makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【ネットデマの話】「デマを発した犯人特定!」は、デマではないのか?

先日、新型コロナウイルス騒動から派生した「トイレットペーパー騒動」について、記事を書かせて頂きました。

www.makaranbox.com

 

日本各地で、トイレットペーパーが売り切れ。

その原因は、「トイレットペーパーを製造しているのは中国」「マスクと同じ材料を使っている」という情報。主にSNSで爆発的に広がった模様です。

 

しかし、この話については「完全にデマである」とのコメントが。

業界団体や小売店を始め、関係各所から発表されています。

今は商品棚がカラッポでも、次回入荷時には普通に戻るでしょう。

 

------------------------------------------

 

が、当記事の本題は、「トイレットペーパー騒動は、ただのデマである」というものではありません。

 

当記事の本題は、

「デマを流した張本人とされる人物の、詳細な個人情報が、ネットのあちこちで流されている」

ということについて。

 

この個人情報は、いわゆる「トレンドブログ」や「まとめサイト」のネタとして浮上し、その記事が各種SNSで拡散され…という流れで、一気に広まっています。

その内容が、なかなか恐ろしい。

 

◆本名

◆顔写真

◆年齢

◆住所

◆複数の画像(イベント参加時などの様子)

◆携帯の電話番号

◆携帯用メールアドレス

Facebookのページ

◆学歴と、卒業した学校名

◆職歴

ツイッターのアカウント

◆インスタグラムのアカウント

◆LINEのアカウント

◆個人ブログのアドレス

 

…凄い量です。

いや、凄いと言うより、怖いですね。

イタズラ電話されまくるのは間違いなく、なりすましで別の犯罪に巻き込まれる可能性も高い。

本名と住所が拡散されているので、「着払いで品物無断注文」などもあるかも知れない。

相当マズイです。

 

------------------------------------------

 

ただ、ここで疑問が。

「拡散されている個人情報は、本当に真実なのか?」

「トイレットペーパー枯渇デマと同じく、この人物が首謀者というのもデマではないのか?」

 

上記の疑問が存在する為、当ブログでは「デマ拡散犯人とされる人物の個人情報」を掲載しません。

もし、拡散されている個人情報が「全くのデタラメ」「犯人に仕立て上げる為の、意図的な流出によるもの」であった場合、トイレットペーパー枯渇デマと同等以上の悪質行為になってしまいます。

濡れ衣を着せたことになってしまう。

 

犯人の情報を拡散している人は、その心配を考えていないのでしょうか?

そこも怖いですね。

過去には、「事件とは全く無関係な人を、共犯者としてネットに流し、名誉棄損で逮捕される」という事件も起こっているのに。

 

www.makaranbox.com

 

今回の騒動では、そういうことは絶対ない!…と言い切れる根拠がない。

拡散して叩いている人達は、大丈夫なのでしょうか。

 

------------------------------------------

 

まぁ、「この騒動の犯人が誰か?」ついては、今は二の次です。

現在重要なことは、

「妙なデマに流されない様に、情報源をしっかり確保しておくこと」

「物不足デマに踊らされない様に、ある程度の備蓄を確保しておくこと」

この二つです。この点を押さえておけば、次のデマ情報が出てきたとしても、右往左往する可能性が低くなります。

 

 

そして、「自分が特定されるような個人情報を、ネットに載せない」ということも重要。

f:id:tenamaka26:20200229194410j:plain

(イメージ画像 http://www.tadae.net/item.php?cate1=4&cate2=10&item=17

 

この手の「デマ騒ぎ」や「特定騒動」は、善悪の概念を超えて起こり、無関係だろうと何だろうと襲い掛かってきます。

いくら自分が気を付けていても、起こる時は起こる。自分が悪くなくても、巻き込まれることはある。

これは、ウイルス感染症と同じです。

いくら気を付けていても、感染の可能性がある場所にいれば、被害を喰らいかねない。

被害を避けるには、「隔離措置」を講じる必要があります。

 

ネットにおける隔離措置とは、「そもそも、情報を載せない」ということに尽きます。

自己顕示欲を満たす為に、身の安全を犠牲にしてはいけない。

 

ネットは、誰が見ているか分からない場所。

ネットに載せた個人情報は、どうされるか分からないもの。

ちゃんと考えてから掲載しないと、どんな酷い目に遭うか分からない。用心しましょう。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍 書店リンク】

ソーシャルメディア炎上事件簿』

【Amazon】

【Yahoo! ショッピング】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

 

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】

【総合書店 honto】

【ひかりTVブック】