makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【2019年を振り返る 5】炎上ハンターの、その後

年末恒例、「今年を振り返る」というテーマで綴る記事の、第5弾です。

今回は、「炎上したけれど、その後の様子に興味を持つ人が少ない」といった、忘却鎮火事例について触れていきます。

 

------------------------------

 

2019年の3月。

とある地方議員さんが、炎上騒ぎの渦中にいました。

その方の名は、福井県高浜町議会の「児玉千明」議員です。

www.fukuishimbun.co.jp(2019/3/14)

 

福井県高浜町は、福井県の西端。日本海と山に囲まれた地域で、2019年2月末時点での人口は、約1万人。

関西電力原子力発電所がある事で知られた町です。

 

この高浜町で、町議をやっていらっしゃる児玉議員は、議員としての顔の他に、美容師としての顔もお持ちの方。

更に言えば、狩猟免許をお持ちのハンターさんでもあります。

 

abematimes.com2017/5/10

 

福井県高浜町は、自然が豊か。都会に比べれば野生生物が多く、ハンターとして活躍できる場面がある地域です。

児玉議員は、鹿や熊などを狩り、解体・精肉までを行い、「ジビエ」に深く関わる議員さん。全国的に見ても、なかなか個性的な方ですね。

 

------------------------------

 

この児玉議員ですが、冒頭でも申した通り、「ネットで炎上した」という方。

その原因は、彼女のスキルである「狩猟」にありました。

f:id:tenamaka26:20191221172621j:plain

(「狩猟」イメージ画像 http://mousai.pics/pics/9725/

 

児玉議員は、ハントした獲物と一緒に記念撮影をしたり、獲物の解体過程などを撮影してネットにアップしていましたが…。

その画像を見たユーザーから抗議が出て、そこが導火線になって炎上騒ぎに発展しました。

どこに抗議が出たか?…といえば、ハンティングそのものではなく、「皮を剥いだ獲物の横に、変顔した児玉議員が写った画像があった」という点。

 

ハンティングは、野生生物の命を奪う行為です。それは間違いない。

しかし、害獣駆除や人的被害防止という重要な役割も担っています。決しておかしなものではありません。

また、児玉議員は正規の手続きを経て、合法的に狩猟をしていたとのこと。違法ではありません。

しかし、わざわざ「ウケ狙いの変顔」で記念撮影していたことが、叩かれるネタになってしまいました。

ここがネットの怖いところです。

 

 

なお、最も大きな声をあげたのは、タレント「杉本彩」氏が代表を務める、動物愛護団体です。

児玉議員の辞職要求要望書を、高浜町議会に提出したと発表していました。

www.tokyo-sports.co.jp(2019/3/14)

 

------------------------------

 

この騒ぎが起こったのは、2019年の3月ごろ。

それから、9ヶ月ほどの期間が経過しましたが…今、児玉議員はどうされているのでしょうか?

 

実は、騒動発生から間もない2019年4月に、高浜町では町議員選挙が行われました。

任期満了に伴う選挙で、いわゆる「統一地方選」の一環です。

児玉議員にも、有権者の審判が下ったワケです。

その結果は…

 

児玉議員は当選。

現在、二期目の町議として活動されています。

www.fukuishimbun.co.jp(2019/4/22)

 

当時はまだネット炎上から間もない時で、出馬の是非から考えたそうですが、悩んだ末に出馬し、当選したとのこと。

当選者が14人で、児玉議員は11位当選。

(参考:https://go2senkyo.com/local/senkyo/18934

 

当選の挨拶で、「いろんな人に迷惑をかけたが、二期目を頂いたので、頑張りたい」とコメント。

炎上については、忘れていなかった模様ですね。

 

------------------------------

 

まあ、そもそも児玉議員の炎上は「変顔していた」という点が火元であり、違法行為が原因で炎上という話でもなかったワケです。

誰が見ているか分からないネット空間に、地方議員という公的立場を持ちながら、見る人が見れば怒る様な画像を投稿したのが悪かった。

ネットリテラシーの問題です。

 

その後、ヘタな言い訳・逆切れ・揉み消しを図ったという話もなく、謝罪して再発防止に動いたのが良かったのでしょう。

ただ、また似た様な話が出てきた場合、次は大炎上で済まない可能性が高い。児玉議員には、注意して頂きたいですね。

 

 

他方、抗議声明を出した動物愛護団体や、炎上に乗っかって騒いだ他ネットユーザーさん達の動向は、まあ静かなものです。

杉本彩 児玉千明」で検索しても、2019年3月近辺の話しか出てきません。

炎上発生当時、これでもかとバッシングしていた方々は、何をもってバッシングを止めたのでしょうか?

謎ですね。

 

------------------------------

 

ちなみに、児玉議員の最近の活動について、ちょっと興味深い話があります。

それは、関西電力高浜町の癒着構造について、議会で発言した」というもの。

www.fukuishimbun.co.jp(2019/4/22)

 

関西電力の役員や、福井県の職員達が、福井県高浜町の元助役・森山栄治氏から裏金を貰っていた」という話。

全国ニュースでも、かなり詳しく取り上げられている問題です。

 

この問題に関し、児玉議員が「元助役と町の関連を調査する、監査請求動議」を提出しましたが、結果は否決。

若くてシガラミのない立場だからこそ、提出できたのでしょう。

この否決ニュース。関西ローカルでは、チョコッとだけ流れていましたが…。

もし可決されていたとすれば、全国ニュースで児玉議員の名前が流れていたかも知れません。

 

町議会が、町役場の仕事を調査しても、何ら問題ないハズなのですが?

否決に回った議員さんの、詳しい反対理由が気になるところです。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

【「狩猟」関連作品 書店リンク】

山賊ダイアリー』シリーズ

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【Amebaマンガ】(試し読みアリ)

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】  

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】(試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】

【ゲーマーズ】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】 (試し読みアリ)

【ひかりTVブック】

【漫画全巻ドットコム】