makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】福か、悪夢か

本日は、とあるホラー&スリラー&サスペンス漫画をご紹介します。

作品のタイトルは、ゴールデンゴールドです。

(提供:Neowing)

(著:堀尾省太講談社)

 

ゴールデンゴールド』は、月刊漫画誌「モーニングtwo」にて連載中の作品です。

コミックスは、既刊6巻。

 

上画像は、単行本1巻の表紙になります。

可愛い女の子と、テカテカのお地蔵様みたいなものが描かれていますね。

とてもホラー要素がある感じには見えませんが…。

 

----------------------------------

 

ゴールデンゴールド』の舞台は、瀬戸内海に浮かぶ架空の島「寧島(ねいじま)」です。

寧島は、「因島尾道に近い、小さな島」という設定。民宿・食品スーパー・雑貨屋・小さなスナックなどはあるものの、コンビニはありません。

これといった観光の目玉もなく、外部から訪れる人は少ない島です。

寧島には、本州との連絡船があり、交通の便はそれほど悪くありません。

島の子ども達が、路線バス感覚で船に乗り、塾通いができる程度の交通網は備わっています。

この島に住む中学生の女の子「早坂流花(はやさか・るか)」が、『ゴールデンゴールド』の主人公です。

 

----------------------------------

 

流花は、民宿と雑貨屋を営む祖母と暮らしています。

親と別居している形になりますが、これは「流花が街の学校に馴染めず、自然が豊かな寧島の学校に転校した為」です。

 

ある日のこと、流花が岩場で「仏像みたいな何か」を拾います。

寧島には「福の神伝説」があり、流花が拾った何かも「福の神の像」と言えなくもない感じのもの。

 

流花は、拾った像を念入りに洗って、島の神社の祠に安置。

その際、流花は「福の神の像なら、お願いをきいてくれるかな?」と考え、願い事をひとつ念じます。

「私が想いを寄せている男の子が、アニメイトにハマっています。どうか、島にでっかいアニメイトが建ちますように」

目をつむり、手を合わせ、心の中で念じる流花。

 

しばらくして目を開けると、奇妙なことに、祠に安置したハズの像が消えています。

その代わり、「明らかに人間ではない、お地蔵さんの様な外見の、生き物らしき何か」が流花の前に出現。

驚いて逃げる流花を、無言で追いかけてきました。

(提供:Neowing)

(著:堀尾省太講談社)

 

必死で逃げる流花。

一度は「生き物らしき何か」から逃げおおせたものの、何と流花の祖母が経営する民宿に、宿泊客として滞在することになります。

どうやら、この不思議な存在には、”周囲の者の認識を操作する能力”がある様子。流花の祖母には「小柄なオッサン」にしか見えていない模様です。

客として民宿に居着いた、謎の生物らしき何か。流花は、この何かを「フクノカミ」と呼ぶことにしました。

 

----------------------------------

 

この「フクノカミ」ですが…。

人を捕まえて食ったり、破壊活動をしたり等、積極的に危害を加える様子は皆無。

吠えたり・叫んだり・脅かしたり…といった行動も取らず、ほぼ無言で無表情のまま、じっと座っているだけ。

 

しかし、フクノカミには「人間の認識を操る力」の他にも、大きな超能力がありました。

それは、「人や金の流れを、凄まじい勢いで集める能力」です。

(提供:Neowing)

(著:堀尾省太講談社)

 

このパワーの影響を受けたのは、流花の祖母です。

経営する雑貨屋の品は飛ぶ様に売れ、滅多に客が来ない民宿が繁盛し、その流れで事業を拡大し…と、破竹の勢い。

 

が、フクノカミがもたらすものは、それだけではありませんでした。

少しずつ、「福の神」とは呼べない面が明らかになってきて…

 

…と、これ以上はネタバレになってしまうので、ストーリー紹介はここまで。

 

----------------------------------

 

冒頭で述べましたが、『ゴールデンゴールド』は、ホラー&スリラー漫画です。

血がドバッというスプラッター表現は少なめですが、ジットリとした恐怖の描写は多め。得体の知れない不気味さが怖い。

 

また、ミステリー・サスペンス要素が多いことも特徴です。

相手は超常の存在。どんな手を使ってくるか分からない。

謎が謎を呼ぶ展開が熱い。

謎だらけのストーリの中に、「謎を解く大ヒント」がシレッと混ぜられている。

しかし、解けそうな謎があと一歩のところで解けず、先の展開が異常に気になる構成になっている。

…こういう「読ませる要素」が満載の作品です。

 

 

フクノカミの正体は何なのか?

何か目的を持って行動しているのか?

目的があるとして、次に何を仕掛けてくるのか?

 

物凄く続きが気になる作品です。考察好きの方に、特にオススメ。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓書店リンク↓↓

ゴールデンゴールド

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【Amebaマンガ】(試し読みアリ)

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】(試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】

【ゲーマーズ】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】(試し読みアリ)

【ひかりTVブック】 (試し読みアリ)

【漫画全巻ドットコム】