makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【選挙の話】選挙で、最も不要な情報

本題に入る前に、ちょっとお礼とお断りをば。

 

先ずはお礼。

読者の皆様、いつも私の拙い文章に目を通して頂き、ありがとうございます。

ちょくちょくコメントも頂いております。ありがとうございます。

閲覧数も伸びております。皆様のおかげです。

今後とも、宜しくお願い致します。

 

次いで、お断り。

私の投稿は、1記事につき、大体2000~3000字を目安にしております。

「そこそこボリュームがあり、長過ぎない文字数は、この程度」と考えるからです。

が、2000字に満たない投稿もあります。そういった短文が出る時は、「短文の方が分かりやすい」と思う時か、「書き過ぎると、何かしらの違反になる恐れあり」と思う時です。

今回の記事は、後者。

 

当記事で扱うネタは、「選挙」の話。

現段階では不明な事も多く、詳しい事はこれから。

その為、何を言ったら選挙違反になるのか、ちょっと曖昧。現在ビビリモード中。

今はまだ慎重にいきます。とりあえず、本記事では、ごく一般的な事を述べるだけにしておきます。

 

---------------------

 

さて…

 

2019年は、選挙イヤーです。既に、統一地方選などは実施済み。

そして昨日、一番の大きな選挙である参議院議員選挙が公示されました。

 

www.yomiuri.co.jp(2019/7/4)

 

立候補受付は終了しており、顔ぶれは揃っています。

投開票日は、7月21日。本日・7月5日から数えて、2週間ほど後になります。

この2週間に、各個人の出来る範囲で、情報を集めて考えましょう。

「選挙なんて面倒」と思う方も、この機会にちょっと考えてみて下さい。

 

今回は、参院選です。

参議院議員の任期は6年。

参議院は、衆議院と違って「任期途中での解散」というものがありません。

その為、今回当選した議員は、「重い病気」や「明らかな犯罪行為」等、よっぽどの事が無い限りは辞職しないでしょう。2025年まで、議員として勤める可能性が高い。

今回の選択は、長く影響を及ぼします。しっかり考えないと。

 

---------------------

 

誰に投票するか?を決める際には、様々な情報を基に、各個人が判断すべき事です。

他人に言われるがまま、投票してはいけません。あくまで自分の考えで。

 

我々有権者が、自分の意思で投票先を決めるに当たって、最も参考にしてはダメだと考える情報は、世論調査で出た支持率」です。

 

議員を選ぶ選挙は、競馬や競輪じゃありません。「この候補は何番人気か」という情報は不要です。

その思考回路を突き詰めると、「皆が入れる人に、私も入れる」という話になります。日本人の悪い癖と言いましょうか。

そういう考えは捨てましょう。

 

支持率が高かろうが低かろうが、人気があろうが無かろうが、そんなの関係ありません。

自分で考え、自分で決めた投票先が、自分にとっての正解です。

もし可能であれば、「なぜこの候補に入れたのか」を、自分なりに説明できるレベルにまで考えを進めていれば、もう最高。

 

考えた結果、一番人気の候補に投票したならば、それはそれで正解。

逆に、一番不人気の候補に投票し、その候補が落選しても、それはそれで正解。

大事なのは「自分で考え、自分で決める事」です。

 

f:id:tenamaka26:20190705012544j:plain

(イメージ画像 https://www.pakutaso.com/20160626180post-8258.html

 

カネやコネだけで物事を決めたがる政治家…ではなく政治屋が、選挙の際に最も嫌がるのは投票率の上昇」です。

 

投票する人が増えれば、政治家と直接的関係の無い人も増えます。

そういう人が増えれば増えるほど、「政治屋が、カネやコネで制御できる人々」の割合が減ります。

カネやコネで制御不能有権者が増えれば、自分が落選する確率が上がってしまうのです。普段から嘘や誤魔化しで逃げている政治屋ほど、投票率が上がった時には…ビビりまくり。

 

エラソーな政治屋に、強烈な一撃を加えてみませんか?

その為にも、自分で考え、投票に行きましょう。

考える時間は、まだ十分にあります。