makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【ウルトラシリーズの話】ハードでディープな巨匠、逝く

先日、とある訃報が。

脚本家の「上原正三」氏が、お亡くなりになりました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

www.iza.ne.jp(2019/1/9)

 

この方は、特撮ファンの間では、特に有名な方です。

ウルトラシリーズ仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズ東映メタルヒーローシリーズ…等々、有名な特撮シリーズの多くに参加されています。

特撮だけではなく、アニメの脚本も書いていらっしゃいます。『宇宙海賊キャプテンハーロック』が有名ですね。他にも多数。

 

筆者も、この方のいちファンです。

子供向けの特撮番組に、大人が唸る深い話をブチ込んでくるという、何とも渋い方。

当記事では、上原氏の功績を讃える意味で、氏の担当された作品を二つ御紹介します。

 

--------------------------

 

先ずは、有名特撮ドラマウルトラセブンです。

(提供:ホビーサーチ)

 

ウルトラセブン』は、1967年の作品。「ウルトラシリーズ」の最初期作品であり、アダルト層を狙った渋い話が多い作品です。

その渋い話の中に、「第四惑星の悪夢」というエピソードがあります。この脚本担当者に、上原氏の名前が出ています。

 

「第四惑星の悪夢」は、「AIが人類を管理する世界」を描いたエピソードです。

AIとは、人工知能のこと。2020年現在でも、開発や利用が促進されている技術です。積極的に取り入れる企業や団体も多い。

その反面、「AIと人類の対立」というテーマで描かれるフィクション作品も多い。有名映画『ターミネーター』や『マトリックス』などがそうですね。

 

上原氏は、そのAIネタを53年前に脚本化し、映像作品として世に送り出しました。

いち早く特撮作品に仕立て上げた上原氏。さすがの一言です。

 

--------------------------

 

もう一つは、同じウルトラシリーズ帰ってきたウルトラマンです。

(提供:ホビーサーチ)

 

帰ってきたウルトラマン』は、1971年に放送された作品です。『ウルトラセブン』から4年後の作品ですね。

 

この作品に登場するウルトラマンは、「かなり気の毒なウルトラ超人」として知られています。

 

名前からして、すでに不憫。

最初は固有の名前が無し。初代ウルトラマンと別人なのに、「ウルトラマンのそっくりさん」的な扱いを受け続けた方です。

ウルトラマンジャック」という名前がつけられたのも、1971年の放送が終了して、かなり後になってからです。

 

変身方法も、なかなかに強烈。

人間からウルトラマンに変身する際、何かのアイテムを使うワケでもなく、「命の危険に遭遇すると変身できる」というキツイ設定でした。

その為、主人公は「身投げレベルの暴挙」を毎回やってました。

(さすがにマズイと思ったのか、後半は「変身したい」と思えばできるように修正されていましたが…)

 

 

この様に、設定からクセのある『帰ってきたウルトラマン』ですが、その中でも特に渋くて深いテーマのエピソードとして、有名なものがあります。

そのタイトルは、怪獣使いと少年です。

このエピソード、ウルトラ史上に残る傑作として有名。その脚本を担当されていたのが、上原氏です。

 

この話では、宇宙人「メイツ星人」と、怪獣「ムルチ」が登場するのですが…。

彼らよりも、「人間の差別意識という内なる敵と戦う話になっています。

また、ウルトラマン「俺、何の為に戦っているんだろう?」という疑問を持つという、かなり強烈なエピソードです。

(提供:ホビーサーチ)

 (上画像:ムルチ)

 

怪獣使いと少年」の内容をザックリ述べれば、以下の様なものになります。

 

 

▼善良な宇宙人であるメイツ星人は、調査の為に地球へとやって来た。侵略の意図はない。

▼メイツ星人が地球に来た時、全くの偶然で、怪獣ムルチに遭遇。メイツ星人の超能力でムルチは封印され、被害は出なかった。

▼その後、メイツ星人は「公害による大気汚染」にやられて、瀕死になってしまう。外見が醜悪になり、満足に動くこともできず、ただただ弱る一方に。

▼そんなメイツ星人の姿を見て、地域住民(地球人)は酷く警戒。見た目だけで「こいつは悪人だ!」と決め付け、迫害を始める。

▼裏の事情を知っている主人公・郷秀樹(ウルトラマン)は、地域住民の暴徒化を鎮めようと奔走するが、住民のヒステリーは止まらない。ついにメイツ星人は追いつめられ…。

 

 

帰ってきたウルトラマン』には、「ハードな話」「闇要素満載エピソード」が多いのですが、その中でも「怪獣使いと少年」は一際異彩を放っています。

社会派ドキュメンタリーと言っても過言ではない仕上がり。

 

--------------------

 

この様な「硬派な話」「深い話」を多数執筆されてきたのが、上原氏です。

放送終了後、50年経過しても語り継がれる作品を書いた氏は、凄い方。改めてそう考えます。

f:id:tenamaka26:20200110065220p:plain(イメージ画像 https://illustrain.com/?p=9672

 

上原先生、多くの素晴らしい話を作って頂き、ありがとうございました。

ごゆっくりお休みくださいませ。

 

 

----------(記事了)----------

 

 

↓↓↓Shopリンク↓↓↓

帰ってきたウルトラマン Blu-ray BOX』

【Amazon】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天books】

 

【au Wowma!】

【e-hon】

【Neowing】

【紀伊國屋書店】

【総合書店 honto】

【タワーレコード】