makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【中国のひと昔前】科学エンタメ本が語る、中国人が自己中な理由とは?

中国共産党政府の横暴が止まりません。

日本を始め、インド・フィリピン・ベトナム・オーストラリア等々、多数の国が無茶を言われています。

そこに、ブータンまでもが加わった模様です。

www.jiji.com(2020/7/26)

 

全方位に喧嘩を売る中共政府。思考回路が完全にチンピラ並みで、何かにつけてイチャモンを吹っかけてくる姿勢に、世界が辟易しています。

そうでなくとも、中国はパクリ・海賊版・偽物の震源地であることで名高い。ただでさえ問題をバラまいているのに、政府が率先して騒ぎを起こす。かなりメチャクチャですね。

 

この傍若無人ぶりを、さすがに無視できなくなったのでしょう。

世界各国(特にアメリカ)が、中華製のIT機器やソフトを排除にかかったり、交流の窓口を減らしたり等々、中国との関係を希薄にしようとしています。

www.itmedia.co.jp(2020/7/2)

 

本当であれば、「中国共産党政府との関係のみ」を希薄にしたいところですが、かの国は独裁国家であり、「中国人民イコール共産党の構成員」「中国企業イコール共産党の下請け機関」と見ておいた方がいい。政府と直接的関係がない個人・企業も、同じ目で見られます。

個人としての中国人は善良だとしても、中国人は中共政府に圧力を受けると逆らえない。最悪の場合、文字通り「殺害される」のですから、従わざるを得ません。中共政府の影響を脱しないと、いつまでも疑いの目で見られてしまいます。

これは、差別でも何でもなく、政治的事実。

 

中国排除を考える各国政府は、上記の様な考えを持っています。

 

------------------------------------------

 

ここで、ひとつの疑問が。

「ここまで中国共産党政府に無茶やられて、中国人民は何とも思わないのか?」

 

たまに、中国から亡命して中国共産党政府批判をする知識人はいます。しかし、大多数の中国人民は言論統制下にあり、自由に発言できない。その為、何を考えているか伝わり難い。

日本のマスコミや評論家の方々が、中国人民の考えを解説する機会はあります。ですが、「中華思想の為せる技」「拝金主義の末路」みたいな話が多く、ちょっと大雑把で理解し難い。

 

筆者がそんなことを考えながら、蔵書をパラパラとめくっていると…意外な本に、ヒントが記されているのを発見しました。

その本のタイトルは、『空想科学論争』です。

空想科学論争!(提供:Amazon)

(著:柳田理科雄、円道祥之/扶桑社)

 

続きを読む

【心霊スポットの話】幽霊見物のつもりが、自分が見物される側に…?

(※注意※)当記事には、若干ですがホラー要素が含まれております。苦手な方は、用心願います。

 

ボチボチ梅雨明けの時期になってきました。本格的に暑くなってきます。

暑い時期のお供といえば、「アイスクリーム」や「冷たいビール」等が筆頭に挙がります。クーラーや扇風機の世話にもなりっぱなし。

 

中でも外せないのは、「怪談」「心霊話」の類でしょう。この時期の風物詩。

怪談は、元々「暑気払い」の意味合いが強かったのですが、冷房完備の現代でもエンタメとして人気があります。

怖いもの見たさ・聞きたさについては、今も昔も変わらず…というところでしょうか。

 

------------------------------------------

 

ただ、怪談は「安全な場所で楽しむモノ」です。ホラー映画などのエンタメと同じ路線のモノです。

わざわざ危険な場所に行かずとも、安全な自宅で楽しめばよい。それが普通です。

 

しかし、世の中には「積極的に心霊スポットへ出かける」という方がいます。安全が確保された場所で怖がるのは、不満なのでしょうか。わざわざ「本当の危険」に近付く人が後を絶ちません。

そして、「心霊スポットでのリアル事件発生」も同様。一歩間違えば、本当に死にかねない事件が起きています。2020年になっても、それは変わらず。

www.youtube.com(2020/5/27)

 

上記ニュースは、2020年5月27日付のものです。場所は北海道。心霊スポットとして有名な廃墟で起きた火災です。

似た様な話は、7月に入っても発生しています。その場所は、愛知県です。

www.tokai-tv.com(2020/7/16)

 

続きを読む

【仮面ライダーの話】ご当地ライダーの競演

本日は、とある「仮面ライダー映画」の紹介をば。

作品のタイトルは、
仮面ライダー響鬼7人の戦鬼
です。なお、「響鬼」の読み方は「ヒビキ」です。

劇場版 仮面ライダー響鬼(ヒビキ)と7人の戦鬼(提供:Amazon)

 

仮面ライダー響鬼7人の戦鬼』(以下、『劇場版・響鬼と表記)は、2005年に放送されたテレビシリーズ『仮面ライダー響鬼』の劇場特別版です。

 

『劇場版・響鬼』は、ライダーの能力等「基本設定」はテレビと同じ。

ですが、テレビと全部同じでは「ただの焼き直し」となってしまい、劇場版の意味がありません。その為、大幅に変更されている点が多々あります。

この変更点が「いい意味で」ブッ飛んでおり、見応えのある作品に仕上がっています。

テレビシリーズを全く知らない方も、テレビ版しか見たことがない方も、どちらも楽しめるであろう力作です。

 

----------------------------------

 

『劇場版・響鬼』最大の特徴は、「時代劇である」という点です。テレビシリーズは「現代劇」ですから、かなりの違い。

 

『劇場版・響鬼』の舞台は、「日本の戦国時代」をイメージした造りになっています。時代劇では御馴染みの「大名」「武士」「農民」「町娘」等々のキャラが多数出演。

他ライダーでも、「過去にタイムスリップする」という設定で、江戸時代を舞台にする作品はありました。しかし、ガチで「戦国時代に活躍したライダー」を描いているのは、この『劇場版・響鬼』くらいのものです。かなり異色の作品。

 

続きを読む

【時事ネタ】「盗めるアート展」と「バンクシー」

先日、ちょっと変わった展覧会があり、ニュースになっていました。

その名は「盗めるアート展」です。

www.huffingtonpost.jp(2020/7/10)

 

普通の展示会・展覧会の場合、来場者が作品に触れることはNG。見るだけです。

即売会を兼ねている場合は、気に入った作品を購入できます。が、それでも「引き渡しが行われるまで」は、購入者といえども接触困難or禁止。これが基本です。

 

しかし、この「盗めるアート展」は違います。

「展示作品を、来場者1組に1つだけ、無料持ち帰りOK」
「作品を持ち帰らず、見るだけでもOK」

「展示作品が全て持ち出された時点で、催しは終了」

こういう特殊ルールの展示会。前代未聞です。

 

------------------------------------------

 

この奇妙な展示会が開催された裏には、「主催者がキッチリ考えた理由」があるそうです。

前代未聞のコンセプトですから、注目を浴び易くなります。
盗難が前提ですから、警備員不要で人件費削減。
また、「盗まれるよと前もって芸術家に伝えておけば、どんな作品が出来上がるのか?」という点にも興味を引かれたとのこと。

 

この展示会の話は、たちまち大きな反響を呼びました。

新型コロナウイルス騒動で、開催が一度は延期になった為、「おあずけ状態」になって話題性が増したという面もあります。

「ルパンの格好で盗みに行っていいか?」「お宝は頂いた…という書置きを残していいか?」等の問い合わせも多く、芸術作品展示会というよりも「お祭りイベント」的な受け取り方をされた人もいて、開催前から大盛り上がり。

 

そして、いよいよ開催当日。

主催者サイドは、「大きな話題になっていたので、恐らく短時間で全作品が無くなるだろう」と予測。

 

その予測は、大当たりでした。と言いますか、展示会開始の数分後には、全作品が無くなっていたとのこと。

主催者予想の、斜め上を行く結果に。

www.j-cast.com(2020/7/10)

 

続きを読む