makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】いい感じにネジ曲がった日本で、ハイクを詠ませる作品群 その2(※訂正有)

昨日、超個性的な作品『ニンジャスレイヤー』について、記事を書かせて頂きました。

tenamaka26.hatenablog.com

 

『ニンジャスレイヤー』はシリーズ化された作品であり、小説・漫画・アニメなどなど、多方面に展開しています。

それ故、関連作品の数も多い。全てを一度に紹介するのは困難です。

 

そこで、前回記事では田畑由秋氏と余湖裕輝氏による、漫画版ニンジャスレイヤー」を中心に据え、『ニンジャスレイヤー』シリーズの独特な世界観について、少し触れました。

 

有難いことに、漫画の脚本を書いていらっしゃる「田畑由秋」先生が、上記記事の告知ツイートをRTしてくださり、たくさんの方が記事を読んでくださいました。

先生と読者の皆様に感謝です。この場を借りて、御礼申し上げます。

 

----------------------------------

 

さて…

当記事では、前回予告した通り、「ニンジャスレイヤーにおける、素晴らしい曲解」について語っていきます。

 

ニンジャ対ニンジャスレイヤーの「迫力のある超常バトル描写」も面白いのですが…

『ニンジャスレイヤー』における最大の魅力は、やはり「絶妙な曲解」です。

(提供:Neowing)

(原作:ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ/日本語訳:本兌有、杉ライカ/漫画脚本:田畑由秋/漫画版作画:余湖裕輝/キャラクターデザイン:わらいなく、余湖裕輝KADOKAWA)

 

『ニンジャスレイヤー』シリーズの起源は、海外の作家による英語小説です。

この作家さん、恐らく…相当な日本通。

普通の日本人以上に日本のことを理解した上で、わざと誤解・曲解した表現をしているとしか思えない。

『ニンジャスレイヤー』内では、そんな場面が非常に多い。それが大きな魅力になって、ファンの心を掴んでいるのです。

 

そういう「絶妙な曲解」の具体例をいくつか挙げると、以下の様なものがあります。

 

続きを読む

【マンガの話】いい感じにネジ曲がった日本で、ハイクを詠ませる作品群 その1

日本発の漫画・アニメ・特撮作品は、世界中で大人気。

ロボットもの、怪獣もの、ヒーローもの…等、好まれるジャンルも多種多様です。

 

その中でも、根強い人気を持つのが「忍者もの」です。

闇に生き・闇に消える。その怪しい雰囲気が、海外の方に大ウケ。「忍者を見たくて日本に来た」と仰る観光客さんもいて、支持者の熱が凄い。

 

ただ、日本人と海外の「忍者のイメージ」は、大きく違いますね。

 

多くの日本人が持つ忍者像は、「スパイ」とか「軍隊の特殊部隊」というイメージ。特に戦国時代(安土桃山時代)の忍者イメージが強い方は多いでしょう。伊賀や甲賀、風魔や百地などなど、関連する言葉をご存じの方は多いハズ。

 

他方、海外の方が持つイメージは、「特殊な戦闘能力を持った、ダークヒーロー」というものでしょう。諜報活動を行う者というより、「魔術や超能力で敵を倒す者」という受け取られ方が多い。

その典型例が、大人気漫画『NARUTO』で描かれる忍者です。地味に市井に溶け込んで情報を集める…といった活動は少数。活動の大半は、派手な術を繰り出し・地形を変えるレベルの大規模破壊を起こし・敵を殲滅するというもの。

ヒーローとして人気を集めている忍者の多くが、この「派手な忍者」です。

 

----------------------------------

 

そんな派手忍者作品の中でも、一際目立つ・かなりの異色作品があります。本記事では、その作品をご紹介します。

作品のタイトルは、『ニンジャスレイヤー』です。

 

『ニンジャスレイヤー』は、その成立・発展の経緯からして異色。

元々は、「海外の作家が書いた、英語の小説」が起源です。その小説の内容が突飛で面白く、興味を持った日本人の有志が翻訳を始め、日本語訳がネット上で人気を博し、やがて商業レベルにまで成長し、今も発展し続けています。

 

続きを読む

【テレビの話】炎上が絶滅しない理由・その2 ブラウン管は過去のもの

 昨日、テレビの炎上事件について、記事を書かせて頂きました。

tenamaka26.hatenablog.com

 

この手の炎上騒動が起こる背景には、いくつかの共通点があると考えます。

 

その内容は、大きく分けて2つ。

(1)現場が追い詰められていること

(2)上の体質が変わらないこと

前回記事では、(1)について述べました。

今回は、(2)について掘り下げていきます。

 

まあ…(1)と(2)は別要素ではあるのですが、密接にかかわっている面もあり、なかなか難しいのですが。

 

続きを読む

【テレビの話】炎上が絶滅しない理由・その1 超絶ブラックの上に成り立つ業界

 先日、テレビ山口で起こった炎上騒ぎについて、記事を書かせて頂きました。

tenamaka26.hatenablog.com

 

炎上の内容は、いわゆる性的マイノリティ(LGBT)の方を取材し、本人の同意を得ずにLGBTである旨を放送し、「珍しい人」「珍光景」として扱ったというもの。

この放送が問題視され、炎上騒ぎが起こった後で、テレビ山口側は謝罪。取材VTRを流した番組内で謝罪したり、テレビ局のホームページで謝罪文を掲載したり、対応に追われました。

 

その行動が功を奏したのか、とりあえず炎は小さくなった模様です。しかし、取材対象となった方はショックを受け、「なぜそうなったのか、説明してくれ」とテレビ局に対して意見を述べた所で、話が止まっています。

このまま有耶無耶にすれば、テレビ山口の信用問題になりかねない。いや、テレビ業界全体の問題ともなりかねない。

真摯な態度で解決に向かって頂きたいところです。

 

------------------------------------------

 

ところで…

 

上記記事の中で、筆者はこう書きました。

「この手の炎上騒動が、テレビで起こる背景には、いくつかの共通点がある」

本記事では、その”共通点”について、少し詳しく述べていきます。

 

その内容は、大きく分けて2つ。

(1)現場が追い詰められていること

(2)上の体質が変わらないこと

先ずは、(1)について掘り下げていきましょう。

 

------------------------------------------

続きを読む

【駄菓子の話11】西では「あって当たり前の品」 東では「意外に希少品」

大人気マンガ『だがしかし』

それに触発されて書く、駄菓子記事の第11弾です。

tenamaka26.hatenablog.com

 

今回取り上げるのは、関西では御馴染みおにぎりせんべいです。

(提供:YAMADAモール)

 

おにぎりせんべい」は、1969年(昭和44年)に発売され、今なお店頭に並ぶロングセラー商品です。製造元は、三重県の菓子メーカー「マスヤ」さん。

この商品は、『だがしかし』の8巻に登場しています。

(提供:Neowing)

(著:コトヤマ 小学館)

 

www.masuya.co.jp

 

---------------------------

 

おにぎりせんべい」は、甘辛醤油味の煎餅。味付けの濃さがちょうどいい具合で、いくらでも食べてしまう美味さ。

筆者も、子どもの頃から今に至るまで、ずっと食べ続けているお菓子です。

が、どうやら…この想いは全国区ではない模様。

続きを読む