makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【昭和特撮の話】世にも奇妙なウルトラマン

誰もが知っている特撮ヒーロー『ウルトラマン』シリーズ。

現在、最新作である『ウルトラマンタイガ』が放送中。

子供さん達は、毎週の放送を楽しみにされている事でしょう。

 

(提供:animate)

 

この作品の主人公は、題名と同じ「ウルトラマンタイガ」というウルトラ超人。

実はこのタイガさん、とある方の息子さんです。

 

誰の息子さんか?といえば…父親がウルトラマンタロウなのです。

 

m-78.jp(2019/7/29閲覧)

 

 (提供:ホビーサーチ)

 

上画像の中央左側が、息子の「タイガ」さん。

中央右側が、父親の「タロウ」さん。

親子なので、似た部分があります。特に頭にある角の形が似ていますね。

 

-----------------------------

 

この「タロウ」さんですが…。

世に初めて出たのは、1973年。特撮テレビドラマ『ウルトラマンタロウ』の主人公として活躍しました。

 

放送当時、『ウルトラマンタロウ』は高い人気を誇りました。タロウの派手な必殺技や、個性豊かな怪獣などが目を引き、子供さんを夢中にさせたからでしょう。

しかし、「個性豊かな怪獣」と一口に言っても、形態は様々。中には、「個性が強すぎて、ホラーの領域にまで行ってしまった怪獣」というのも存在します。

子供さんにとっては、思い出というより、トラウマになるレベルの強烈さ。

 

当記事では、そんなトラウマ話の中でも有名なものをひとつ、御紹介します。

夏の夜にピッタリな話として、おひとつどうぞ。

問題のエピソードは、『ウルトラマンタロウ』の第11話。タイトルは「血を吸う花は少女の精」

 

ちょっと不気味なタイトルです。

他のエピソードタイトルを見ると、「怪獣の虫歯が痛い!」とか「ウルトラのクリスマスツリー」というものがあるので…。

ギャップが著しいですね。

 

(提供:楽天)

 

「血を吸う花は少女の精」の粗筋をザックリ述べると、以下の様なものになります。

 (警告:お気づきの方が多いでしょうが、以下の文章にはホラー要素が含まれます。苦手な方はご注意ください)

 

 

▼ある日の夜のこと。「捨て子塚」という供養碑の近くで、「オギャア…オギャア…」という赤ん坊の声がした。その声を聞いた警察官が2人、塚の調査に向かう。

▼警察官が塚に近付いた時、何かが起こった。叫び声を上げ発砲する警察官。

▼その後、全身の血を抜かれた警察官の死体が発見される。

 

▼同様の事件が、立て続けに7件発生。「吸血鬼殺人事件」と名付けられた一連の事件は、警察の手に負えなくなっていた。その為、ZAT(ザット。タロウの世界における、地球防衛組織)に調査依頼がやって来る。

▼現場である「捨て子塚」の周辺を調査するZATのメンバー。塚の周りには綺麗な花が咲いているだけで、特に怪しいモノは無い。

 

▼これといった手掛かりも無く、困り果てたZATの面々。そこに、一人の少女が現れる。年齢は7~8歳程度。カナエと名乗るその少女は、塚に咲く花を摘みに、一人でやって来たのであった。

▼「カナエちゃん。お家はどこ?」ZATメンバーが話をきくと、ちゃんとした答えが返ってこない。どうやら、カナエちゃんは迷子になってしまったらしい。放置するわけにもいかないので、ZATメンバーが一時的に保護。カナエちゃんの家を探す事になった。

 

▼あちこち迷いながら、カナエちゃんの家を探すZAT。その捜索過程で、カナエちゃんが置かれた複雑な状況が判明する。

▼カナエちゃんは、捨て子であった。実の親に捨てられ、保護施設に預けられていたのだ。里親が見つかったのは、ついこの間の事。

▼カナエちゃんを里親の所へ連れて行くZAT。これでひと安心だ。しかし、誰も考えていなかった。「吸血鬼殺人事件」の次の犠牲者になるのは、カナエちゃんの里親だという事を。

▼ZATメンバーが帰り、人気が無くなった里親の家。すると、どこからか「オギャア…オギャア…」という赤ん坊の声が聞こえてきて…。

 

 

こんな感じです。

完全にJホラーです。

大人なら大丈夫でしょうが、ウルトラシリーズを好んで見そうな「チビッコ世代」には、刺激が強すぎます。

 

-----------------------------

 

この手のホラーエピソードは、『ウルトラマンタロウ』に限らず、ウルトラシリーズ全般に見られるものです。

ウルトラ版『世にも奇妙な物語』とでも申しましょうか。

 

放送されるタイミングは様々ですが、やはり「暑い時期」に流される事が多い。

怪談と同じです。ゾクゾクしたい時に、欲しくなる話。

 

当時は、今よりもオカルト熱が強かった時代でもあります。その流れで、ホラー話が混じり易かったんでしょう。

 

 

 

----------(記事了)----------

 

 

↓↓Shopリンク↓↓

ウルトラマンタロウBlu-ray BOX

【7net(セブンイレブン)】 

【au Wowma!】 

【e-hon】

【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

【YAMADAモール】

 

【紀伊國屋書店】

【タワーレコード】

【総合書店 honto】

【ムラウチドットコム】

【楽天】

 

 

ウルトラマンタイガ』 Blu-ray BOX

 

【7net(セブンイレブン)】

【animate ONLINE SHOP】

【TSUTAYAオンライン】 

【YAMADAモール】

【総合書店 honto】  

【タワーレコード】