makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【謹賀新年】2020年開催予定の、大イベントの数々1(上半期)

f:id:tenamaka26:20191230224335p:plain

(イメージ画像 https://illustrain.com/?p=30644

 

明けましておめでとうございます。

本年も、当ブログを宜しくお願い致します。

 

------------------------------------------

 

年初ということで、本日は「前を向いた記事」を掲載致します。

テーマは、「今年・2020年に開催予定となっている、各種ビッグイベント」について。

 

一年の計は元旦にあり。

早い段階で行動計画を立て、エネルギッシュに動くというのは、とても素晴らしいことです。

 

計画を立てる際には、各種の情報が必要。

その情報の一種として、「各種ビッグイベントが、いつ・どこで予定されているのか」を、筆者の独断と偏見でピックアップしました。

当記事を参考にして頂き、正月休みに家でノンビリしながら、情報収集計画・行動計画を考えてみる…というのも、なかなかにオツなものです。

 

本記事では、2020年1月~6月までの上半期のイベントについて見ていきます。

紹介するネタは、全部で7項目です。

 

------------------------------------------

 

〈1月14日〉

Windows7」の、無償サポートが終了。

 

パソコンの基本ソフトである「Windows7」。この無償サポートがストップします。

サポートとは、「新たな不具合が発見されたら、修正の為の処置をマイクロソフトが提供すること」です。

 

この話、スマホしか使っていない方には無関係な話でしょうが、パソコンを使っている人には大問題です。

マイクロソフトからのサポートが切れると、セキュリティ関係に多大な不安が生じます。新種のマルウェア(ウィルスなど、悪さをするプログラム)が出てきても、誰も何もしてくれません。

これは、企業にとっては死活問題。万が一、自社のパソコンが感染した場合、取引先にまで迷惑をかける事態になることも。

 

対処法は、新OSの「Windows10」に変えるか、別料金を払って「Windows7の有償サポート」を選ぶか…ですね。

ネットから完全に遮断した状態(スタンドアローン)でも何とかなります。が、今の時代、ネットに繋いでいないパソコンは仕事の幅が異様に狭くなります。現実的な方法ではありませんし、USBメモリから感染ということもなくはない。

大半の方は対策済みでしょうが、まだの方は急ぎで動く必要がありますね。

pc.watch.impress.co.jp(2019/10/2)

 

------------------------------------------


〈1月19日〉

明智光秀が主役の大河ドラマ麒麟(きりん)がくる」放送開始。

 

昨年は、いろいろと騒動があったNHK大河ドラマ

題材が「時代劇ではなく、近~現代劇」という異質さもそうでしたが、出演者の不祥事などもあり、ゴタゴタが続きました。

 

本年の主人公は、戦国時代の有名武将である「明智光秀」です。人気が出そうな感じ。

出演者のゴタゴタは、昨年の「沢尻騒動」で収まって欲しいところでしょう。

www.nhk.or.jp(2020/1/1閲覧)

 

------------------------------------------

 

〈1月31日〉

イギリスが、EU(欧州連合)離脱。

 

昨年末、イギリスで選挙があり、主要議題であった「EU離脱の是非」を認める選挙結果が出ました。

その流れのまま、2020年にはEU離脱を実行する予定です。

 

しかし、離脱する側のイギリスが「ウチらはEU抜けるから」と言って終わりではありません。

1月末の離脱後、EUとイギリスとの間に新たなFTA自由貿易協定)を結ぶ為、約1年間かけて協議する必要があります。

 

協議の結果、イギリスが得をする協定が結ばれるのか?、それとも損する協定が結ばれるのか?

…それは、今後の外交交渉にかかっています。

www3.nhk.or.jp(2020/1/1閲覧)

 

------------------------------------------


〈3月26日~〉

東京オリンピック聖火リレーがスタート。

 

2020年の最大級の目玉イベントである「東京オリンピック」ですが…。

その前段階と言うべき「日本各地を回る聖火リレー」が、3月26日からスタートします。

 

聖火は、47都道府県を全て回り、最終目的地である東京を目指します。

ゴールの予定日時は、2020年7月24日。

 

聖火リレーが観覧できる場所と日時は、以下のサイトにてご確認ください。

交通規制その他の事情がある為、リレーが行われる地域が限定されています。

tokyo2020.org(2020/1/1閲覧)

 

------------------------------------------


〈4月24日〉

京アニ制作の劇場アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が公開。

 

昨年、大事件に巻き込まれたアニメ制作会社「京都アニメーション京アニ)」さん。

未だに完全解決したとは言えず、大変な思いをされている関係者の方も多いでしょう。

 

そんな中、朗報が。

事件の影響で、公開延期となっていた劇場アニメヴァイオレット・エヴァーガーデンが、4月24日に公開されることになりました。

www.violet-evergarden.jp(2020/1/1閲覧)

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、とある少女の目を通して語られる、感動の群像劇です。

ほんの少しだけ、内容を説明すると…

 

 

▼物語の舞台は、つい何年か前まで大戦争の最中にあった、架空の大陸。

▼主人公は、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という名の少女。彼女は、元兵士である。

▼ヴァイオレットは、戦場では大きな成果を出していた。命令を忠実に実行し、感情の起伏に乏しく、戦闘能力が極めて高かった。その為、周囲からは「兵士ではなく、ただの武器」とか「心を持たない道具」と呼ばれていた。

 

▼戦場で活躍したヴァイオレットだが、戦闘で大怪我をして、両腕を義手に交換する羽目になる。

▼戦争終了後、世界は平和に向かって歩み始めた。兵士ではなくなったヴァイオレットは、かつて世話になった上官の伝手で、とある郵便社に勤務することになった。

▼戦場で戦うことしか知らないヴァイオレット。とりあえず、掃除や何やらの雑用から始めることになった。が、ある日「自動手記人形(通称:ドール)」という職種に出会う。

▼ドールは、タイプライターを使って手紙を代筆する仕事。しかし、ただ代筆・清書するだけではない。依頼者の意向や心情を考え、上手な表現を引き出し、手紙を出す者と受け取る者との繋がりを良好にする仕事である。

いわば、「メッセージを使った、コミュニケーションアドバイザー」といったところ。

(提供:YAMADAモール)

 

▼ドールの仕事に興味を持ったヴァイオレット。義手でありながら、そのタイピングは正確かつ高速。彼女の持つ「ドールとしての作業能力」は、見習のレベルを超えていた。

▼しかし、ヴァイオレットには致命的な欠点があった。それは「感情の起伏に乏しい為、他人の感情を読み取ることが下手」という点。

ドールは、依頼者の心情を読み取り、その想いを含めた代筆を求められる職種である。機械の様にタイピングするだけでは駄目なのだ。ヴァイオレットの代筆は「感情の無い報告書」の様なものであり、人の心を伝える「手紙」ではなかった。

この欠点が元となり、ヴァイオレットは様々なトラブルを起こしてしまう。

 

▼人の感情とは何か。想いとは何か。愛とは何か。ドールの仕事を通して、考え続けるヴァイオレット。彼女の努力が実り、少しずつドールとしての成長を遂げていくのだが…。

 

 

…こんな感じです。

ハッキリ言って、かなり泣ける感動アニメ。

興味のある方は、是非ご覧ください。

 

------------------------------------------

 

〈6月27日〉

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開。

 

超有名アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』。

1995年から1997年にかけて、テレビや映画で大ヒットした作品です。ご存じの方も多いハズ。

(提供:YAMADAモール)

 

その新シリーズである「新劇場版」の最新作、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、6月27日に公開されます。

www.evangelion.co.jp(2020/1/1閲覧)

 

第1作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、2007年公開。

第2作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が、2009年公開。

第3作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が、2012年公開。

そして、第4作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、2020年6月27日公開。

 

第3作と第4作の間が、相当に空いています。ファンの方は、首を長くして待っていたことでしょう。

大人気作品であるだけに、盛り上がりが予想されます。

 

------------------------------------------

 

〈6月30日〉

キャッシュレス決済のポイント還元事業が終了。

 

2019年10月の消費増税と同時に始動した、「キャッシュレスポイント還元制度」。

増税による消費の冷え込みを緩和する為、特定の支払い方法で買い物をすれば、ポイント還元が受けられるという制度です。

 

「特定の支払い方法」とは、「電子マネー」「クレジットカード」「QRコード決済」など、現金以外での電子決済のこと。

支払いが素早く終わり、釣り銭で財布がパンパンになることもなく、しかもポイント還元で安く買い物ができる。こういった理由で、キャッシュレスをよく使う方も多いでしょう。

 

が、この制度、当初から期限が決まっていました。その期限が、2020年6月30日。これ以降は、同制度のポイント還元がありません。

キャッシュレス決済を多用される方は、注意が必要です。

(参考:消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業

 

ただ、新事業として「マイナンバーカード・ポイント還元事業」の話が出ています。上記キャッシュレスポイント還元の代わりになるかも?

 

------------------------------------------

 

以上、筆者の独断と偏見で選んだ、上半期に予定されている7つのイベント。

読者様の興味を引くものがありましたでしょうか?

 

筆者としては、エヴァンゲリオンの話も捨てがたいのですが、やはり『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が気になります。

京アニさんの力作であり、内容も秀逸。大いに期待しています。

 

 

 

では、本記事はここまで。

次回記事では、2020年・下半期の話を述べていきます。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【関連書籍 書店リンク】

『徹底予測2020』

【Amazon】

【Amazon Kindle】(試し読みアリ)

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】(試し読みアリ)

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【Neowing】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】