makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【WELQ(ウェルク)騒動の話】その1 WELQって何?

さて…先日の「再開のご挨拶」にちょっと出たWELQ(ウェルク)騒動」って、皆さんご存知でしょうか?

2016年末に、大きな話題となった騒動です。

この騒動、私の執筆活動を大きく阻害してくれました。未だに根に持っています(笑)。

 

あれから2年以上経過し、もうスッカリ話題に上らなくなってしまいました。「何だったっけ?」と思われる方も多いでしょう。

本格的な活動再開を機に、ちょっと振り返ってみようかなと思います。

 

------------------------------------------

 

WELQ騒動」とは、

球団まで持つ大企業DeNAディー・エヌ・エー)」が、とんでもないデタラメ情報を載せたサイトを、堂々と運営していた

…という話です。そのサイトの名前が「WELQ」。

 

WELQは、医療系情報に特化したサイトとして設立。

肩こりからガンに至るまで、診療科目の選り好み無く、幅広い情報を載せているサイトでした。

 

特筆すべきは、

Google検索の仕組みを細かく分析し、検索上位にWELQの記事が出る様に、綿密な対策をしていた」

という事ですね。

 

Google検索は、ネットの世界で絶大な力を誇ります。検索に引っかからないページは、存在していないのと同じ…と言っても過言じゃありません。

その検索上位に引っかかるか否かで、ページの閲覧数が激変します。

Google検索結果の1ページ目に表示されるのと、10ページ目に表示されるのとでは、ページを見てくれる人数に決定的な差が出ます。(数百万レベルの違いが出るなんてザラ)

この対策を、専門用語でSEOといいます。正式名称は「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」。

 

WELQは、このSEOを重視し、いろいろな面で検索上位に記事を表示させようとしました。そして、成功しました。

ここだけ見れば、「集客数(=閲覧数)をアップさせよう!」という意思の表れであり、企業努力が成功したと褒められる話です。

 

------------------------------------------

 

しかし、WELQは「騒動」を起こしてしまいます。しかも、ネット史に残る大騒動となり、稀に見る巨大炎上へと突き進んでしまいました。

その理由は…次回記事「WELQ騒動・その2」にて。

 

www.makaranbox.com

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍 書店リンク】

『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方』

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】 (試し読みアリ)

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】

【総合書店 honto】

【ひかりTVブック】

【漫画全巻ドットコム】