makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【新型コロナウイルスの話…の後日談】デマ検証記事、現る

先日、以下の記事を書かせて頂きました。

内容は、新型コロナウイルス対策に、オカルト手法が出てきた」というもの。

www.makaranbox.com

 

上記記事をアップしたのは、2020年3月2日の、夜11時前です。

その後、1日遅れで、テレビ局も「筆者と同じネタ」を報道していました。

 

ちなみに、テレビ局のアップした記事は以下。

www.fnn.jp(2020/3/3)

 

この記事を出しているのは、FNN(フジテレビ系列のニュースネットワーク)です。

FNN記事は、消えるのが早い。その為、全文を以下に引用しておきます。

 

“新型コロナ騒動”で、なぜか石が高額で販売。

 


取材班が向かったのは、多摩川の河川敷。大小さまざまな石が転がっている。
そこで話題となっているのが、「花こう岩」と呼ばれる石。

 

その理由は、今ネット上に躍る言葉。

「花こう岩ってコロナ対策になるの?」
「花こう岩で殺菌できるみたい」
「花こう岩がコロナウイルスに効果がある」

という、うわさが流れている。

 


そもそも花こう岩とは、マグマが冷えてできた石のこと。街の人に話を聞くと…。
50代「理科の授業なんかで習ったりしません?」
中学3年「(教科書に花こう岩載ってる?)載ってると思う」

実は、中学1年生の科学の教科書にも載っている。教科書をよく見ても、ウイルスの殺菌作用があることは、どこにも書かれていない。


しかし、このうわさが広まると、フリマアプリのメルカリでは、コロナウイルス対策とうたわれた花こう岩が、続々と出品される事態に。

そこには、「お風呂に入れると殺菌作用がある」との言葉が躍っていた。


あるフリマサイトでは、5,000円で花こう岩が販売され、軒並み売り切れていた。まるで、マスクやトイレットペーパーと同じような現象が起きている。

街の人
「売ってた! メルカリ見たら売ってた! なんで石売ってるんだろうと思ったんだけど。(花こう岩買った?)買わないよ。意味わからないよ」


さらにネットでは、こんな書き込みも…。

ツイッターより
「花こう岩が河原からなくなる!!」「花こう岩を探しに多摩川に行こう」

 

この石の大きな特徴は、非常に硬く強いこと。

雨や風にさらされても劣化しづらいため、国会議事堂や日本橋にも使われているという。

 


実際に花こう岩は、コロナウイルスに効果はあるのか。

専門家に聞くと、
「科学的根拠はまったくない。デマ」
と否定している。


そんな中、フリマアプリでは、新たに花こう岩より効果があるという「玄武岩」なる石までもが登場。

デマによるこうした動きには、注意が必要となる。

https://www.fnn.jp/posts/00433182CX/202003031948_CX_CXより。改行・強調は筆者によるもの)

 

今回問題視されたのは、「花こう岩(花崗岩)」という石です。

花こう岩は、特に珍しくもないもの。ダイヤモンドの様な貴重品ではありません。

 

花こう岩は、硬くて見た目が綺麗である為、古くから石材として使われています。「御影石(みかげいし)」と呼ばれることもあり。

墓石に始まり・国会議事堂に至るまで、多種多様な場所で使われる材料です。

www.zenyuseki.or.jp(2020/3/4閲覧)

 

(参考:倉敷市立自然史博物館「花こう岩」http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/musnat/geology/rock/igneousrock/granite.html

 

(提供:Amazon

上記画像は、「御影石を加工したタイル」です。

この様な石材、どこかでご覧になった方は多いハズ。

 

----------------------------

 

花こう岩は、石材としては優秀な部類に入るものかも知れませんが、「コロナウイルスに対抗する能力がある」という話は、全く聞いたことがありません。

 

他方、メルカリ等で「コロナウイルスには、花こう岩が効く!」と仰る方々は、

「花こう岩から、コロナウイルスを殺す自然放射線が出ており、お風呂に入れるだけで効果アリ」

という謎理論を展開。沢山買え!と勧めてきます。

 

f:id:tenamaka26:20200303230451p:plain

(「お風呂」イメージ画像 https://illustrain.com/?p=23240

 

根拠となる論文を示す人もいますが、それが「匿名で開設できる無料ブログに載った、個人の日記」というものばかり。

その内容が、かなり宗教めいたもので…苦笑いしてしまいます。

 

販売者の体験談を掲載している場合もありますが、

「花こう岩を使って建設された、知る人ぞ知る特殊な浴場がある。そこに行って自然放射線を浴び、新型コロナウイルスを滅するパワーを得た」

という内容のものが多い。本当に?

 

 

花こう岩は一般的な石材であり、浴場の建築にも使われています。

が、別に殺菌・ウイルス除去を目的に使われているのではなく、単に使い易いから使われているだけで…。

 

「花こう岩から、ウイルスを除去するレベルの放射線が出る」という話も、筆者は聞いたことがありません。

仮に放射線が出ているとしても、浴槽(水中)でウイルスに影響を及ぼす放射線となると、「強烈なパワーを持って水の中を突き進む放射線」になります。水中でそれだと、地上ではもっと勢いが凄いハズ。生物が無事でいられるかどうか?

 

また、花こう岩(御影石)は、浴場でしか使われないワケではありません。先述の通り、都市のアチコチに使われる石材です。それが全て強烈な放射線を出すとなれば…日本は人の住めない土地になるかも。

しかし、実際はそんなことになっていませんね。おかしいなぁ…?

 

筆者は物理学者ではありませんが、中学~高校レベルの知識をもってしても、上記の疑問が湧きます。いろいろと謎です。

 

----------------------------

 

なお、この怪しい商品について、フリマサイト運営側も素早く動き始めています。

www.itmedia.co.jp(2020/3/4)

メルカリには2月末から3月初めに掛けて、「新型コロナウイルスに効く」として花こう岩の出品が相次いでいたが、メルカリによれば3月4日の時点でほとんどを削除したという。

 

マスクについても削除対象とする金額の基準を引き下げ、実際に商品削除を行うなど、対応を強化している。

 (https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/04/news104.html

 

「ボッタクリ額のマスク販売」等の監視と共に、コロナウイルス絡みの怪しい商品を監視し、場合によっては削除…という措置をしているそうで。

 

試しに検索してみましたが、確かに「コロナウイルスを滅する石」は見当たりませんでした。削除されてしまったのでしょう。

しかし、まだまだ怪しい商品が出てくる可能性はあります。詐欺と同じで、手を変え品を変え・いろいろと仕掛けてくるので、誰でも引っかかると思った方がいい。

 

特に、今の様な異常事態では、判断力や警戒心が鈍ります。

慌てず、落ち着いて考えてから行動しましょう。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍 書店リンク】

『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方』

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】 (試し読みアリ)

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】

【総合書店 honto】

【ひかりTVブック】

【漫画全巻ドットコム】