makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【フェイスブックの不祥事話】FBが、2億6700万人以上のユーザー情報を漏洩…

Facebookフェイスブック)。

言わずと知れた、世界最大級のSNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。

基本的に実名制であり、それ故に「仮想ではなく、本当の人間関係が構築できる」として人気があります。

 

また、フェイスブックは画像SNSの「Instagram(インスタグラム)」を傘下に持つサービスでもあります。

何かしらの形で、フェイスブック関連サービスを利用するユーザーは、全世界に数億人はいるでしょう。

閲覧者を含めれば、更に倍々ゲーム状態。

 

------------------------------------------

 

しかし、ここまで巨大なSNSになると、不祥事も巨大。

フェイスブックは、度々事件を起こしています。

先のアメリカ大統領選挙では、「嘘ニュース(フェイクニュース)を流し、公正な選挙を妨害した」として糾弾されたこともあります。

 

そして、その手の嫌な話がまたひとつ。

今回は、「ユーザー情報を、2億6700万人分以上、外部に流出させていた」という話。

www.afpbb.com(2019/12/20)

フェイスブックFacebook)は19日、2億6700万人以上のフェイスブックユーザーの名前や電話番号を含んだデータベースがオンライン上に公開されていたとの報告を受け、調査を開始したと明らかにした。

 

IT情報サイト「コンパリテック(Comparitech)」によると、問題のデータベースは先週、犯罪組織のものとみられるオンライン上のハッカーフォーラムでダウンロードできるようになった。


フェイスブックは「この問題について調査を行っている」とした一方、流出した情報について、個人情報保護強化のための対策が取られたここ数年以前に入手された可能性が高いとの見解を示した。

 

コンパリテックによると、データベースはユーザーの名前やID、電話番号を含んでおり、誰もがアクセス可能な状態だったが、19日までにアクセスできない状態になったという。

 (https://www.afpbb.com/articles/-/3260477より。改行・強調等は筆者によるもの)

 

フェイスブックの運営は、「情報流出については現在調査中だが、恐らくセキュリティ強化前・古い時期の情報である」との見解。

まだ調査が完了していないのに「古い情報」と言える辺り、怪しさが見え隠れしますが…。

 

------------------------------------------

 

フェイスブックの嫌な話は、特に最近ワッと湧いた感があります。

先述の「大量の情報が流出」という話の他にも、

 

◆各ユーザーのパスワードを、暗号化せずに平文で保存していた。

◆情報入りハードディスクを車に積み、車上荒らしに盗まれた。(情報入りハードディスクの社外持ち出しは、禁止行為である)

◆位置情報を「フェイスブックに提供しない」という設定にしても、実はユーザーから見えないところで、フェイスブックに提供されていた。

 

等、いろいろ穴だらけだ…との報道があります。

 

www.itmedia.co.jp(2019/3/22)

 

www.afpbb.com(2019/12/14)

 

www.afpbb.com(2019/12/18)

 

この状態でも、GAFA(ガーファ)の一員という強い立場のフェイスブック

そう簡単には倒れない。

 

------------------------------------------

 

筆者は、フェイスブックをやっていません。

その理由は、「情報流出になったが最後、もう取り返せないから」です。

 

特に、フェイスブックは「基本・実名制」です。

本当の個人情報を入力し、それが流出したとなれば、もうお手上げ。

冒頭で引用した「2億6700万人以上の個人情報漏洩」は、筆者が恐れていた話の典型例です。これほど怖いものはない。

その情報が、ネット上で・誰でも閲覧できる状況だったということは、更に怖い。

 

流れた情報を、犯罪者集団が売買していたとすれば、かなりの高確率で特殊詐欺のネタに使われるでしょう。

そうなった時、フェイスブックの運営会社は、補償なり責任なりの話をしてくれるのか?

…多分、無理でしょうね。

 

そう考えるので、見ることはあっても、使うことは避けています。

 

------------------------------------------

 

一番のセキュリティは、「情報をアップしないこと」です。

ここまで高度に情報化された社会です。情報は、いつか必ず漏れると思った方がいい。

そうであれば、「漏れても特に問題ない」というレベルで、情報を止めておくことが必要になってきます。

 

何の気なしに、自分の個人情報を流している方。

この機会に、状況確認をした方がいいでしょう。

予防は、治療に勝ります。「情報流出後、どう対処するか?」を考えることよりも、「流出前に出来ることはないか?」を考える方がよい。

 

ネットは、誰が見ているか分からない空間です。

怖いですよ…。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍 書店リンク】

フェイスブックが危ない』

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

 

【Neowing】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】

【ひかりTVブック】