makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

注意・免責事項(2020/2/17時点 最新版)

当ブログの記事は勿論の事、私の著作・執筆活動について、一般的な注意事項・免責事項を列挙させて頂きたいと思います。

大変申し訳ございませんが、当文章に目を通して頂き、内容を御理解・御了承頂いてから、楽しく記事を読んで頂ければ…と思います。

どうぞ、宜しく御願い致します。

 

(※なお、当文章内に出てくる「筆者」とは、この私「makaran@記事増加中」の事を指します。また、「読者様」とは、記事を読んで頂いている閲覧者様の事を指します。)

 

----------------------

 

御意見・御指摘・リクエスト…その他もろもろ。コメント大歓迎です。

読者様の意見・リクエストには、できるだけ真摯に応えたいと思っております。

 

たった一つのコメントから、話が大きく広がったり、方向性が変わったり…なんて事は数多あります。賑やかな事は、嬉しい事です。

 

連絡方法は、読者様のお好みの方法で宜しくお願い致します。

記事へのコメント機能を利用して頂いても、筆者のTwitterアカウントにコメント・DM送付して頂いても、問い合わせフォームから連絡頂いても、どれでも構いません。

twitter.com


----------------------

 

可能な限り正確性を担保したつもりでおりますが、万が一「ここがおかしい」という事がありましたら、大変お手数ですが、筆者宛に御連絡下さい。

内容を確認次第、必要に応じて修正させて頂きます。

 

 

また、反対意見などのコメントを頂けることは、とても有難いことだと考えております。

しかし、そういった御指摘・御意見を頂く際には、「何がおかしいのか」「なぜなのか」という事を、具体的・論理的に記載して頂けると幸いです。

抽象的な指摘を頂いても、当方で十分な確認ができない場合には、きちんとした対応・反応・修正作業ができません。論点がズレたり、頓珍漢な回答をしてしまう恐れもあり、御期待に応えかねる場合もあります。

大変お手数ですが、御理解・御協力をお願い致します。

 

----------------------

 

ご意見・指摘等を頂いた方全員に、ご期待に添った形で、100%反応するとは限りませんのでご承知おきください。

特に、以下の項目に当てはまるものを送付された場合は、ご期待に添う・添わない以前に、削除や通報の対象となります。ご注意ください。

 

◆特定の自然人や法人などに対し、明確な根拠もなく、ただ誹謗中傷するだけの内容のもの。

◆スパム、迷惑メール、宣伝のみを目的とする内容等、当ブログの記事に無関係な内容のもの。

◆各種法令で禁じられた行為を促したり、仲介したり、斡旋したり、予告したりするもの。特に刑事訴訟法で管轄される行為(いわゆる犯罪行為)は厳禁です。しかるべき機関に通報する可能性もあります。

◆その他、公序良俗に反するものや、一般的な認識の下・筆者によって「適当ではない」と判断されるもの。

 

----------------------

 

記事に対するご意見を頂き、その指摘内容に応じて記事を修正する場合、「指摘して頂いた方の名前」と「指摘・修正内容の解説」を、筆者の判断で修正対象記事に記載する場合があります。

(例:○○さんから、××という意見を頂きました。その意見には根拠があり、筆者も修正した方が良いと考えますので、記事を修正致しました。○○さん、ご意見ありがとうございます。)

 

オープンな場(ツイッターの公開ツイートや、当ブログのコメント欄等、広く閲覧されることを前提にしている所)に書かれた意見については、特に秘密にする必要もありませんので、事前に了解を取ることは致しません。ご承知おきください。

 

クローズな場(ツイッターのDM、当ブログの「お問い合わせフォーム」等、公になりにくい手段)で寄せられたご意見については、まず守秘を念頭に置き、筆者の判断だけで個人情報やご意見の詳細等を記事に記載致しません。

掲載する場合は、必ずご本人様に許可を頂いた後で、記事に致します。

なお、許可が頂けない場合や、連絡が十分できない場合は、頂いたご意見を活かしきれない場合があります。その旨、ご了承ください。

 

----------------------

 

外部からの指摘に依らず、筆者の判断のみで、公開後に記事内容を修正する場合があります。

 

「誤字・脱字の修正」くらいであれば、特にアナウンスは致しません。が、「内容の大きな追加・修正等」を行った時には、修正内容と修正日付を入れる様にしております。

 

----------------------

 

修正作業は筆者の判断によって行い、全て筆者の手作業になります。

その為、すぐに修正できない場合や、全ての記事を網羅的に修正しきれない場合があります。ご了承下さい。

 
----------------------

 

筆者の主張は、筆者自身の見解であったり、一般例だったりと、特異なものではありません。

その為、ある程度の参考にはなると思いますが、何かの効果を約束したり、100%の永久不変な正確性を持つものではありません。

また、何かを強制したりするものでもありません。

 

筆者の記事を読み、何かしらのヒントを得て、実際に行動される場合においては、それぞれの自己判断・自己責任で動いて下さい。

行動の結果、生じた個別具体的な権利義務等に関して、筆者は一切の責任を負いません。

不安を感じる時や、確実に成果を出したい場合には、必ず「身近にいる、ちゃんとした専門家の方」に相談してから、行動して下さい。

 

----------------------

 

法律の許諾無く、個別具体的な事件対応をした場合、弁護士法等の法律に触れる恐れがあります。

同様に、法律で許された範囲を超えた治療行為等を行う場合は、医師法等違反になる恐れがあります。

 

他にも、世の中には多種多様な資格や法律があり、違反すれば罪に問われたり、事故を起こしたり、トラブルに巻き込まれ賠償を求められたりする場合もあります。

十分に用心し、自己の判断の下、危険で無用心な行為は避けて下さい。

筆者の文章に触発され、上記例示の様な行動に出たとしても、その結果に対し筆者は一切の責任を負いません。

 

----------------------

 
著作権については、各種法令(特に著作権法32条近辺)は勿論の事、各メディア運営様の方針を尊重しております。

 

----------------------

 

筆者が作成した記事の著作権は、全て筆者にあります。著作権を放棄しておりませんし、無断転載はできません。

法令が許す範囲での引用は構いませんが、その際は必ず「筆者の作成した記事であること」や「引用元記事のURL」等、著作権が筆者にある旨を明記してください。

 

著作権関連法規に触れ、違法に筆者の記事を二次利用等した場合、その結果生じた全ての結果に対して、筆者は全く責任を負いません。

場合によっては、筆者自身も無許可転載・無断盗用を問題視し、警察等の関係機関に相談する可能性があります。

 

----------------------

 

記事内で使用した画像・動画・音楽等については、使用許可を頂いているものしか使っておりませんし、配布サイト様が許可した範囲内でしか利用しておりません。

 

 

また、記事内の画像に、「各種商用サイト様から提供されている、商品リンク付き画像」を使う事があります。これも全て「掲載許可を頂いたもの」です。 

しかし、掲載許可を頂いているのは筆者であり、読者様にまで効果が及ぶものではありません。その為、記事の二次利用に伴う画像の使用までは想定に入っておりません。

故に、「筆者に使用許可が与えられたもの」を無断で二次利用した場合、その結果に対しては筆者は全く責任を負いません。

場合によっては、筆者も無許可転載・無断盗用を問題視し、警察等の関係機関に相談する可能性があります。

 

----------------------

 

筆者の執筆した文章内で引用させて頂いた他記事・他文章は、執筆時(各記事トップの日付)に内容を確認し・引用したものです。

同様に、ニュース記事へのリンクや、商品へのリンクを貼る事がよくありますが、それらのリンク先内容の確認も、執筆時に行われたものです。

 

記事公開直後には、必ずリンクのチェックを行います。

しかし、その後は特段の事情が無い限り、筆者側でリンクチェックを行っておりません。

その為、筆者が記事を書いた後、リンク先の都合で内容が変更されている恐れがあります。注意願います。

 

なお、リンク先の方針が変わったり、リンク先の機材トラブル等で不具合が発生したとしても、筆者は何も出来ません。各リンク先の運営様にご相談ください。

同様に、リンク先の不具合・都合により、読者様に何かしらの悪影響があったとしても、筆者が責任を負う事は一切ありませんので、ご注意下さい。

 

----------------------

 


以上、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

(制定:2017年7月1日)

 

(改定1:2018年8月6日)

「何かを強制したりするものでもありません」との文言を追加。

まあ、当初から何かを強制する気はゼロで、文章を読んで頂ければニュアンスが伝わると思っておりましたが、知人のアドバイスで明記する事にしました。

 

(改定2:2019年7月2日)

1:画像についての注意書き等を変更。著作権フリーの画像か、提携先から特別に使用許可を頂く画像ばかりになっているので、それに合わせて文言を変更。

2:リンク先の記述を追加。リンク先内容の確認時期や、その後の変更はリンク先の権限である事等々を追加。

 

(改定3:2020年2月17日)

1:見易くする・分かり易くする為、改行箇所や表現を微調整。

2:「ご意見・ご指摘」に関する注意を追加。内容によっては期待に添えない旨と、酷い場合は削除・通報対象になる可能性等を明記。

 

(改定4:2020年3月19日)

著作権関連法規に基づいた記事の引用」「画像の無許可転載禁止」等の表現を、分かり易い表記に修正。表記を修正しただけなので、規定内容そのものに変更なし。