makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

スパイダーマン vs 学生ゲリラ

スパイダーマン

ご存知の方は多いでしょう。有名なアメコミヒーローです。

コミックスは勿論、映画・アニメ・ゲーム等々、幅広く展開されています。

 

(提供:タワーレコード)

(「アメイジングスパイダーマン アメイジングBOX」ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

このスパイダーマン

出演作は数多くあれど、その設定は大体同じです。

 

▼主人公は「ピーター・パーカー」という名の若い男性。

▼彼は、とある「生物の研究施設」を訪れた際、偶然にも特殊な実験(遺伝子操作実験や、放射線の実験)で突然変異した蜘蛛に噛まれてしまう。

▼噛まれた事が原因で、ピーターの身に異変が起きる。蜘蛛の様に素早く壁を登る能力、常人を遥かに超える筋力や敏捷性、超人的な危機察知能力(スパイダー・センス)等、数々の特殊能力を備える身体になったのだ。

▼ピーターは「スパイダーマン」と名乗り、自分で作った全身スーツを着て、街に出没する犯罪者と戦う。その多くは普通の人間だったが、そのうち「自分と同じ様な特殊能力を持った、悪の超人」が次々と出現し…。

 

こんな感じですね。

 

--------------------------

 

スパイダーマンを作ったのは、アメリカ人の「スタン・リー」氏を始めとする「マーベル・コミック社」の方々。

マーベル社は、いわゆる『アベンジャーズ』や『X-MEN』にも深く関わる会社です。アイアンマン、キャプテンアメリカ、ハルク、ウルヴァリン…等々、ハリウッドではお馴染みの顔ぶれ。

そんな会社が作ったスパイダーマンは、アメリカを代表するヒーローのひとりです。

 

しかし、スパイダーマンが製作された国は、アメリカだけではありません。

実は、過去に日本でも作られていました。

それら「和製スパイダーマン」の中で、最も有名だとされているのは、「漫画版・スパイダーマン特撮テレビドラマ版・スパイダーマンです。

本記事では「漫画版」について、詳しく見ていきます。

 

  スパイダーマン 文庫版 (画:池上遼一) コミックセット (MF文庫)

 

上記画像が、日本の「漫画版・スパイダーマン」です。

マーベル社の許諾を得て描かれている作品なので、正式なもの。海賊版ではありません。「アナザーストーリー」や「外伝」に近い作品。

 

執筆時期は、1970年代初頭。作者は、漫画家の「池上遼一(いけがみ りょういち)」氏。

池上氏といえば、『傷追い人』『クライングフリーマン』『HEAT』『サンクチュアリ』『覇-LORD』等々、数多くの作品を世に送り出した方として有名です。

現在は、小学館の「ビッグコミックスペリオール」誌上にて、『BEGIN』を連載中。CMのイメージキャラクターは、あの「百獣の王」こと「武井壮」氏。

bigcomicbros.net (2019/5/30閲覧)

 

池上氏は、御歳70超。名作を多数描き、それでもなお活躍し続けているとは…。そのパワーに圧倒されます。

 

-------------------------------

 

『池上版・スパイダーマン』の設定ですが、基本的にはアメコミ版と同じです。

しかし、「舞台は日本」「主人公は、日本人の学生」「アメコミ版には出ない敵が出現」等、池上版オリジナル要素が随所にあります。

また、作品の雰囲気が若干ダーク。分かりやすい「正義vs悪」という構図ではありません。こういった雰囲気は、漫画版『仮面ライダー』等と同じ。日本独特のものです。

 

また、当時の「日本の世相」を強く反映した作風になっているのも、池上版の特徴です。

例えば…当時は、まだ学生運動が盛んで、大きな事件が発生していました。有名な組織に「日本赤軍(にほんせきぐん)」というものがありますが、『池上版・スパイダーマン』では、赤軍をモジった「紅軍派(こうぐんは)学生ゲリラ」が、敵役として出てきます。

こういったハードな内容は、アメコミ版には見られないもの。

 

 

そんな特徴を持つ、『池上版・スパイダーマン』ですが…。

現在、書籍を取り扱っている所が、とても少ない!

散々探して、見つかったのは中古だけ。かなりのレアアイテムになっていますね。

 

現在のスパイダーマンと、池上版スパイダーマン

その違いを比べてみるのも、なかなか面白いものです。

興味のある方は、是非ご覧になってみてください。

 

 

↓↓書店リンク『池上版・スパイダーマン (中古) 』コミックセット↓↓

【Wowma!】

【漫画全巻ドットコム】

 

↓↓Shopリンク『アメイジングスパイダーマンアメイジングBOX↓↓

【総合書店 honto】

【TSUTAYAオンライン】

【e-hon】

【タワーレコード】