makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

実用書・文芸

ためになる本、面白い小説、参考書籍などの紹介が含まれる記事です

【名作と差別の話】子供向け文学作品で、ドギツイ表現が…

最近に始まったことではありませんが…未だに「人種差別」というものは色濃く残っています。差別を発端として、殺し合いが発生することも多い。 中でも深刻なのは、黒人と白人の対立です。建前的には「差別解消」とされたのかも知れませんが、実際はアメリカ…

【自動車免許の話】「厳しい指導」は、もう時代遅れなのか…?

自動車運転免許。 社会人としてやっていくには、必須の資格。多くの方は学生時代に取得するであろう、超メジャー資格です。 生徒さんの大半は、近所の自動車学校・教習所に通うか、「免許合宿」という形で短期集中型の取得を目指すか、このどちらかでしょう…

【推理小説の話】類似品に注意

(お知らせ:当記事は、推理小説の紹介記事になります。物語の粗筋程度は掲載されていますが、犯人の情報など「酷いネタバレ」はゼロですので、安心してお読みくださいませ) 本日は、とある推理小説のご紹介をば。 作品のタイトルは、『そして誰もいなくな…

【小説・映画の話】「ウイルスパニックもの」の、最初期作品

先日、日本政府が出した「新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言」が解除されました。 www.bbc.com(2020/5/25) 最近の日本国内感染者数・死亡者数から見て、「警戒レベルを下げていいのでは?」という値になった結果、今回の宣言解除に至った模様。 ただ…

【映画の話】シレッと地雷を混ぜないでください…

世相がそうさせるのでしょうか。 最近、「見れば楽しい気分になれる映画」を探すことが多くなりました。 筆者と同じ考えを持つ方は、かなりいらっしゃる模様。 ネットにて、「元気になれる映画で、オススメはありますか?」というお題が出て、あれやこれやと…

【料理の話】こんな時は、お家で「ズボラ料理」に挑戦

本日は、とある料理レシピ本を紹介します。 この本に書かれているレシピは、どれも簡単に作れて、なおかつ美味い。 家で過ごすことが多い昨今。普段は料理をしない方は、この機会にちょっと挑戦してみてはいかがでしょうか? 料理は運動と同じ。いい気分転換…

【「Stay Home」の話】ヒキコモリの達人が語る、説得力抜群の体験談

新型コロナウイルス騒動に伴い、政府や地方自治体から「感染予防の為、できるだけ家にいて、外出を控えてください」との要請が来ています。 筆者も、出来る限りのヒキコモリ生活を送っています。 ただ、ヒキコモリ生活が長くなれば、色々とストレスが溜まり…

【テレビ業界の話】自業自得の人手不足

新型コロナウイルス騒動の余波が、各方面に広がり続けています。 芸能界や放送業界でも、その影響は深刻。とうとう、放送局そのものが機能停止する羽目になりました。 www.nikkansports.com(2020/4/15) テレビ朝日が17~19日まで東京・六本木の本社を完全…

【詐欺・悪質商法の話】マスク通販の闇

新型コロナウイルス騒動が発端となった、マスクの品不足。 未だに解消されているとは言い難く、なかなか手に入りません。 筆者の近所にあるドラッグストア・コンビニ・スーパー等も、軒並み欠品状態。アルコール等の「消毒関連商品」も同様です。 何時になっ…

【新型コロナウイルスの話】「3密」より分かり易い「しゅうきんぺい」

連日、新型コロナウイルス関連のニュースが報じられています。 本日は、「東京都で報告された、一日当たりの新規感染者数」が、遂に三桁に達したとの話が出てきました。 www3.nhk.or.jp(2020/4/4) 東京都は4日に都内で新たに118人が新型コロナウイルスに…

【記者会見の話】上手に伝える技術は、「ポイントを外さない&シンプル」

本日の当ブログでは、「2020年3月28日(つまり今日)開催された、安倍総理の会見」について、ちょっとひとこと申し上げたい。 テーマは「伝え方を少し工夫するだけで、印象は改善される」という話です。 ------------------------------------------ 本日の…

【予言書の話】「新型コロナウイルス騒動は、既に予言されていた!」という、どこかで聞いたフレーズ

世が乱れると、必ず出てくるのが「この世の乱れは、予言書に書いてあった!」という怪しい文言。 本の宣伝だったり、宗教の勧誘だったり、色々なモノへの誘い水として使われるフレーズですね。 この手の話で最も有名なものは、1999年に流行した「ノストラダ…

【YouTuberの話】漏れ伝わる収入額と待遇

YouTuber(ユーチューバー)。 今やスッカリお馴染みの存在になっています。 ユーチューバーとは、大手動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」にて活躍する、動画クリエイターや出演者のことです。 www.youtube.com 日本人ユーチューバーの著名な方といえば…

【情報戦の話】「トランプは人種差別者?」という、切り取りニュース

アメリカvs中国。 以前からある対立ですが、ここに来て新たな火種が発生しています。 争いの元は、「新型コロナウイルス」です。 www.bbc.com(2020/3/19) ドナルド・トランプ米大統領が新型コロナウイルスを「中国製」と呼び、中国が強く反発している。 ト…

【嘘広告の話】WELQ騒動から何も学んでいない? 「グノシー」系列会社の醜聞

先日、とあるニュースが報じられました。 内容を簡単に言えば、「化粧品などのネット広告に、”真っ赤な嘘の体験談”を混ぜていた会社があった」というもの。詐欺広告の話ですね。 それをやらかした会社が、ネットニュース大手「グノシー」系列の会社だという…

【新型コロナウイルスの話】感染者数より、もっと回復者の話を

新型コロナウイルス騒動。 連日連夜、関連ニュースが出ています。 テレビや新聞で報じられる情報の大半は、 「今日は、この地域で感染者が見つかった」 「死者がこれだけ増えた」 「人々が出歩かなくなって、経済状態が悪くなった」 等のネガティブな話ばか…

【コロナウイルスに勝つ健康法?…の話】単騎じゃウイルスには勝てぬ道理

”毎度お馴染み”の、新型コロナウイルス騒動にまつわる話です。 (この枕詞が、早く消えてくれる様に願うばかりですが…) 先日、WHOがパンデミック宣言を放ちましたが、結構な数の日本人が「はい、そんな事だろうと思ってました」という薄い反応でした。 特に…

【災害の話】「新型コロナウイルス騒動」と「震災の反省」を同時に考えてみる

3月11日。2011年に、東日本大震災が起こった日。 筆者は関西人です。地震発生時には、震源からは遠く離れた所にいました。 当時、私は大怪我の治療中で、病院の世話になっていました。 震災とは全く別の原因で負った傷ですが、時期的に「治療の記憶」と「震…

【呆れた政治家の話】地方議員であれば、住民の手でクビキリ可能ですよ

新型コロナウイルス騒動に伴い、マスクが品薄状態です。 「日本国内での消費量が激増」と、「中国の物流が止まって輸入量減」とのダブルパンチで、かなりの品薄状態。 そこに、一般の店でマスクを買い占め・高額で転売する「悪質転売ヤー」が加わり、トンデ…

【買い占め騒動の話】ポイントは「地震や台風の対策」と同じ

新型肺炎の話題が絶えません。 感染者数や死者数も増えるばかり。 マスクや消毒剤が不足している状況も変わっていません。 遂には「地下鉄車内で”マスクをせずに咳をした”として、乗客が揉める」「マスクを買う列に割り込んだ人間が、ボコボコにされる」とい…

【ノンフィクションの話】エボラ出血熱が、アメリカに上陸していた

本日は、とあるノンフィクション作品をご紹介します。 タイトルは『ホット・ゾーン』。 (提供:Amazon) (著:リチャード・プレストン/訳:高見浩/飛鳥新社) 『ホット・ゾーン』は、1994年に初出版された作品です。ちょっと古いですね。 しかし、発表された…

【新型肺炎 & ネット炎上の話】「炎上バカチューバー」の、借金返済計画を考える

先日、「新型コロナウイルス肺炎騒動」にまつわる炎上騒動について、記事を書かせて頂きました。 www.makaranbox.com 上記記事は、とある迷惑客についての話。 この客が、カナダ発の飛行機の中で、「自分は、新型コロナウイルスに感染している!」と大嘘をつ…

【新型肺炎 & ネット炎上の話】「炎上バカチューバーの負う損害賠償」を計算してみる

日本国内で、「新型コロナウイルス肺炎騒動」が大きくなり始めたのは、恐らく1月中~下旬頃です。 それから、約1ヶ月が経過しましたが…。 騒動の規模は、大きく・深くなるばかり。まだまだ先が見えません。 新型コロナウイルスの発端である中国では、死者数…

【新型肺炎の話】リアル『世にも奇妙な物語』ですか…?

連日報道されている、「中国・武漢発の、新型コロナウイルス肺炎」に関するニュース。 日本でも感染者が次々と出ていますが、騒動の中心である中国はもっと大変で悲惨です。 www.jiji.com(2020/2/16) 中国政府は16日、湖北省武漢市で発生した新型コロナ…

【新型肺炎の話】日本・田舎暮らし無双(2/14追記有)

新型コロナウイルス肺炎に関する、一連の騒動が続いています。 死者は既に1000人を超え、感染者も4万人超。間もなく5万人に達するでしょう。 もう間違いなく、今年の10大ニュースに入る勢いです。 先行きは、まだまだ不透明。 そんな中、「もう間もなく感染…

【新型肺炎の話】国際機関への買収疑惑

連日報道されている、「中国・武漢発の、新型コロナウイルス肺炎」に関するニュース。 本日、とうとう死者が900人を超えたとの報道が出ました。この数は、2002年近辺に騒がれた病気「SARS」の死者数を超える数字。 異常事態のレベルが、また一段と上がった模…

【新型肺炎の話】英雄の死から伝わること

連日報道が続いている「新型コロナウイルス肺炎」関連ニュース。 当初の予想通り、嫌な数字だけが右肩上がりになっています。 www.jiji.com(2020/2/8) 中国政府は8日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、同日午前0時(日本時間同1時…

【裁判の話】「上級国民騒動」の中心人物、飯塚幸三被告の量刑を予想してみる

本日のニュースに、とある事件の続報が出ていました。 それは、昨年春に東京で起きた、大規模交通事故の話です。いや、事故と言うより事件と言った方がいいでしょう。 www.news24.jp(2020/2/6) 去年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し親子2人が死亡するな…

【ウイルスの話】新型コロナウイルスより、こっちの方が怖いかも

連日報道されている、「新型コロナウイルス肺炎」の話。 予想が当たって欲しくなかったと言いますか、中国の隠蔽体質が招いた当然の結果と言いますか、騒ぎのレベルは上がる一方です。 www.jiji.com(2020/2/2) 中国政府は2日、湖北省武漢市で発生した新型…

【新型肺炎の話】「生物兵器流出」という陰謀論(後編)

本日の記事は、先日書かせて頂いた記事の続きになります。 いわゆる「新型コロナウイルス・陰謀論説」に関する話です。 www.makaranbox.com 中国・武漢発の、新型コロナウイルスによる肺炎騒動。 この新型ウイルスが、「実は、生物兵器として開発されたもの…