makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【eスポーツの話】1000分の1秒が勝敗を決める世界

「eスポーツ」(イーすぽーつ)

2018年の流行語大賞でも取り上げられた言葉です。

ご存知の方も多いでしょう。

nlab.itmedia.co.jp(2018/12/3)

 

「eスポーツ」は、「エレクトロニック・スポーツ」の略。

各種コンピューターゲームを「対戦競技の一種」と考え、技を鍛え上げた選手が本気でぶつかり合う…というもの。

世界各地で競技会が開催され、専門チャンネルが競技を中継することも多い。優勝者には巨額の賞金が出ることもしばしば。普通のスポーツと遜色の無い、巨大イベントに成長しています。

 

-------------------------------

 

eスポーツのテーマとなるゲームの大半は、

「その場で勝敗がハッキリすること」

「プレイヤー本人の能力(技術や戦術等)で勝敗が決まること」

少なくとも、この2つの要素を満たしています。

 

典型的なのは「対戦格闘ゲーム」ですね。有名ゲーム「ストリートファイターシリーズ」を筆頭に、この手のゲームは多数あります。

他には、「ぷよぷよ」等のアクションパズルゲームや、「シャドウバース」等の対戦カードゲームもテーマになり得ますし、実際に大きな大会も開催されています。

同様に「サバイバル形式のシューティングゲーム」「サッカーやカーレース等、実際の競技をゲーム化したもの」についても、テーマとして採用されています。

 

-------------------------------

 

ここまで読んで頂いて、

「ゲームをプレイして、賞金が出る?」

と疑問に思われる方、いらっしゃると思います。

特に、ゲームを「子どもの娯楽」と見ているシニア層以上の方に多いのではないかと。

 

そう思われるのも仕方ないのかも知れませんが、競技として成り立つかどうかを分けるのは、「スポンサーの有無」「観客・ファンの多さ」です。

野球やサッカーがプロ競技として成立しているのは、スポンサー企業が資金を出してくれているからであり、試合を見てくれる観客がいるから。

両方が欠けている場合は「草野球」「草サッカー」と言われ、プロ競技としては認められないでしょう。それと同じこと。

 

有名eスポーツ大会では、億単位の賞金が出ることもありますし、数千万人規模のファンが存在する場合もあります。

一例として、有名カードゲーム「シャドウバース」の2018年世界大会を見てみると…。

優勝賞金は、1000000ドル(100万ドル。当時のレートで、約1億1000万円です。

 

ニュースになる規模の、有名プロゴルフトーナメントでも、優勝賞金1000万円の大会が存在します。それを考えると、シャドウバースの大会賞金は破格。

この金額、eスポーツ界では珍しいものではありません。

www.sanspo.com(209/1/17)

 

-------------------------------

 

この盛り上がりに乗って、eスポーツの世界に入ろうとする人々が増えています。

そういった方は、様々な活動や出費を迫られます。悲しい現実。

 

先ずは、ゲームを手に入れないと話が始まりません。そうなれば、ゲームを作っている会社に利益が出ます。

ゲーム内で強くなる為には、様々な攻略情報が必要になってきます。ゲーム情報サイトや、ゲーム雑誌に関わる企業が儲かります。

ゲームで上位入賞を考えると、「野球のバット」や「サッカーのスパイク」と同様に、使う道具にもコダワリが出てきます。主にはPCの周辺機器(マウスやキーボード等)を吟味し、使いやすいものを選ぶでしょう。メーカーが喜びますね。

本物のプロを目指す人は、プロゲーマー養成の専門学校に入ることもあります。少子高齢化で教育産業が先細る中、業界にとってeスポーツは「貴重な新規開拓分野」です。

 

…こうやって経済が回り、業界が発展していく。既存のスポーツ・エンタメと同じです。

 

-------------------------------

 

しかし、発展の裏には問題もあり。

例えば、「ゲーム依存症」や「プロゲーマーの選手寿命が短い」等の問題が生じていますね。

www.afpbb.com(2019/9/22)

ゲームの世界でライバルを倒し続けてきたeスポーツの第一世代が引退し始めるなか、ある難しい問題が浮上している。

引退後、プロ選手は一体何をすればいいのか、という問題だ。

 

eスポーツの世界では他の多くのスポーツに比べ、この問題に直面する時期が早い。

激しいゲームで戦う選手たちにとっては、ミリ秒単位の遅れが致命的になり得るため、「反応の鈍り」が現れるとされる23歳でその選手生命が終わることすらあるという。

プロゲーム業界に詳しい人々によると、選手らの間では「引退後、どうするか」という話題がよく会話に上るという。

引退後の主な選択肢としては、eスポーツチームのコーチやコメンテーター、アナリストなどがある。

 

だが、1日12時間におよぶ練習によって目や手首を痛めてしまう選手もいる。そういったケースでは、引退を心待ちにしているとの声も聞こえてくる。

 (https://www.afpbb.com/articles/-/3241623より。改行・強調等は筆者によるもの)

 

プロの世界は、甘くないですね。

「ミリ秒単位の遅れが致命的」と記事にありますが、ミリ秒とは「1000分の1秒」のこと。

人間が反応できる限界が、刺激を受けてから100ミリ秒(0.1秒)程度と言われているので、eスポーツのプロゲーマーは、常に人間の限界で戦っていることになります。

 

また、記事内に「1日12時間も練習しないといけない」との記述あり。

これは苦痛です。どんなに好きなゲームでも、「やらなければならない」という強制があれば、嫌になって当然。

そこに「勝たねば消える」というプレッシャーがのしかかる。

 

「ゲームで遊んでいれば生活できる」という幻想は通用しない、厳しい世界ですね。

 

-------------------------------

 

筆者としては、eスポーツは「カーリング」「ビリヤード」と同じ要素があると考えます。

パワーでゴリ押すだけでは勝てず、頭脳戦が大半という競技。

そう考えると、なかなかに興味深い。

 

ただ、eスポーツは生まれて間もないジャンルであり、成熟にはまだまだ時間がかかります。

先述の「ゲーム依存」「プレイヤー寿命」等の他にも、賞金の支払いで揉める話もチラホラ。

ゲームそのものの世代交代サイクルも早い。

盛り上がりの勢いにかき消され、悪い部分が見え難くなっている感アリ。そこを見て見ぬフリは…できないでしょう。

 

 

かつて、F1を代表とする「モータースポーツ」は存在せず、技術の発展と共にスポーツとして認知されました。

それと同様に、eスポーツが競技として成熟・発展していくことを期待しています。

 

 

------------------(記事了)------------------

 

 

【参考書籍】eスポーツのすべてがわかる本』

【Amazon】

【Yahoo! ショッピング】

【楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】 (試し読みアリ)

 

【TSUTAYAオンライン】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】

【ひかりTVブック】

【漫画全巻ドットコム】