makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【2019年を振り返る 4】「吉本騒動」再発の可能性

 昨日、「2019年を振り返れば、吉本騒動ってのがありましたね」という記事を書かせて頂きました。

本記事は、その続きになります。

tenamaka26.hatenablog.com

 

2019年中ごろに噴出した、お笑いタレント事務所「吉本興業」に関する騒動。

岡本社長のグダグダ会見の前後が、最も騒がしかったのでしょうが…現在は沈静化している模様。

いや、沈静化というか…悪い意味で、飽きられてしまったのでしょう。問題がスッキリ解決したという印象は無く、何となくモヤモヤした後味の悪さだけが残った感じです。

 

この騒動により、吉本興業の信用度は大幅下落したと言わざるを得ません。従業員さんも、所属タレントさんも、動きにくい日々を過ごしているだろう…とお察しします。

 

-------------------------------

 

で、当記事の本題。

それは、「前回記事の末尾で述べた話の、詳細について」です。

世間から「パワハラ体質」を指摘され、四苦八苦した吉本興業

未だに完全解決したとは言えません。

大炎上が鎮火したワケではなく、まだ種火が残っている状態。筆者はそう考えます。

 

そう考える理由は、とあるベテラン芸人さんが発した言葉にありました。

 

そのベテラン芸人さんが、某番組で吉本騒動に触れた時のこと。

自分は騒動に直接関係ない立場であり、言いたいことを言える状況だった為でしょうか。思わず本音がポロッと出てしまい、その言葉が「あ、これはマズイ」と感じさせる内容でした。

 (https://tenamaka26.hatenablog.com/entry/2019/12/12/224253より。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

筆者が、関西ローカルの番組を視聴していた時、上記の「某ベテラン芸人さんが放った、怪しいひとこと」が耳に入り、ちょっとビックリ。

 

荒っぽい言葉でもなく、長々と喋っていたわけでもない。

少し深く考えないと「怪しい」とは思えない発言だった為か、マスコミに取り上げられることもなかったのでしょう。

が、実はかなり危なっかしい発言でした。

 

-------------------------------

 

では、「発言の内容はどんなもので、なぜ怪しいと考えるのか?」について、詳細を述べていきます。

 

なお、某ベテラン芸人さんの実名は、あえて伏せておきます。

本人さんも、「相手を潰す発言をしてやろう」とは思っていなかったでしょうし。

 

また、筆者は「そのベテラン芸人さんを責めたい」というワケではありません。

ただ、「当該ベテラン芸人さんの主張」を放置すれば、似た様な騒動が再燃するだろうと考えています。

なぜそうなるのか、その理由を述べさせて頂くことで、少しでも炎上騒ぎを回避できればいいなぁ…と思う次第です。

 

また、同種の炎上は、吉本興業だけに起こる問題ではありません。他の芸能事務所は勿論、一般の企業でも十分起こり得るもの

当記事を読んで下さっている読者様にとっても、決して他人事ではありません。

「自分の周囲でも、同様の騒ぎが起こるかもしれない」と思い、対策を考える切っ掛けにして貰えれば幸いです。

 

-------------------------------

 

某ベテラン芸人さんが、どんな発言をしたのか?

その内容は、「ギャラについて意見する若手」を見て、ちょっと怒った口調で放ったもの。

発言の要旨は、以下の通り。

 

◆一連の騒動に乗っかって、ギャラに文句を言う若手芸人が、かなり大勢いる。

◆ドサクサに紛れて放った文句に見えるので、こちらは気分が悪い。

◆そもそも、「お前、誰やねん?」という知名度の低い連中が、大声で文句を言っている。

◆そんなに不満ならば、辞めて他に行け。

 

いかにもベテラン芸人さんが言いそうな、キツイ内容です。

ベテランの口から出るだけあって、説得力があるのかもしれません。

しかし、騒動の背景と・上記発言内容を併せて考えた時、この発言に大きな違和感が生まれます。「ああ、このベテラン芸人さん、同じ騒動を繰り返すだろうな」という予感が湧いてきますね。

 

-------------------------------

 

そもそも、今回の吉本騒動は、

 

(1)吉本興業から振られる仕事・支払われるギャラだけでは、とても食っていけない若手芸人が多数いる。

(2)そういった芸人達が、仕方なく自分で仕事を取ってくる。業界では、これを「直営業(じかえいぎょう)」と呼んでおり、昔から認めてきた。

(3)しかし、事務所のチェックを通さない直営業では、仕事の選定が甘くなる。その結果、客の中に詐欺師が混じってしまった。

 

という所から始まっています。

 

f:id:tenamaka26:20191213201745j:plain

(イメージ画像 https://www.pakutaso.com/20130831213post-3117.html

 

つまり、

「吉本のマネジメントが十分に機能していなかった」

「食えない若手の存在は当然…と放置した」

という状況がトラブルの元だったということ。

 

某ベテラン芸人さんの発言は、この「マネジメント不足」を容認する発言なのです。

問題の原因を分析せず、「若いモンは我慢しろ」と言っているに等しい。

これでは、同じ騒動が再発します。

 

筆者と同様の考えは、大御所芸人・ビートたけし氏も仰っていました。

いや、言っていたというより…「テレビ番組内で、激怒していた」

www.sanspo.com(2019/7/21)

タレントのビートたけし(72)が、20日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10:00)で、宮迫と亮の会見について言及した。

番組では冒頭から、約2時間半の会見を35分の映像にまとめて放送。

 

真剣な表情で映像を見ていたたけしは、

「あんまり言うと、放送禁止用語だらけになっちゃう」と前置きした上で、

「オレら芸人は、猿回しの猿と一緒。

猿が噛んで、猿に謝れって言ったってダメ。

飼っている人が謝るんだよ」

と持論を展開した。

https://www.sanspo.com/geino/news/20190721/geo19072105020005-n1.html

 

-------------------------------

 

一連の吉本騒動では、ギャラの配分やマネジメント不足に加え、「芸人さんとの契約書が無い」等のブラック話が次々と浮上。

吉本興業は、企業イメージを大きく落とし、未だに回復できたとは言い難い。

 

信頼回復の為には、世の中の情勢に合わせて変えるべき所と・昔ながらのやり方を守った方が良い所を、よく考えて改善しなければならない。

「昔の成功体験を、今でも通用するとしてゴリ押した結果、思わぬ問題が発生して大失敗」というものだったと痛感しなければならない。

 

 

上層部や指導者が変化せず、「自分達が上手くいったのだから、同じ事をやれば成功する」という思考を下に押し付ける。これが諸悪の根源です。

同様の問題は、吉本興業だけに発生するものではなく、どこでも起こり得るもの。用心しなければいけませんね。

  

 

-----------(記事了)-----------

 

 

【参考書籍】

『成功体験はいらない しがらみを捨てると世界の変化が見える』

 

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】 

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】 

 

【TSUTAYAオンライン】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】

【ひかりTVブック】

【漫画全巻ドットコム】