makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【駄菓子の話12】「元ネタを知らない人」が増加している…?

大人気マンガ『だがしかし』

それに触発されて書く、駄菓子記事の第12弾です。

www.makaranbox.com

 

今回取り上げるのは、「食べルンですHi」です。

 

(提供:Amazon)

 

「食べルンですHi」は、カラフルなラムネ菓子。

何色のラムネが出てきたかで・運勢を占う…という、オマケ的な楽しみ方もできます。

 

この商品は、『だがしかし』の4巻に登場しています。

(提供:Neowing)

(著:コトヤマ小学館)

 

---------------------------

 

「食べルンですHi」は、チャレンジ精神溢れる菓子メーカー「オリオン」さんが製造する商品です。

orionstar.co.jp(2019/12/7閲覧)

 

オリオンさんが、どれくらいチャレンジャーかといえば…

過去に「コカ・コーラ社」とガチで裁判やるくらいのチャレンジャー。

コカ・コーラ社といえば、飲料大手の世界的大企業です。

その話は、当ブログでも書かせて頂きました。

 

www.makaranbox.com

 

オリオンさんは、コカ・コーラによく似た外見の菓子を発売。それを見たコカ・コーラ社から訴えられた過去があります。

その結末は、オリオンさんの勝利。このネタは、オリオンさんがネット記事やトークイベント等でも披露する有名ネタです。

 

今のところ、「食べルンですHi」に関して、同様の裁判沙汰が起こったという話は…聞きません。

まぁ、元ネタが飲食物ではありませんから、揉め難いのでしょう。

 

---------------------------

 

「食べルンですHi」は、パロディ菓子です。

その元ネタは、レンズ付きフィルム(簡易フィルムカメラ)の写ルンです

sp-jp.fujifilm.com(2019/12/7閲覧)

 

写ルンです」は、1986年(昭和61年)に発売された商品。

今でも販売されており、アナログ写真が好きな方には重宝されています。

下画像は、現在入手できるモデルのひとつ。

(提供:YAMADAモール)

 

写ルンです」が発売された時代は、フィルムカメラ全盛期。

スマホは影も形もなく、デジカメは存在していたものの・普及には程遠い状況でした。

 

その「写ルンです」の初期型デザインを模したものが、「食べルンですHi」です。

念の為に申し上げておきますが…

「食べルンですHi」と「写ルンです」は、外見は似ていますが、中身は全く違います。

「食べルンですHi」には、写真撮影機能はありません。ラムネ菓子です。

ご購入の際には、どうぞ勘違いしないでくださいませ。

 

 

ただ、元ネタの「写ルンです」を知らない人は、勘違いする可能性がゼロではなさそう。

特に、今現在・20歳より下の世代では、フィルムカメラを触ったことがない方も多いハズ。

そういう方は、要注意です。勘違いしてしまうかも知れません。

 

何せ…

古いブラウン管テレビの画面を、指で押さえたのに反応がなく、「この画面は壊れている」と目で訴える子どもさんがいますからねぇ。

昔の常識が通用しなくなる。そういう光景は、わりと頻繁にあります。

時代の流れは早い。

 

 

---------(記事了)---------

 

 

↓↓「食べルンですHi」菓子店リンク↓↓

【Amazon】

【Yahoo! ショッピング】

【楽天市場】 

【au Wowma!】

 

 

 

↓↓Shopリンク『だがしかし』シリーズ↓↓

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】(試し読みアリ)

 

【7net ショッピング】

【Amebaマンガ】(試し読みアリ)

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

 

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】 (試し読みアリ)

【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】(試し読みアリ)

【YAMADAモール】

【紀伊國屋書店】

 

【ゲーマーズ】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】 (試し読みアリ)

【タワーレコード】

【ひかりTVブック】  (試し読みアリ)

【漫画全巻ドットコム】