makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】「読者はレベルアップした!」「読者は、作り手になった!」

2019年末、ちょっと気になる話が出ていました。

それは、DRAGON QUESTダイの大冒険が、再びアニメ化される…という話です。

www.toei-anim.co.jp(2020/2/11閲覧)

 

DRAGON QUESTダイの大冒険』(以下ダイの大冒険と表記)は、週刊少年ジャンプ誌上にて連載されていた人気作品です。

累計発行部数は、4700万部。

 

作品の題名からお分かりになるでしょうが…。

ダイの大冒険』は、超有名ゲーム『ドラゴンクエスト』の関連作品のひとつです。

話の内容は、本家ゲームとの直接的関係性はありません。が、武器・防具・道具・魔法・モンスター…等々、基本設定はほぼ同じ。

ドラゴンクエストの世界観で、少年漫画を描いた」という立ち位置の作品です。

 

ダイの大冒険』は、1989年(平成元年)に『デルパ!イルイル!』という読み切り作品として掲載されました。その後、間を置かず『ダイ爆発!』という続編読み切り作品が発表され、双方が大人気。その流れで本格的連載になったという、ちょっと変わった作品です。

 

普通、読み切りで人気を博しても、本格的連載に移行すれば「読み切りの設定をリセットして、連載用に作り直す」という話が多いもの。

しかし、『ダイの大冒険』は、最後まで読み切り時の設定を変えることなく、7年間もの長期連載を続けています。

しかも、読み切り時の設定が、後々「実はかなり重要な設定だった」となることが多い。それに当てはまらない作品です。

 

----------------------------------

 

ダイの大冒険』は、ジャンプコミックスで全37巻(文庫版で全22巻)という大作。

殆ど中だるみが無く、盛り上がるシーンが多い名作です。

(提供:honto)

(原作:三条陸/作画 :稲田浩司/監修:堀井雄二/集英社)

 

その人気から、1991年(平成3年)にテレビアニメ化されました。

しかし、ラスボス戦までは描かれることなく、vs竜騎将バラン(ジャンプコミックスで10巻近辺)のところでアニメが終了しています。

ジャンプコミックスは、全37巻。1991年のアニメで描かれなかった部分が、2020年の新作アニメでどうなるのか?  気になるところです。

 

----------------------------------

 

こういう「過去に人気を博した作品が、時を経て新作アニメに」といった話は、決して珍しいものではありません。

その際、筆者が期待するのは、「作り手のガチ具合」です。

と申しますのも、時を経てアニメ化される場合、「昔は子供で・読者世代ド真ん中だった人が、今では制作スタッフの重鎮になっている」という状況が多々存在するからです。

 

いちファンだった人が、制作スタッフにレベルアップする。

この時の興奮たるや…想像に難くありません。

 

----------------------------------

 

「作り手のガチ具合」に加えて、もうひとつ期待するのは「作画技術の向上具合」ですね。

 

前回アニメ化されたのは、約30年前のこと。

当時は、まだCG(コンピューターグラフィックス)が一般的ではありませんでした。その為、今ほど滑らか&派手な描画・エフェクトは無かった。

 2020年現在では、かつては不可能だった表現方法が可能になっています。どういう風に「主人公・ダイ」や「魔法使い・ポップ」の動きが描かれるのか、非常に楽しみですね。

 

ダイの大冒険』の劇中では、敵との激しいバトルが頻繁に描かれています。

ゲーム『ドラゴンクエスト』と同じく、物語後半になればなるほど、使用される武器の強さは上がり、魔法は派手になってきます。

それらを、どう描いてくれるのか?

 

 

公開予定は、2020年秋とのこと。

同時に、『ダイの大冒険』のゲームも開発するとの発表がありました。

続報が待たれるところです。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓書店リンク↓↓

DRAGON QUESTダイの大冒険

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】(試し読みアリ)

 

【7net ショッピング】

【Amebaマンガ】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】 (試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】

【ゲーマーズ】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】 (試し読みアリ)

【ひかりTVブック】 (試し読みアリ)

【漫画全巻ドットコム】