランの主張には科学的根拠が無かったのだが、盲目的に言葉を信じた多くのネットユーザーが「アランの言う特効薬」を求めて店に殺到。現場は混乱する。

 

▼次第に広がっていく伝染病。増える死者。パニックになる住民。

この状況を、チーヴァー医師達はどうやって克服していくのか?

人類vs伝染病。この「静かな死闘」の行方は?

 

----------------------------------

 

コンテイジョン』を英語表記にすると、「Contagion」となります。

この言葉は、「感染」「伝染病」という”病気に関する意味”の他に、「人から人への悪影響」という社会学的な意味も併せ持つ言葉。

この「悪影響」は、様々な形や経路で発生・拡散していきます。

 

例えば、先に述べた「この病気には特効薬がある」というネットデマ。科学的根拠がゼロであるのに、殺し合い・奪い合いのレベルで騒動が起きます。

また、先行きの見えない状況を前にパニックが発生。物資の買占め騒動が起こり、商品棚が空になる光景が多発します。

 

…今年起こった事件、そのまんまですね。『コンテイジョン』が話題になるのも、無理からぬことです。

 

 

 

強烈なリアリティを滲ませる名作『コンテイジョン』。

まだご覧になっていない方は、この機会に是非どうぞ。

面白さは、折り紙付きです。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓Shopリンク↓↓

コンテイジョン (字幕版)

コンテイジョン (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 
コンテイジョン(吹替版)

コンテイジョン(吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 
コンテイジョン [Blu-ray]

コンテイジョン [Blu-ray]

  • 発売日: 2012/09/05
  • メディア: Blu-ray