makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【記者会見の話】「聞きたいのはそこじゃない!」という、ゴーン被告の会見(※1/9追記アリ)

年末年始を騒がせた、カルロス・ゴーン被告の逃亡事件。

その続報が入ってきました。

 

2020年1月8日、日本時間の午後10時ごろ。

中東・レバノンに逃亡したゴーン被告が、初めて公の場に姿を現しました。そして、各国の記者を前に、自分の言葉で演説を始めたのです。

演説の内容は、大きく分けて「自身の潔白を主張」と「日本司法への批判」の二つ。

www.afpbb.com(2020/1/8)

 

この会見に対し、日本側も即時の対応を見せます。

ゴーン被告の会見が終わってすぐに、法務省トップの森法相が会見を開きました。真夜中に、法務省絡みの会見が開催されるのは異例のこと。

 

森法相の主張は、シンプルです。

「日本の法律で容疑をかけられたのであるから、日本の裁判で白黒つければいい」

www.afpbb.com(2020/1/5)

 

完全に「法務省サイドvsゴーン被告サイドの情報戦」となっています。

今のところ、レバノンにいるゴーン被告を拘束できない状況である為、情報戦が続くことになるでしょう。

 

------------------------------------------

 

筆者は、AbemaTVの中継を見ていました。

ゴーン被告が、「いろいろ暴露する」と予告していたこともあり、新情報を期待していたのですが…。

正直言って、期待外れの会見。

 

ゴーン被告は、自分の潔白を熱く主張していましたが、その裏付けとなる情報や証拠の提示が無く、「でっちあげ」「嘘」の連発で終わり。

デタラメに関与した者の名を出す!…と息巻いていたわりに、出てきた名前は「ゴーン被告逮捕の後に、代表に就任した西川氏」など、既に日本で報道されている面々ばかり。

日本政府にも関与者がいる!…としていましたが、「レバノン政府に気を遣って、ここでは言わない」というオチ。

かけられた容疑「報酬を低く記載したこと」「個人的な投資の損失を日産に押し付けたこと」などに関する、具体的かつ詳細な反論も出ず。

 

とりあえず分かったのは、「ゴーン被告はレバノンにいて、大勢の前で演説できる体力がある」ということくらいです。

 

------------------------------------------

 

最も期待外れだったのは、「逃亡の具体的経緯や方法を、ほとんど言わなかったこと」です。

www.nikkei.com(2020/1/8)

 

正確に言えば、「言わなかったのではなく、言えなかった」ですね。その理由は、「逃亡だけを見れば、明らかな犯罪行為であるから」でしょう。

自分の正当性を訴える場において、犯罪者の側面を見せるのは都合が悪い。その為、触れるのは必要最小限にした。

 

逃亡に関しては、元グリーンベレーの人間が関与しているとも報じられていますし、脅迫や強要もあったというニュースが報じられています。トルコでは、逮捕者も出ています。

www.sankei.com(2020/1/5)

www.jiji.com(2020/1/4)

 

逃亡の話をすれば、説明に窮するのは目に見えています。「自分が逃げる為に、他人を脅したのか?」との質問が記者から飛んでくれば、ゴーン被告は「自分は潔白だ」とは言えない。

加えて、「逮捕された連中は嘘つきだ」とか「逮捕したトルコは無法者だ」とでも言えば、更に敵を増やします。

その為、逃亡については曖昧な話で止めておくか、それとも触れないかの対応をしなければならない。何とも苦しい話題です。

 

 

この様な流れで、ゴーン被告の会見は「イマイチ不発」で終わった感があります。

新たな証拠も出ず・明らかな犯罪行為にも詳しく触れず、何とも消化不良に終わりました。

次の会見がどうなるか、そもそも開かれるのかどうか、その辺りの話は出てきていない模様ですが、今回の会見だけでは甚だ不十分。次の動きがあるでしょう。

 

------------------------------------------

 

最後に。

 

ゴーン被告に対する包囲網は、日本から張られたものだけではありません。

逃亡先のレバノンからも、別方面で追いつめられそうな流れがあります。

それは、レバノンの法律で規定されたイスラエル入国罪」です。

www.yomiuri.co.jp(2020/1/4)

 

レバノンの法律では、「敵対するイスラエルに入国すれば罪になる」という規定があります。

ゴーン被告は、2008年にイスラエル国内で開かれたイベントに参加したことがあり、証拠映像がハッキリ残っています。

この件でレバノン当局から訴追され、もし有罪になれば、最長15年の禁錮が課される可能性もあり。

 

レバノンは、日本以上に腐敗や経済危機が進み、破壊活動を伴う大規模デモが起こる国です。

特権階級の見本の様なゴーン被告が、イスラエル入国罪をウヤムヤにしたとなれば、どうなることか?

何も起きない…ということにはならないでしょう。

www.bloomberg.co.jp(2020/1/2)

 

後日、「日本で裁判を続けていたほうがマシだった」というオチもあり得る。

まだまだ先は分かりませんね。

 

「日本の司法批判どころではない」という状況にならなければいいのですが。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍 書店リンク】

『カリスマ失墜 ゴーン帝国の20年』

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【Neowing】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】

 

 

------------------------------------------

 

(2019/1/9 19:00 追記)

昨夜、法務省トップの森法相が会見を開きました。

その会見の中で、「無罪を証明すべき」との発言があり、法曹界を始め各方面で問題視されました。

www.bengo4.com(2020/1/9)

www.bengo4.com(2020/1/9)

 

本来、裁判の場では「検察官が、起訴内容を証明する」という作業が行われるもの。

原則として、被告サイドは「検察官の主張に嘘や矛盾がないか」を言うだけで足り、自らの無罪を証明する作業を強いられるものではありません。

(まぁ、実際は被告側にも「検証や証拠集めの手間」が発生するので、検察官の主張に反応するだけでは足りないんですが…)

 

その点をツッ込まれると、森法相は「”証明”と”主張”を言い間違えた」として謝罪。

会見のコメントを文章化して記者に配布していたのですが、その文章には「主張」と書いてあったそうで。

森法相は、頭に血が上っていたのでしょうか。

 

 

ただ、本文内でも述べましたが、現在の状況は法務省サイドvsゴーン被告サイドの情報戦」になっています。

情報戦では、言い間違いを外部から指摘されて直すというのも、マイナスポイントとして数えられてしまう。

今回は、早めに謝罪・訂正したからまだマシですが、この発言をゴーン被告側が拾い、攻撃材料として使ってくる可能性があります。

 

情報戦とは、「雑誌やネットでの意見主張」ではなく、「言論闘争」のレベル。

油断は命取りです。