makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【麻雀賭博の話】賭博麻雀大会「黒川杯」が、ガチで開催されました

先日報じられた、「検察幹部の黒川弘務検事長が、麻雀賭博をやっていた」という話。

黒川氏本人が認め、森法務大臣も認め、ニュース内容は真実だと確認された…にもかかわらず、懲戒免職ではなく自己都合退職。黒川氏には、退職金約6000万円が支払われます。

また、明らかに賭博罪(より重い常習賭博の疑いも濃厚)であるのに、捜査が始まったのかどうかも明らかではない。当然、逮捕や捜索などもなし。

 

コロナ騒動で世の中は大変。そこに「政権の分かり易い大失態」が追加されました。世間の怒りは激しさを増しています。

bunshun.jp(2020/5/26)

www.jiji.com(2020/5/29)

 

------------------------------------------

 

ただ、この状況を逆に考えれば、

「黒川氏と同じ状況で、麻雀賭博をやったとしても、捜査対象者にも犯罪者にもならない」

ということになります。

これを受けて、とあるツイッターユーザーが「麻雀賭博大会」の開催を呼びかける事態になり、奇妙な騒ぎになっていました。

twipla.jp(2020/5/30閲覧)

 

上記ページを見るに…

具体的な日時や場所が決定しているものの、他ユーザーの感想としては、

「ただの皮肉でしょう」
「本気でやるとは思えない」
「単なるネタですね」

というものが大半でした。筆者も、そう考えていました。

 

しかし、主催者の本気度は、予想を超えて強固だった模様。

2020年5月30日、本当に「黒川杯」が開催されました。

ツイッター上には、主催者サイドによる事細かな報告が上がっています。その内容を、スポーツ紙が取り上げる騒動にまで発展していますね。

(参考:中日スポーツ、2020年5月30日付記事。「賭けマージャン“黒川杯”」https://www.chunichi.co.jp/article/65152

twitter.com(2020/5/31閲覧)

 

続きを読む

【麻雀賭博の話】このままだと、日本が「麻雀賭博大国」になる

先日報じられた、「検察幹部の黒川弘務検事長が、麻雀賭博をやっていた」という話。

当ブログでも、この話題に触れました。

結構反響が大きく、「ああ、皆さん怒っているんだな」という感じが伝わってきましたね。

www.makaranbox.com

 

検察幹部が、賭博をやっていた。

黒川氏本人が認め、森法務大臣も認め、ニュース内容は真実だと確認されました。

直後、黒川氏は辞任。懲戒免職などではない為、数千万単位の退職金を貰って消えました。

この話が追加燃料となり、怒る人が多数発生。

 

それはそうです。

検察幹部といえば、刑事裁判で犯人を問い詰める側です。その幹部が、明らかに賭博罪の容疑者であるのに、懲戒処分なしで退職金を貰えば…反発が起きて当然。

今現在、捜査対象にもなっていない模様ですし。

 

------------------------------------------

 

この状況を逆に考えれば、

「黒川氏と同じ状況で、麻雀賭博をやったとしても、捜査対象者にも犯罪者にもならない」

ということになりますね。

日本は法治国家であり、同じ様な状況であれば・同じ様な判断が出るというのが大前提です。意味不明な差別的扱いはできません。

法律のプロである検察官、しかも幹部職員が「こういう状況で麻雀賭博やっても、捜査されない」と身をもって示している状況である為、その辺の素人が言うのに比べて説得力が段違い。

 

これを受けて、とあるツイッターユーザーが「麻雀賭博大会」の開催を呼びかける事態になり、変な騒ぎになっています。

twipla.jp(2020/5/29閲覧)

 

続きを読む

【新型コロナ騒動の話】緊急事態宣言解除されるも…早速キナ臭い

先日、「新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言」が、東京などの感染者多発地域を含め、全国で解除されました。

自粛ムードが薄れ、お出かけする方が増えています。

コロナ騒動以前の状況に戻ってはいませんが、第一歩を踏み出した感じです。

 

------------------------------------------

 

しかし、緊急事態宣言が解除されたからといって、新型コロナウイルス騒動が完全解決したワケではありません。

新規の感染者が減ってきただけで、ゼロになったワケではない。

油断していると、感染の第二波がやって来ます。

 

いや、ひょっとして、もう第二波への秒読みが始まっているのかもしれません。

そう思える話が、九州の北端・北九州市から伝わってきました。

 

www.tnc.co.jp (2020/5/26)

感染鈍化ムードが一転、第2波への懸念が強まっています。

北九州市で25日までの3日間に、12人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

緊急事態宣言の解除からまもなく2週間、封じ込めに成功したかにみえていた街では、不安の声も聞かれました。

 

北九州市 北橋市長】
「ただ言えることは相当数の無症状の方がいらっしゃる」

「本市におきましても、市中感染というのはそれなりの広がりを持っていると」

「いわゆる第2波の入り口に立っていると思います」

 

26日午前、緊急の会見を開き、第2波への警戒を呼びかけた北橋市長。

4月30日から23日連続で感染者が確認されなかった北九州市ですが、今月23日に3人、24日は3人、そして25日は6人と、この3日間で合わせて12人の感染が確認されました。

このうち11人の感染ルートが分かっておらず、市は行動歴の調査などを急いでいます。

 (https://www.tnc.co.jp/news/articles/NID2020052607241より。改行・強調等は筆者によるもの)

 

続きを読む

【イメージ商売の話】カメラがあって、スタッフがいて、編集もされるのに、「リアリティ」って…?

先日、女子プロレスラーの木村花さんが、お亡くなりになりました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

複数のメディアが報じていますが、死の原因は、「あるテレビ番組に出演したことにより、誹謗中傷が殺到した」というものだそうで。

www3.nhk.or.jp

シェアハウスでの共同生活を記録する民放の番組に出演していたプロレスラーの22歳の女性が、SNS上でのひぼう中傷の書き込みが相次ぐ中、自殺したとみられる問題で、書き込みは女性が番組の中で洗濯物の扱いをめぐって男性に注意した場面が放送された後、集中していたとみられることが関係者への取材で分かりました。

 

シェアハウスで男女が共同生活する様子を記録する、フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー、木村花さん(22)は今月23日、都内の自宅で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。

 

SNS上では、番組への出演や言動を非難する投稿が相次いでいて、警視庁はひぼう中傷を苦に自殺したとみて調べています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012445621000.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの)

 

筆者は、この「テラスハウス」という番組を見ていないので、木村花さんの当時の様子は分かりません。

が、番組のホームページや、関連記事を読んで知った内容から見るに、「ドキュメンタリー風のバラエティ番組」という感じがします。俗にいう「リアリティーショー」ですね。

 

番組のテーマは、若い男女の生活風景。

この中で、木村花さんは悪役的な立ち位置になり、それを見た視聴者からSNS経由で罵詈雑言が飛んで、木村花さんに重圧をかけていった様子。

罵詈雑言を飛ばした人々の多くは、慌てて発言を消していますが…。中には、事件の後に「死んでくれて嬉しい」みたいなトンデモ発言を流す者もいて、ちょっと理解し難い。

 

この問題を受け、SNS経由の誹謗中傷・罵詈雑言に関し、アチコチで厳しい指摘が相次いでいます。

遂には、日本政府から「ネット上での誹謗中傷対策を見直す」という発言が出ました。

今後、大きなうねりになりそうです。

www.jiji.com(2020/5/26)

 

------------------------------------------

 

この手の「リアリティーショーの出演者が、誹謗中傷に晒される」という話。

今回が初めてではありません。

過去にも同様の事件はありました。

 

しかし、ちょっと考えれば分かることですが、これはテレビ番組です。

 

続きを読む