makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】人畜無害の、ハイテンション作品

この世には、様々な漫画作品があります。

 

扱うテーマは様々。

「人の尊厳」「命の意味」等、深くて重いテーマを扱うモノもあり。

「努力・友情・勝利」という、少年漫画の王道テーマを追求するモノもあり。

「恋愛」をテーマにしたモノ、「医療」をテーマにしたモノ、「歴史」をテーマにしたモノ…。

数えればキリがありません。

 

そんな中で、「思想性や、哲学的な教訓はゼロ」という軽いモノでありながら、「誰もが関心を持ち、読めば幸せな気分になれる」という、摩訶不思議なテーマを扱った作品があります。

 

その作品のタイトルは、『だがしかし』

(提供:Neowing)

(著:コトヤマ小学館)

 

この作品は、「週刊少年サンデー」誌上にて、2014~2018年に連載されていた作品。コミックスは、全11巻。

とにかく凄い人気の作品で、コミックスは売れ・アニメにもなり・コラボ商品も出て…と、引っ張りだこ。

 

--------------------------------

 

『だがしかし』は、コメディ・恋愛・ギャグ・お色気…等々、色々と混ぜ合わさった作品。

その中心となるテーマは、「駄菓子」です。子供が大好きな、あの「駄菓子」です。

幼少期を日本国内で過ごされた方は、一度くらいは駄菓子に触れた事があるでしょう。

 

大人になっても、駄菓子を好む人は多い。

「おやつ」という扱いだけではなく、「昔を思い出すツール」や「酒のツマミ」等、子供時代とはアプローチが違っている…という事もあるでしょう。

 

外国人の方にも、駄菓子ファンは多い。

最近、外国人観光客が増加しています。観光客の皆さんが、お土産として買う事もよくあるそうで。

「日本製の駄菓子は、レベルが高い」という証明でしょう。

 

--------------------------------

 

話を、漫画の方に戻しましょう。

 

先述の通り、『だがしかし』は、コメディ・恋愛・ギャグ・お色気…等々の要素が詰め込まれた作品。自称「ハイテンション駄菓子コメディ」

物語冒頭を少しだけ説明すると、以下の様なものになります。

 

 

▼舞台は、現代の日本。とある地方の、海沿いの田舎にある駄菓子屋「シカダ駄菓子店」が話の中心となる。

▼主人公の名は「鹿田ココノツ(しかだ ここのつ)」。15歳の男。実家は古くから続く駄菓子屋で、ココノツが九代目となる。

▼しかし、ココノツは店を継ぐ気は無い。ココノツの夢は、漫画家になる事。その為、夜な夜なコッソリと漫画を描く日々を送っていた。

▼そんなココノツを見守る父「鹿田ヨウ」。ヨウは、ココノツの「漫画家としての才能」よりも、「駄菓子店の経営センス」に期待を寄せていた。

 

▼ある日の昼間。シカダ駄菓子店に、見慣れない客がやって来た。美人でスタイルの良い女性。年齢はココノツと同じくらい。はっきり言って、ココノツの好みド真ん中。

▼その女性は、ココノツの父に用事があって来たらしい。彼女は「枝垂ホタル(しだれ ほたる)」と名乗った。

▼「しだれ…? どこかで聞いた名前だな」と、ココノツは思う。ココノツが引っかかるのも当然。ホタルは、日本有数の菓子メーカー「枝垂カンパニー」の社長令嬢だったのだ。

 

▼ホタルが「シカダ駄菓子店」にやって来たのは、ココノツの父・ヨウをスカウトする為であった。どうやら「駄菓子メーカーの世界」では、父の名前は有名らしい。

▼しかし、ココノツの父は、店番をココノツに押し付けて出かけたばかり。ホタルとは入れ違いになってしまった。「すいません。父は不在でして…」と謝るココノツに向かって、ホタルは言う。

「お父さん、いないの? じゃあ…父親の前に、息子のあなたと勝負よ!」

 

▼「勝負って何だ?」と混乱するココノツ。ホタルは、ココノツに問題を出す。

「キングオブ駄菓子である”うまい棒”。味がいろいろあるけれど、最高の組み合わせは何? 私に見せて御覧なさい!」

▼ホタルの勢いに押され、色々な味の組み合わせを提案するココノツ。その組み合わせを、オーバーリアクションで褒めまくるホタル。彼女を見て「ちょっと変な人だけど、可愛いし、何か気になる」と思うココノツ。

二人の「奇妙で・ユル~イ関係」は、この日から始まった。

 

--------------------------------

 

『だがしかし』には、とても多くの駄菓子が登場します。しかも、実名で。

コミックス1巻だけでも、

うまい棒

「ポテトフライ」

「きなこ棒」

「モロッコヨーグル」

「ヤングドーナツ」

「笛ラムネ」

…等々、駄菓子界では名の通った面々が出演しています。各メーカーに話を通して、掲載許可を貰ったそうです。

(ただ、NGとしたメーカーも。その場合、パロディの駄菓子が出てきます。例えば「ゴリゴリ君」とか)

 

 

『だがしかし』の作風は、各商品毎に存在する「駄菓子あるある」を、絶妙なテンションで語る…というもの。

扱う駄菓子は、殆どの物が実在します。その為、「あるある」に共感し易い。

 

口内炎がある時に、”わたパチ”の刺激は危険」

「初めてボンタンアメを見た時、表面のオブラートを包装と思って剥がしにかかる」

「ビッグカツを、白米の上に乗せてみる」

…こんな経験、ありませんか?

筆者は、「ボンタンアメの勘違い」を、リアルに体験しました。

 

--------------------------------

 

『だがしかし』は、コメディとしての完成度も高い作品ですが、駄菓子の紹介作品としても完成度が高い。

読んでいると、高確率で「ああ、こんなのあったね~!」と言ってしまいます。

その勢いのまま、登場した駄菓子を実際に買ってくる…という事もあり。

 

読んでよし。食べてよし。『だがしかし』は、非常に楽しい作品です。興味のある方は、是非ご覧下さい。

 

(なお、今後の当ブログでは、ちょくちょく『だがしかし』に登場した駄菓子について、少し掘り下げた紹介をさせて頂こうと考えております。そちらの方も宜しくお願いします)

 

 

---------(記事了)---------

 

 

↓↓Shopリンク『だがしかし』シリーズ↓↓

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】(試し読みアリ)

 

【7net ショッピング】

【Amebaマンガ】(試し読みアリ)

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

 

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】 (試し読みアリ)

【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】(試し読みアリ)

【YAMADAモール】

【紀伊國屋書店】

 

【ゲーマーズ】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】 (試し読みアリ)

【タワーレコード】

【ひかりTVブック】  (試し読みアリ)

【漫画全巻ドットコム】