makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【映画の話】一応「フィクション作品」だが…政治的にはリアルかも?

本日は、とある映画をご紹介します。

タイトルは、アウトブレイクです。

(提供:Amazon)

 

アウトブレイク』は、1995年公開のアメリカ映画です。

ダスティン・ホフマン」「レネ・ルッソ」「モーガン・フリーマン」「ケヴィン・スペイシー」等、有名俳優がズラリと並んだ大作映画です。

 

アウトブレイク』の作品ジャンルは、「パニック・サスペンス」といったところ。

全くのフィクション作品なのですが、基本設定はそれなりにシッカリしています。その為、リアルな雰囲気が強い。

「謎解き要素」「犯人捜し」といったサスペンスタッチの部分も多く、ハラハラすること請け合いです。

 

----------------------------------

 

アウトブレイク』のテーマは、「未知の感染症アメリカに侵入したら、どんなパニックが起こるか」というもの。

そもそも、題名の『アウトブレイク』とは、医療分野で「感染症の集団発生」「感染症の爆発的発生」を意味する言葉です。そのタイトル通りの内容になっています。

 

----------------------------------

 

アウトブレイク』で語られる”未知の感染症”は、「モターバ熱」と呼ばれるウイルス性の伝染病です。

これは、恐らく「エボラ出血熱」をモデルにしたものです。

 

劇中に「ウイルスの電子顕微鏡写真」が出てくるのですが…。

そこに写った姿は、エボラウイルスそっくり。病気の症状も、エボラ出血熱そっくり。最初に発生した場所や名前の由来も、エボラ出血熱そっくり。

病気のネタ元はバレバレですが、『アウトブレイク』はフィクション作品です。誤解を招くとマズイので、さすがに本当の名前は使えなかったのでしょう。

 

この「モターバ熱」。かなり致死率の高い病気という設定です。劇中の描写では、恐らく致死率100%。

感染力も強く、瞬く間に町に広まって、パニックが発生します。

 

そのパニックを抑える為に軍隊が派遣され、アメリカ陸軍の感染症医学研究所が原因究明に奔走する…という話。それが『アウトブレイク』の本筋になります。

 

----------------------------------

 

アウトブレイク』の冒頭をザックリ説明すると、以下の様なものになります。

 

 

▼1960年代。アフリカ中央部・モターバ川流域にて、致死率の高い謎の伝染病が発生。

アメリカ陸軍の医者が調査するも、絶望的状況であると判断。アメリカ軍は、「滅菌作戦」を実施し、成功する。

 

▼時は流れ、1990年代。アフリカ・モターバ川流域にて、再び原因不明の出血熱が発生。

▼報告を受けたアメリカ陸軍は、感染症医学研究所に所属する「サム・ダニエルズ大佐」のチームを現地に派遣し、調査を開始する。

▼ダニエルズ大佐は、現地の惨状に驚く。が、現地の医師が既に感染ルートを特定しており、「爆発的拡大に至る前」であることに安堵した。

▼とりあえず、現地でのウイルス封じ込めに成功した…と判断するダニエルズ大佐。病気に関する各種データを手に、アメリカに帰国するのであった。

 

▼ダニエルズ大佐がアフリカから帰国した後。アメリカ国内で、原因不明の熱病が発生する。

▼熱病が発生した場所は、「シーダー・クリーク」という小さな田舎町。この町で、同じ症状で倒れる人が続発していた。

▼連絡を受けたアメリカ陸軍は、街を封鎖。現地に飛んだダニエルズ大佐のチームは、この病気がアフリカの「モターバ熱」ではないかと推察する。

 

▼病気に対抗しようと奔走するダニエルズ大佐。しかし、なぜか上司の反応が鈍い。どうも、何かを隠している様子だ。

▼疑惑を抱きながらも、事態解決に向けて動くダニエルズ大佐と部下達。しかし、感染の勢いは止まるどころか増すばかり。

 

▼ダニエルズ大佐は、「モターバ熱」を克服する手段を発見できるのか?

迫りくるタイムリミットを前に、ダニエルズ大佐が見せた行動とは…。

 

----------------------------------

 

先述の通り、『アウトブレイク』はフィクションであり、エンタメ作品です。

基礎設定はそれなりにリアルですが、面白さを追求する為に、ブッ飛んだ設定(科学考証ガン無視で描かれる場面)を入れてくるところはあります。ハリウッド映画あるある。

楽しむのはOKですが、鵜呑みはNGです。ご注意あれ。

 

 

ただ、「妙にリアルな部分」はあります。

それは、科学的な描写ではありません。政治的な描写です。

 

上記ストーリー紹介にて、「ダニエルズ大佐は頑張るのだが、上司の反応が鈍い」と述べました。この部分が、「妙にリアルな政治的描写」と言えますね。

詳しく書くとネタバレになってしまうので、ここには書きませんが…どこか「中国共産党政府に対する疑惑」と同じものを感じてしまいます。

 

ここ最近、「中国・武漢発の新型コロナウイルス肺炎」の話題が多い。

その肺炎騒動に関し、中国共産党政府の奇妙な言動が目につきます。

「本当のことを言っているの?」「何か隠しているんじゃないの?」という疑惑がやたら多い。

 

アウトブレイク』の作中でも、同じ類の疑惑がアチコチに描かれています。

さて、何を隠しているのやら…?

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓Shopリンク↓↓

アウトブレイク』映像ソフト

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【e-hon】

【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

【YAMADAモール】

【紀伊國屋書店】

【総合書店 honto】  

【タワーレコード】