makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【弁当の話】末広がりの烏賊飯

駅弁。

えきべん。

主に「鉄道で旅をする人」をターゲットにして販売される、各種の弁当のことです。

 

駅弁は、特に昭和の時代に「旅の楽しみのひとつ」としてカウントされていたものです。

「各地の名産品や食文化」を詰め込んだ駅弁は、その土地を旅しなければ手に入らないものでした。

現在でも、旅の楽しみ&お供であることは変わりませんが、コンビニ弁当などの台頭により、昔ほどの勢いはありません。

 

しかし、現在の駅弁は、旅とは違った・別方面で大人気。

それは、「物産展」などの販売イベントです。

名物駅弁を集め、各地の量販店などで販売される光景は、最早御馴染み。筆者の住む関西地方でも、頻繁に行われています。

つい先日(2020/1/22~28)にも、阪神梅田本店で、駅弁販売イベントが開催されていました。

駅弁を中心に、各地の名物・300種類以上を販売したとのこと。

www.hanshin-dept.jp(2020/2/5閲覧)

 

------------------------------------------

 

有名な駅弁といえば…思い浮かぶ名前は、数多くあります。

群馬県峠の釜めし」、富山県ますのすし」、神奈川県「シウマイ弁当」…他にもいろいろ。

それら有名商品の中でも、バリエーションが多い品として筆者が推したいのは、北海道発祥の「いかめし(烏賊飯)」です。

(提供:Amazon)

 

いかめしは、「イカの胴身に、生のモチ米とウルチ米を詰め、醤油ベースの和風出汁で炊き上げる」という料理。

米だけではなく、人参やタケノコ、イカゲソを具として詰め込むこともアリ。

もっちりとした触感で、食べ応えのある料理です。

 

------------------------------------------

 

いかめしは、かなり古くから存在している郷土料理。

それを駅弁として商品化した元祖は、北海道・函館近くに居を構える「いかめし阿部商店」さん。

(提供:Amazon)

www.ekiben.or.jp(2020/2/5閲覧)

 

「阿部商店さんのいかめし」は、全国各地で行われる駅弁イベントの常連であり、売り上げ1位となることも多い重鎮。

記事冒頭で紹介した「阪神の有名駅弁とうまいもんまつり」にも出品・販売されていました。パンフレット1ページ目の真ん中に掲載される…という大物っぷり。

 

また、同時期に東京・新宿の京王百貨店で開催されたイベントでも、「阿部商店さんのいかめし」の姿が。

昨年のイベントでは、いかめしの売り上げがトップだったとのこと。今年の結果は?

www.keionet.com(2020/2/5閲覧)

 

------------------------------------------

 

いかめしの良いところは、「酒のツマミにもなる」という点だと筆者は考えます。

特にピッタリなのは、熱燗。

暖かいお酒を片手に、北海道の名物を頂きながら、自宅でゆっくり読書や映画鑑賞…というのも、なかなか贅沢な過ごし方。

 

特に今は、世間がいろいろと騒がしく、外出や旅行がやり難い状態です。自宅で静かに過ごす方も多いでしょう。(その理由は、言わずもがな。新型肺炎です)

 

遠くに旅行へ行かなくても、名物を肴に楽しいひと時。

それもまた、オツなものです。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

↓「いかめし」Shopリンク↓

【Amazon】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

 

【au Wowma!】

【YAMADAモール】

【三洋堂】