makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【目のやり場に困る話】 世の男子が夢見た科学技術。出現するも、直後に消える

先日、とあるアプリが話題になりました。

そのアプリは、「AI(エーアイ。人工知能)を駆使し、簡単に画像加工ができるアプリ」という事で、リリース直後はちょっとした話題になりました。

 

アプリ配布開始から、5日後の事。

このアプリが、とてつもない大騒ぎのネタとして大炎上。リリース後1週間も経たないうちに、当該アプリは配布中止になりました。

 

なぜ、そうなったのか?

それは、アプリの名前を見れば分かります。

当該アプリの名前は「DeepNude(ディープヌード)」といいます。

要は、お手軽に裸画像が合成できてしまうアプリだったのです。

 

このアプリを使えば、「服を着ている、ごく普通の人物が写った画像」が1枚あれば、それを材料にヌード画像を合成できてしまいます。

被写体が有名人であろうが、一般人であろうが、関係なく。

 

www.newsweekjapan.jp(2019/6/28)

 

上記記事の内容をザックリ記述すると、以下の様なものになります。

 

 

■裸画像合成アプリ「DeepNude」を開発したのは、東欧・エストニアに拠点を置く企業。エストニアバルト三国のひとつで、ロシアやフィンランドの隣に位置する。

■この企業は、元々「AIによる画像処理サービス」を扱っている会社。「DeepNude」を提供する前は、モノクロ写真をカラー写真に変換するサービスを行っていた。

 

■「DeepNude」は、AIに1万枚以上の”女性の裸画像”を学習させ、そこから得られたデータを元に、被写体の裸を推定し・画像を加工する。

■基本的に、どんな画像も加工可能。

■「DeepNude」には、無料版と有料版(価格・50ドル)があり、裸画像合成機能は有料版でのみ使える機能。

Windows等のPC環境があれば、誰でも簡単にインストール可能。ヌード画像合成も、ワンクリックで完了する手軽さ。

■加工後の画像には、自動的に「Fake(嘘、ニセモノ)」という文字が入るが、その文字を消す事も簡単。消した後は、合成かどうかの判別が困難になる場合も。

 

■開発者は、ほんのジョーク程度にしか考えていなかったが、このアプリを求めてアクセスが殺到。会社のサーバーがダウンした。

■事態の深刻さに気付いた開発企業は、アプリをストアから削除。それ以来、新規でアプリ配布は行われていない。が、既に配布してしまったアプリの中には、まだ使える状態のモノがあると思われる。

■また、「DeepNude」と同じ機能を持つアプリは、今後も出現する可能性・大。今から対策や規制を考えておく必要がある。

 

 

いやはや、何とも凄い話です。AIを、こんな方向で使うとは…。

 

----------------------

 

このアプリ「DeepNude」に関し、タレントの伊集院光氏は、深夜ラジオ番組「深夜のバカ力(ばかぢから)」にて、かなりエキサイトした口調で語っていました。

「遥か昔から存在する男の妄想が、ついに現実のものとなった!」

「これ、”服が透けるメガネ”みたいなモンじゃん!」

 

伊集院氏の芸風からすれば、そういう話になるのでしょう。一人で悶々と妄想しているウチは、まだ大丈夫なのかも知れませんね。

しかし、問題は「偽ヌード画像を、誰でも作成可能」であり、「その偽ヌード画像を使って、嫌がらせが出来る」という点です。

犯罪ツールとして使われる可能性がある以上、安易に配っていいモノではありません。

配布中止は、賢明な判断でしょう。

 

----------------------

 

ところで、伊集院氏の言った「服が透けるメガネ」ですが…昔から「妄想の定番ネタ」だったと仰っていますね。

「いつからそうなったのだろう?」と考えた筆者は、いろいろと調査してみました。

 

その結果、筆者が確認できた範囲で最古のものは…。

超有名漫画家・鳥山明氏が描いたDr.スランプドクター・スランプ)に出てきたメガネです。

 (提供:Amazon)

(著:鳥山明集英社

 

Dr.スランプ』は、「週刊少年ジャンプ」誌上にて、1980年から連載されていた漫画。アニメにもなった人気作です。

連載は1984年に終わりましたが、その後も『ちょっとだけかえってきた Dr.SLUMP』という別作家による作品(鳥山氏は原作&監修のみ)が出版される等、長らく愛される人気漫画です。

Dr.スランプ』の主要キャラは、後に連載開始した『ドラゴンボール』にもゲスト出演していますね。

 

----------------------

 

Dr.スランプ』は、ペンギン村に住む天才発明家「則巻千兵衛(のりまき・せんべえ)」と、千兵衛が作った女の子のアンドロイド(人間型ロボット)である「則巻アラレ」の活躍を中心にしたギャグ漫画。

この千兵衛さん、発明家としての腕は良いのですが、かなりのスケベ。そのスケベパワーを原動力に、驚異の発明品を作ります。

それが、第3話で登場する「非生命体透過メガネ」です。

 

このメガネは、文字通り「生き物しか見えない。それ以外は透けて見える」という機能を持つメガネ。

服は生命体ではないので、透けて見えます。要は、町行く人が全員裸に見えるワケです。千兵衛さんの妄想を形にした、驚異の発明品。

 

このメガネが世に出たのは、1980年。2019年から見れば、39年前の話ですね。

39年間かかって、漫画に科学技術が追いついたという話。それが「DeepNude」の出現という事になります。

 

----------------------

 

「人間が想像できる事は、人間の手で必ず実現できる」

とある有名SF作家が言ったとされる言葉です。

 

実際、その通りになっている事例は多い。

スマホやパソコンは、その最たる例。

全自動運転車、空飛ぶ車、再生医療…昔は夢物語に過ぎなかったものが、次々と現実化しています。

 

しかし、「実現可能かどうか」という事と、「実現しても問題ないか」というのは、また別の話。

今回の「DeepNude」騒動は、その典型例と言えるでしょう。

 

 

-----------(記事了)-----------

 

 

↓↓書店リンク↓↓

Dr.スランプ

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】(試し読みアリ)

 

【7net ショッピング】

【Amebaマンガ】(試し読みアリ)

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】(試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】 (試し読みアリ)

【ひかりTVブック】 (試し読みアリ)

【漫画全巻ドットコム】