makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【新型コロナウイルスの話】トンデモ医療でコロナ対策!…という悲劇

本日の話は、まだ調査中の段階なのですが…。

怪しいニオイがプンプンするので、早めに警告だけ流したいと考え、この記事を書いています。

詳しい話は、調査完了後に執筆する予定。予めご了承ください。

 

----------------------------

 

では、本題に。

 

新型コロナウイルス騒動が止まぬ昨今、予想していた通りの事態がチラホラ湧いている様子です。

 

「この商品を買うだけで、強烈な新型コロナウイルス対策になる!」

この類の、怪しい商品を売る輩が出ている模様。

 

まぁ、予測されていたことですが…。

 

----------------------------

 

現在までに確認できたのは、主に「フリマサイト(メル●リ等)」に出品された怪しい商品です。

タダの石ころや数珠などの商品を、「強力なウイルス対策になる!」として売っている輩がいます。

宣伝になってしまうので、販売アカウント等の情報は控えます。興味のある方は、「コロナウイルス 石」あたりの言葉で検索してみてください。

 

しかし…マスクや消毒薬などならまだ理解できますが、「石や数珠でウイルス対策」って…オカルトの領域ですね。頭を抱えたくなります。

f:id:tenamaka26:20200302213208j:plain

(イメージ画像 https://www.pakutaso.com/20160318082post-7308.html

 

----------------------------

 

この手の怪しい商品を販売するアカウントには、「それらのグッズが、どういった仕組みでウイルス対策になるのか?」について、いろいろと説明が書いてあります。

しかし、その内容はかなり意味不明。それっぽいことを書いてありますが、ツッコミどころだらけ。

例えば、こんな説明が。

 

■「ウイルス対策になる」と断言した後で、「効くと信じています」との文言アリ。

■根拠となる論文を示しているが、それが「無料で開設できる、匿名の個人ブログに書かれた日記」だった。その内容も宗教じみている。

■「偽物に注意!」と書いてあるが、本物と偽物を見分ける方法が、「触ってツルツルなら本物」というフワフワ判断基準

■「この石を使えば大丈夫!」と言った後、「適度な運動も大事」「栄養も大事」など、石の効果を否定する文章をダラダラ書く

 

う~ん、酷い。

フリマサイトの怪しさや危険性を訴える、一種のブラックジョークだと思いたい。

 

ただ、「●●大学の△△博士が発見した××効果」といった真偽不明の文言を書く輩もいて、悪質度は増加傾向にあると考えます。

そのうち、手の込んだ悪質販売者が出現するかも知れません。

今のうちから、警戒していた方がいいでしょう。

 

----------------------------

 

人の心は、そもそも弱い。

現状の様な異常事態では、ストレスが溜まる一方であり、思考力や判断力が鈍ります。そうなると、誰でも騙されやすくなります。

 

その心理状況で、ふと見た商品に「新型コロナウイルスに対し、強烈な効果あり!」といった刺激的な文言が書いてあれば…。

欲しくなっても不思議ではない。

 

 

ただ、ちょっと考えてみて下さい。

 

新型コロナウイルスが起こした騒動は、世界規模になっています。

解決する為、世界中の医者や科学者が、総力を結集して研究を進めているのに、未だ分からないことが多い。治療薬が完成したとの報告もない。

その状況で、「この商品があれば、ウイルス対策は大丈夫!」という話が出て・それが真実であれば、マスクを必死で生産する前に、総力を挙げて当該商品を生産しているハズです。治療薬の開発もストップするハズです。

 

なぜそうならないのか?

言うまでもないですね。

 

----------------------------

 

この手の「怪しい商品の販売」は、一歩間違えれば違法。警察に逮捕される恐れがあります。

売り手側も意識しているのか、あれやこれやと言い訳できる様な文章を混ぜていますが、それが警察に通用するかどうかは分かりません。

僅かな儲けの為に危ない橋を渡るのは、全くもって意味が無い。売るのは止めましょう。

 

 

そして、買う側も近づかない様にしましょう。

「売れるから、売る」という理屈が、怪しい商品を呼ぶのです。売れなければ、怪しい商品は消えます。

近づくな危険。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍 書店リンク】

『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方』

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】 (試し読みアリ)

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】

【総合書店 honto】

【ひかりTVブック】

【漫画全巻ドットコム】