makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【害獣駆除の話】麻酔銃が使いにくい理由アレコレ

先日、「害獣駆除の裏側」というテーマで、記事を書かせて頂きました。

tenamaka26.hatenablog.com

 

「害獣」と一口に言っても、シカやらイノシシやら、様々な種類が存在しますが…

上記記事は「熊の駆除」に関する話。

 

たまに全国ネットの番組で、「人里に熊が出現し、人に危害を加えそうなので、猟師(ハンター)によって駆除された」というニュースが流れます。

ここで言う「駆除」とは、主に「猟銃での射殺」のこと。

 

人里に熊が現れた場合、先ずは警察が対処に当たりますが、警察の装備では、熊に対処不能。狩猟に慣れたハンターの方々に声がかかります。

しかし、いくらプロのハンターといっても生身の人間であり、相手は日本最強の猛獣。かなり危険な作業になります。負傷する可能性もありますし、酷い場合は熊に殺されるかもしれない。

加えて、人里で駆除作業を行うということは、一歩間違えば「ハンターの手で、人間に怪我をさせてしまう」という危険もある。

ハンターの方々は、常に緊張状態で、熊の駆除にあたっていらっしゃいます。

 

時間をかけ、周囲の安全に気を配り、やっと熊を駆除しても、ハンターが得る報酬は数千円~数万円程度のもの。命がけの仕事には見合わない額です

それだけならまだしも、地元民ではない・ニュースを見ただけの人から「殺す必要があるのか」「山に帰せばいいじゃないか」という抗議が殺到。

地域住民の安全を考え、やむを得ず駆除したのに、抗議を受ける猟師。これでは嫌になるのも当然です。

 

 

ハンターの方々は、人的被害を食い止める為、依頼されて活動しているのです。

その辺りを、もっと知って欲しいところ。

 

----------------------------------

 

こういう「熊の駆除」の話になった時、必ず出てくるのは「麻酔銃」の話。

「殺さずとも、麻酔で熊を眠らせ、山に放せばいいじゃない」と抗議する人は多い。

 

ただ、麻酔銃を上手に使っても、効くまでに時間がかかります。フィクションでよく見る「針を刺された途端、すぐに昏睡」ということはありません。

熊相手の場合、麻酔銃をキッチリ命中させても、5~10分は興奮状態で走り回り、かえって危険。余計な被害を増やすことになりかねない。

 

よほど好条件が揃わない限り、麻酔銃より猟銃の方が安全で確実。被害を出さない為には、最も無難な選択です。

 

----------------------------------

 

では、「麻酔銃を使える様な、よほどの好条件が揃った時」とは、どんな状況なのでしょうか?

 

これは、「麻酔銃を命中させ、5~10分間は狂暴になっても、人間に危険が及ばない」と判断できた時です。

典型例は「動物園のケージの中」ですね。

猛獣の健康診断を行う時に、対象を麻酔銃で眠らせる光景を見ます。銃ではなく、吹き矢で麻酔する場合も多い。

仮に、5~10分間は狂暴になっても、猛獣は鉄格子の中です。人間に危害が及ぶ可能性は低い。

 

「人里に熊が出現」という場合、動物園と同じ鉄格子はありません。麻酔銃を撃たれた熊が暴れたら、怪我人を出す可能性があります。その為、麻酔銃が使いにくい。使えるケースの方が少ないと思った方がいい。

 

その希少ケースが発生したのは、近しいところで今年の12月。

場所は三重県です。

三重県紀北町の長島港で8日、ツキノワグマ1頭が消波ブロックの間に挟まり、身動きがとれなくなっているのが見つかった。

町は9日に狩猟免許を持つ獣医師を神戸市から呼び、麻酔銃で眠らせて捕獲。個体識別のためのICチップを付け、同日午後5時ごろに人家から約3キロ離れた同町相賀の町有林に放した。

 

県尾鷲農林水産事務所によると、クマは体長1・2メートル、体重35キロの雄の成獣。

獣医師は午後2時半ごろ、消波ブロックの約5メートル上方にある遊歩道から麻酔銃1発を撃ち、クマの尻に命中させた。

眠ったのを確認し、ロープで手足を縛り、担架に乗せて引き上げ、おりに入れた。

 

獣医師によると、クマは痩せており、えさを求めて近くの山から下りてきたと考えられる。

町によると、8日午後4時ごろ、付近の住民から「長島港の海岸付近にクマがいる」と町に通報があった。

同日夕に町や県の職員らが現場に到着した時には、既に消波ブロックに挟まっていた

(2019/12/9 https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019120990223501.htmlより)

 

上記ニュースでは、

「熊の発見時、既にブロックに挟まって動けなくなっていた」

「初めから動けない状態なので、麻酔銃を撃たれても、走り回る危険性が少ない」

と判断された為、麻酔銃で捕獲となった…とのこと。

 

このケースの様な状況は、かなりの珍例。

熊が出てきた時、いつも何かに挟まって動けなくなっているのであれば、ガンガン麻酔銃を使うのかもしれませんが…。

実際は違いますね。それ故、麻酔銃は使いにくい。

 

----------------------------------

 

更に言えば、「麻酔銃を撃てる人が、滅多にいない」という点もあります。

麻酔銃は、「ハンターなら、誰でも扱える」というものではないのです。ちゃんとした資格を持たないままで使うと、違法。最悪の場合は、警察沙汰になるかも。

 

その話に触れた漫画があります。タイトルは百姓貴族

鋼の錬金術師』で御馴染み、漫画家の「荒川弘」先生が描いた、農業エッセイ漫画です。

 

荒川先生は、実家が北海道の農家。

北海道といえば、日本最強の猛獣「ヒグマ」がいる地域。

その為、熊に関する話は、かなり身近なものだった…とのこと。

(提供:Amazon)

(著:荒川弘新書館)

 

この『百姓貴族』の5巻に、

「麻酔銃で熊を眠らせるというのは、やや非現実的」

「射殺した方が、リスクは低い」

との記述があります。

その理由は、「麻酔銃を撃つには、銃の免許だけではなく、麻薬取り扱いの許可も必要だから」

 

麻酔薬は、法的には「麻薬」です。特別な許可を受けた者でないと、扱えません。

許可を受けることが可能な者の代表例は、「医師」や「麻薬研究者」など。その中に「獣医」さんも含まれます。

その為、熊に麻酔銃を撃つのは、獣医さんの役目になる。

 

しかし、獣医師免許を持っていても、猟銃免許はまた別。

「ハンター・兼・獣医師」というダブル免許を持っていないと、麻酔銃が撃てないのです。

この「ハンター兼獣医師」ってのが、かなりのレアキャラ。手配するには時間がかかります。

住民に危険が迫っている時は、射殺した方が早期に解決できます。被害発生のリスクが少ない。

 

なお、先ほど引用した三重県のニュースでは、「神戸から獣医を呼んで、麻酔銃を撃ってもらった」とあります。

三重県紀北町の長島港で8日、ツキノワグマ1頭が消波ブロックの間に挟まり、身動きがとれなくなっているのが見つかった。

 

町は9日に狩猟免許を持つ獣医師を神戸市から呼び、麻酔銃で眠らせて捕獲。個体識別のためのICチップを付け、同日午後5時ごろに人家から約3キロ離れた同町相賀の町有林に放した。

https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019120990223501.html

 

身動きの取れない熊が発見されたのは、2019年12月8日。

麻酔銃の準備ができたのは、翌日の2019年12月9日。かなり時間がかかります。

「今、熊がウロウロしていて、いつ犠牲者が出るか分からない」という状況では、ここまで時間をかけられません。

これも、麻酔銃が使いにくい理由のひとつです。

 

----------------------------------

 

「麻酔銃で熊を眠らせて、山に返す」というのは、愛護精神ある行為なのかもしれません。

しかし、相手は野生の猛獣。人間の愛護精神が通用しないと思った方がいい。

熊にとっては、人間は怖い生き物。しかし、「人間は、弱いから簡単に狩れる」と獲物認定されたら、絶好のエサとみなされます。

そうなる前に、対処しなければならない。

 

駆除する方も、命がけ。

給料は低く、半ばボランティア。

人里は「誤射したら責任を問われやすい地域」です。プレッシャーも大きい。

それでもハンターさんが頑張って駆除に挑むのは、地域住民の安全を考えているからです。

 

「その地域の人が、熊に襲われても知ったことじゃない。自分の身が大事」という考えのハンターさんは、駆除に消極的でしょう。

そうは思わないハンターさんが、体を張ってくださっています。

 

「熊を殺すな!」と抗議する方に対しては、当記事で紹介した事情を考慮に入れ、もう一度抗議の是非を見つめなおして貰えたら…と考えます。

抗議の前に、先ずは裏事情を知り、当事者の考えを知ることは重要。

熊駆除の話に限らず、どんな話でも同じですね。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓書店リンク↓↓

百姓貴族 

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】(試し読みアリ)

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【Amebaマンガ】(試し読みアリ)

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】(試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】

【ゲーマーズ】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】 (試し読みアリ)

【タワーレコード】

【ひかりTVブック】  

【漫画全巻ドットコム】