makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【SNSプレゼント企画の話】フォローと拡散で、現金をプレゼント!…なお「本当にプレゼントする」とは言っていない

ツイッター等のSNSで、こういう文言を書くアカウントが多い。

読者の皆さんも、一度は見たことがあるでしょう。

 

「現金・金券プレゼント企画!」

「このアカウントをフォローし、このツイートをリツイート(拡散)するだけで、プレゼントが当たる!」

「プレゼントの中身は、現金やギフトカード!」

 

上記のツイートを頻繁に流すアカウントは、その多くが「投資会社の社長」だったり、「新しいビジネスを始め、短期間で月収数百万になった、元社畜という感じのプロフィールを記載しています。

プレゼント企画ツイートには、「札束の写真」「ギフトカードの山」が写った画像が添付されており、景気の良さを醸し出しています。

 

この記事を読んで頂いている読者様の中にも、上記のプレゼント企画に参加した方がいらっしゃるかも?

 

 

 筆者は、この類のプレゼント企画に参加したことはありません。

何故ならば、「そんな景気のいい話が、そうそう転がっているワケがない」と考えるから。

 

この考えを、そのまま映像化した番組が、先日放送されていました。

番組名は、NHKクローズアップ現代+です。

www.nhk.or.jp(2020/3/4)

 

「フォロー&リツイートだけで現金をプレゼント!」。

今、こうした「プレゼント企画」をうたうアカウントがSNS上に乱立し、応募した人が手数料をだまし取られたり、投資話に巻き込まれるケースが後を絶たない。

 

そして、多くの運営者の真の目的は「アカウント売買」とも言われる。

注目を集めやすい動画でフォロワーを増やした後、そのアカウントごと転売。数万人のフォロワーがいるアカウントは数百万円という高額で転売されている。

 

さらに、集められたフォロワーはだまされやすい情報弱者とされ、そのアカウントが高値で流通。新たな詐欺商法に利用される構造も浮かび上がってきた。

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4393/より。改行等は筆者によるもの)

 

番組によると、「プレゼント企画」に応募した人は、以下の被害に遭っているとのこと。勿論、約束されたプレゼントは手に入らない。

 

 

◆「当選したが、賞金の受け取りには特殊なアプリが必要」として、電子決済アプリのインストールを強要される。
その後、プレゼント企画者から「賞金の受け取りには手数料が必要だから、そのアプリを使って数万円(3万円程度の少額)を振り込んで欲しい」と依頼が来る。

相手の言う通りアプリに入金したら、その瞬間お金を取られ、その後は連絡がつかない。

 

◆ひたすら個人情報を聞かれ、律義に答えるも、賞金や商品は一切届かない。

要は「個人情報の収集だけを目的にしており、プレゼント企画ではない」という話。

 

◆応募して当選したはいいが、「出会い系サイトの登録」や「簡単に儲かる情報を書いた商材の購入」を勧められる。商品や賞金は届かない。

 

 

つまり、「プレゼント」というのはただの口実であり、本当の目的は「応募者から金なり情報なりを奪う」ということ。これが企画の正体である。

NHKの「クローズアップ現代+」では、そう結論づけています。

 

------------------------------------------

 

「じゃあ、添付画像に写った札束は、一体何なの?」

「あれだけ大量のお金を持っている人が、嘘をついて小金を稼ぐ必要があるの?」

こう考える読者様もいらっしゃるでしょう。

 

普通に考えれば、確かにそうなのかも知れません。

律義に「アカウント名や投稿日付を記した”手書きメモ”を、札束と一緒に撮影する」といった手間をかける人もいます。

手書きメモならば、「札束の画像だけ他から持ってくる」という手法がやり難いですからね。信用度が上がります。

 

しかし、

札束画像はパクリやコピペではなく、企画者が撮影した本物だとしても…

札束が偽物だったら?

こう考える人は、そんなに多くないでしょう。そこに落とし穴があります。

 

 

例えば、この札束画像をご覧ください。

パッと見れば、300万円はありますね。

これが山積みになっていれば、「凄い金持ちだ!」と考えるでしょう。

 

しかし、この画像にある札束は、ひとつ300~1000円くらいの価格帯で買えます。

実はこれ、「札束風のメモ帳」なのです。

 

 

「新聞紙で作った、偽の札束」というものは、昔の刑事ドラマなんかに出てきました。それよりもっと精工なものが、上記画像の商品です。

中身は、お札と同じ色のメモ用紙。その束の一番上に、本物のお札を一枚乗せるだけで、即席の札束が出来上がります。

 

これは、元々「ジョークグッズ」として販売されているもの。違法でも何でもありません。

中には、下画像の様な品もアリ。

 

よく見ると、お札の額面が「百万円」となっていますね。帯封にも「メモ帳」の文字が書いてあります。

ここまですれば、誰でも偽物だと気付きます。この手のジョークグッズは、そこかしこで売られています。

 

「札束画像を添付した、プレゼント企画ツイート」を流す人は、高確率で札束の表面しか見せていません。

たまに中身を見せる人もいますが、多くの場合「その札束を配る」とは約束していません。ただの「見せ金」かも知れない。

自分の貯金で、100万円くらい持っている人は大勢います。引き出せば、画像撮影に使えます。撮影後は、また口座に戻せばいいだけ。

 

また、自分の貯金で100万円を用意できなくても、借りることは可能。

キャッシング(借金)で、「30日間は無利息」というサービスを行うところもあります。札束を借りて、30日以内に様々な画像を撮影して返済すれば、利息ゼロで元金を返すだけで済みます。

手数料くらいはかかるかも知れませんが、小道具代金と考えれば安いもの。

 

画像に写る札束が、きちんと配布される金かどうか、応募者に判断する能力はありません。

 

------------------------------------------

 

「札束はそうだとしても、画像に写ったギフトカードの山は何なの? 偽物じゃないでしょ?」

こう考える読者様もいらっしゃるでしょう。

 

プレゼント企画の添付画像には、よく「amazonギフトカード」や「itunesカード」の様な、ネットで使える金券が登場します。

しかも「数十枚はあろうかという、山盛り」の状態で。

このカードをプレゼントするという口実で、誘ってくるツイートは多い。

 

この手のカードには、上記で紹介した「札束メモ帳」といった偽物は見当たりません。画像に写ったカードは、恐らく本物でしょう。

しかし、「使用前のカード」かどうかは、画像を見ただけでは分からない。

既に使用した後のカード、即ち「プラスチックごみと化したカード」の可能性があります。

 

実は、使用済みカードの束は、ネットで簡単に手に入ります主に「フリマサイト」で売買されていることが多い。

(参考:amazonギフトカード 使用済み 販売 Google 検索

(参考:itunesカード 使用済み 販売 Google 検索

 

上記検索でヒットする使用済みカードは、その多くにちゃんと「使用済み」と明記されています。

ただのゴミなのですが、「プラモデルを装飾する材料」等に使えないこともない。販売自体は問題ないのでしょう。

 

価格帯はピンキリですが、筆者の確認した範囲では「使用済みのもの、一枚当たり、10円程度の価格」で入手可能です。

これを使えば、「山盛りカードの画像」を撮影することは簡単です。

 

プレゼント企画の添付画像では、多くの場合、カードの裏面までは見せていません

使用済みカードであれば、裏のスクラッチ部分(コイン等で削る銀のコーティング部分)が削られており、番号が見えているハズ。

裏面まで見せて貰わないと、使用前か使用済みか判断できませんね。

 

ただ、フリマサイトで売られている使用済みカードには、「スクラッチ部分はそのままですが、このカードは使用済みで使えません」という、なんとも意味深なコメントを書いているものがあります。

メチャメチャ怪しい…。

 

------------------------------------------

 

この様に、「プレゼント企画」には、かなりの不審点が存在します。

先述の「クローズアップ現代+」で取り上げられていましたが、詐欺被害に遭った方もいらっしゃいます。

企画参加を止めはしませんが、かなり用心した方がいいでしょう。

 

 

他方、プレゼント企画が、本当に存在することも確かです。

 

名の通った企業さんが、公式アカウントにてプレゼント企画を行っているのは、よくある光景。企業の宣伝行為として、特に珍しくないものです。

この場合、「嘘ツイート」が発生する可能性は低い。なぜならば「嘘を流して後でバレた場合、信用度を落とすデメリットが巨大であるから」です。

 

個人レベルでも、億単位の金を配る人がいます。ZOZOTOWNの元社長・前澤氏が、その典型例。

「前澤氏から当選の連絡が来たのに、お金が振り込まれません」という話は報道されていないので、恐らくはキチンと振り込んでいるのでしょう。

もし詐欺なら、マスコミが黙っていないハズ。

 

逆に考えれば、「前澤氏レベルの人でないと、札束を配る能力はない」と言えるでしょう。

前澤氏の資産は、1億や2億ではありません。「1000億円を記帳する動画」が話題になりましたね。そのレベルです。

知名度があり、資産もある。そこまでの人でないと、多額の現金をバラ撒く企画は難しい。そう考えた方がよいでしょう。

 

 

 

 

正体不明の者が言い出した、SNS等で流れているプレゼント企画。

それ、信用できますか?

 

うまい話には、裏がある。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

なお、本記事で使用した「札束風メモ帳」の画像は、全て「Amazon」さんから提供して頂きました。

(参考:【Amazon】「札束 メモ帳」検索結果