makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

自然・科学

動物、植物、天文、医療関係…などなど、自然科学分野に関する記事です。

【新型コロナウイルスの話】感染者数より、もっと回復者の話を

新型コロナウイルス騒動。 連日連夜、関連ニュースが出ています。 テレビや新聞で報じられる情報の大半は、 「今日は、この地域で感染者が見つかった」 「死者がこれだけ増えた」 「人々が出歩かなくなって、経済状態が悪くなった」 等のネガティブな話ばか…

【アニメの話】奇妙なリアルさを持つ、巨大ロボアニメ(後編)

先日、いわゆる「リアルロボット系」のアニメ『機甲戦記ドラグナー』について記事を書かせて頂きました。 www.makaranbox.com 『機甲戦記ドラグナー』は、1987年にテレビで放送された作品。制作会社は、有名アニメ『機動戦士ガンダム』と同じく「サンライズ…

【コロナウイルスに勝つ健康法?…の話】単騎じゃウイルスには勝てぬ道理

”毎度お馴染み”の、新型コロナウイルス騒動にまつわる話です。 (この枕詞が、早く消えてくれる様に願うばかりですが…) 先日、WHOがパンデミック宣言を放ちましたが、結構な数の日本人が「はい、そんな事だろうと思ってました」という薄い反応でした。 特に…

【災害の話】「新型コロナウイルス騒動」と「震災の反省」を同時に考えてみる

3月11日。2011年に、東日本大震災が起こった日。 筆者は関西人です。地震発生時には、震源からは遠く離れた所にいました。 当時、私は大怪我の治療中で、病院の世話になっていました。 震災とは全く別の原因で負った傷ですが、時期的に「治療の記憶」と「震…

【蝗害の話】コロナウイルス騒動に、上乗せ大災害(※注意※昆虫出演記事)

コロナウイルス関連騒動が勃発して、既に2~3ヶ月が経過しました。 未だに先行きは見えず、世界中で混乱が続いています。 こういう「世間の目を引く騒動」の裏では、様々なニュースが埋もれてしまう。そんな傾向がありますね。 埋もれたニュースの中には、か…

【新型コロナウイルスの話…の後日談】デマ検証記事、現る

先日、以下の記事を書かせて頂きました。 内容は、「新型コロナウイルス対策に、オカルト手法が出てきた」というもの。 www.makaranbox.com 上記記事をアップしたのは、2020年3月2日の、夜11時前です。 その後、1日遅れで、テレビ局も「筆者と同じネタ」を報…

【新型コロナウイルスの話】トンデモ医療でコロナ対策!…という悲劇

本日の話は、まだ調査中の段階なのですが…。 怪しいニオイがプンプンするので、早めに警告だけ流したいと考え、この記事を書いています。 詳しい話は、調査完了後に執筆する予定。予めご了承ください。 ---------------------------- では、本題に。 新型コ…

【ネットデマの話】ぬるま湯で死ぬウイルス…だったらいいね

「新型コロナウイルス肺炎」のニュースが、絶え間なく報じられています。 感染は、確実に世界規模へ拡大しつつあり、各国の対応レベルも上がり続けています。 こういう大騒ぎには、必ずと言っていいほど「真偽不明のデマ騒ぎ」が付随して発生します。 案の定…

【やまゆり園事件の話】なぜ「永遠に意思疎通できない」と断言できるのか?

本日の記事は、かなり硬派・社会派なテーマを扱います。 「肺炎騒動で気が滅入っているので、そういうテーマはちょっと…」という方は、メニューから別カテゴリを選んで頂き、別の記事をお楽しみくださいませ。 「マンガ」「食品」あたりに、気軽に読んで頂け…

【ノンフィクションの話】エボラ出血熱が、アメリカに上陸していた

本日は、とあるノンフィクション作品をご紹介します。 タイトルは『ホット・ゾーン』。 (提供:Amazon) (著:リチャード・プレストン/訳:高見浩/飛鳥新社) 『ホット・ゾーン』は、1994年に初出版された作品です。ちょっと古いですね。 しかし、発表された…

【新型肺炎の話】英雄の死から伝わること

連日報道が続いている「新型コロナウイルス肺炎」関連ニュース。 当初の予想通り、嫌な数字だけが右肩上がりになっています。 www.jiji.com(2020/2/8) 中国政府は8日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、同日午前0時(日本時間同1時…

【ウイルスの話】新型コロナウイルスより、こっちの方が怖いかも

連日報道されている、「新型コロナウイルス肺炎」の話。 予想が当たって欲しくなかったと言いますか、中国の隠蔽体質が招いた当然の結果と言いますか、騒ぎのレベルは上がる一方です。 www.jiji.com(2020/2/2) 中国政府は2日、湖北省武漢市で発生した新型…

【新型肺炎の話】「生物兵器流出」という陰謀論(後編)

本日の記事は、先日書かせて頂いた記事の続きになります。 いわゆる「新型コロナウイルス・陰謀論説」に関する話です。 www.makaranbox.com 中国・武漢発の、新型コロナウイルスによる肺炎騒動。 この新型ウイルスが、「実は、生物兵器として開発されたもの…

【新型肺炎の話】「生物兵器流出」という陰謀論(前編)

中国・武漢発の、新型コロナウイルスによる肺炎騒動。 どんどん拡大しています。 遂に死者が130人を超えてしまい、感染者数も急激に増えています。 www.afpbb.com(2020/1/29) 中国の国家衛生健康委員会(NHC)は29日、新型コロナウイルスの感染者が5974人…

【新型肺炎の話】また日本国内で患者が発生。その内容は「ついに来たか…」(1/28訂正・追記アリ)

中国・武漢発の、新型コロナウイルスによる肺炎騒動。 どんどん拡大しています。 遂に死者が100人を超えてしまい、感染者数も急激に増えています。 www.jiji.com(2020/1/28) 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の死者が28日、10…

【新型肺炎の話】日本国内患者の4人目が発生

中国・武漢発の、新型コロナウイルスによる肺炎騒動。 一向に収まる気配がありません。 (イメージ画像 https://illustrain.com/?p=27701) 当ブログも、この話題を連日取り上げていますが…。 本日の記事を執筆する際、「肺炎の話ばかりでも気が滅入るし、今…

【新型肺炎の話】各地が戦々恐々

先日から報じられている、「中国・武漢で発見された、新型コロナウイルスによる肺炎」の騒動。 あちこちで関連ニュースを報じていますね。ワイドショーでも触れています。 www.afpbb.com(2020/1/23) 騒動発祥の地である「武漢」は、実質的な隔離状態へ突入…

【新型肺炎の話】怖いのは、ウイルスではなく、体制そのもの

最近、中国の武漢(ぶかん。ウーハン)という街が騒がしいですね。 ニュースによく出てきます。 JETRO(日本貿易振興機構)の資料によれば、武漢の人口は約1089万人。「市」であるのに、広さは兵庫県と同じ。経済成長率は中国国内の平均を上回る勢いであり、…

【医学の話】「空想世界の差別」だったハズなのに…

本日の記事は、とあるSF映画の紹介から始めましょう。 作品名は『ガタカ』です。 (提供:タワーレコード) 『ガタカ』は、1997年のアメリカ映画。 イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウなどの有名俳優が出演している作品です。 『ガタカ』の舞台…

【天文学の話】かなり近所の、ほしのこえ

今年も残すところ、あと1日と少し。 多くの方は、もう仕事納めをされた状態であり、帰省や旅行などの用事でバタバタ・あるいはノンビリ、それぞれの時間を過ごされているのでは?…と推察します。 他方、年末年始も仕事という方々は、本当にお疲れ様です。 職…

【害獣駆除の話】麻酔銃が使いにくい理由アレコレ

先日、「害獣駆除の裏側」というテーマで、記事を書かせて頂きました。 tenamaka26.hatenablog.com 「害獣」と一口に言っても、シカやらイノシシやら、様々な種類が存在しますが… 上記記事は「熊の駆除」に関する話。 たまに全国ネットの番組で、「人里に熊…

【野生生物の話】害獣駆除は命がけ。趣味や嗜好でやりたくない

本日はクリスマスイブですが…。 当ブログは、洒落っ気も何もない武骨なメディアですので、本日も平常運転です。 予めご了承くださいませ。 ---------------------------------- 先日、「ハンター議員炎上、その後」というテーマで記事を書かせて頂きました。…

【2019年を振り返る 5】炎上ハンターの、その後

年末恒例、「今年を振り返る」というテーマで綴る記事の、第5弾です。 今回は、「炎上したけれど、その後の様子に興味を持つ人が少ない」といった、忘却鎮火事例について触れていきます。 ------------------------------ 2019年の3月。 とある地方議員さん…

【お手軽ダイエット?の話】もし本物が存在すれば、国が動くハズ

ダイエット。 老若男女問わず、頭の痛い話です。 筆者も…万年ダイエッターの人間です。 ダイエットは、楽なものではありません。しかし、できるだけ苦しまずに痩せたい。 こう思う方は多いでしょう。 その願望を見透かす様に、「簡単に痩せられる!」「これ…

【プラットフォーマーの話】トンデモ医療情報に、新たな監視の目が

トンデモ医療記事が、なかなか無くなりません。 ネット上には真偽不明の情報が溢れており、その背後には高確率で「自費診療」「高額サプリ」などの商業臭があります。 悪質な業者になれば、明らかに健康を害する品を、超高額で売りつけることもアリ。要は、…

【医療記事の話】「血液クレンジング」と「はあちゅう騒動」の、奇妙な化学反応(※2019/11/16追記アリ)

先日から、「血液クレンジング」という健康法というか治療法というか、とある施術について騒がしいことになっています。 当ブログでも、関連記事を書かせて頂きました。 tenamaka26.hatenablog.com tenamaka26.hatenablog.com 「血液クレンジング」とは、自…

【健康法?の話】「血液クレンジング」が、遂に国会へ

先日、「血液クレンジング」なる健康法らしきものについて、記事を書かせて頂きました。 tenamaka26.hatenablog.com 「血液クレンジング」とは、自分の血液を少量抜き、医療用オゾンで処理した後、また体内に戻すというもの。これで健康になれるそうです。 …

【健康法の話】血液を、ゴシゴシ洗うイメージ?

先日、ツイッター上に「血液クレンジング」なるトレンドワードが浮上しました。 どうやら、健康法の一種…だそうです。 この手の健康関連話には、非常に疎い筆者。 ”クレンジング”という名前からイメージするに、血液を濾過するというソフトイメージよりも、…

【災害の話】洪水で、超有名な猛毒が流れる

先日の台風被害から、1週間が経過しました。 被災地の被害は甚大で、復旧の目処が立たない地域も数多くあります。 www.yomiuri.co.jp(2019/10/20) 今回の被害では、いわゆる「タワーマンション(タワマン)」の脆弱性や、「災害物資の備蓄倉庫」が被害に…

【有毒生物の話】火蟻の侵略が始まる?

「火蟻」。読み方は「ヒアリ」。 2017年頃に、物凄く騒がれた昆虫の名前なのですが…皆さん、覚えていますか? 忘れてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「ヒアリ」とは、毒を持ったアリの名前です。毒針を持ち、敵を刺します。 この毒が、なか…