makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【新型肺炎 & ネット炎上の話】「炎上バカチューバーの負う損害賠償」を計算してみる

日本国内で、「新型コロナウイルス肺炎騒動」が大きくなり始めたのは、恐らく1月中~下旬頃です。

それから、約1ヶ月が経過しましたが…。

 

騒動の規模は、大きく・深くなるばかり。まだまだ先が見えません。

新型コロナウイルスの発端である中国では、死者数が2000人を超えました。

www.bloomberg.co.jp(2020/2/19)

 

日本国内でも、ジワジワと感染が広がっています。

最も懸念された「院内感染」も発生している模様。

www.kanaloco.jp(2020/2/19)

 

しかし、「新型コロナウイルス肺炎になったが、治癒して退院した」という話も増えてきており、徐々にデータが揃いつつあります。

解決に向け、少しずつ進んでいる感じ。現場で対応されているスタッフの皆さん、お疲れ様です。

 

------------------------------------------

 

他方、「新型コロナウイルス肺炎に関する、悪質な行為」の話もチラホラ。

 

最も酷いのは、「保健所を装ったメールに、ウイルスを仕込む」とか、「治療や援助の名目で、金を騙し取る」といった犯罪行為。

これは無条件で捕まえて、重罪にすればよいと考えます。ある意味、法で明確に裁ける・分かり易い部類のもの。

 

タチが悪いのは、「混乱に便乗して、バカ騒ぎするネットユーザー」です。

「匿名掲示板への書き込み」くらいなら、まだ可愛い方でしょう。しかし、

◆閉鎖空間で「自分は新型コロナウイルス感染者だ!」と騒ぎ、

◆倒れて痙攣する様子や、客が驚いて逃げる様子を動画撮影し、

◆後で「感染しているのは嘘だった」とバレて逮捕される。

…こういう行為に走る者がいます。

目的は「ドッキリ動画を作って拡散し、有名になりたい」というもの。いわゆる「炎上バカチューバー」と揶揄される人ですね。

 

この炎上ユーザーのせいで、カナダでは「飛行機が引き返す騒ぎ」まで発生しています。

www.afpbb.com(2020/2/5)

 

続きを読む

【駄菓子の話13】爆発する菓子

大人気マンガ『だがしかし』

それに触発されて書く、駄菓子記事の第13弾です。

駄菓子記事は、結構久しぶりの執筆になります。

www.makaranbox.com

 

今回取り上げる品は、「ポン菓子」です。

(提供:Amazon)

 

ポン菓子とは、米や麦など「硬い殻に覆われた穀物」を材料にしたお菓子の総称。

ふんわり・サクサクの触感と、ほんのり甘い味がなんとも嬉しい、昔ながらの駄菓子です。お年寄りの方でも、子どもの頃に食べた経験があるでしょう。

 

なお「ポン菓子」とは、特定の商品名ではなく、お菓子の種類を指す言葉。

その為、沢山の菓子メーカーが、様々な名前でポン菓子を製造・販売しています。

 

『だがしかし』で取り上げられたポン菓子は、「にんじん」という商品。コミックス第3巻に登場しています。

(提供:Neowing)

(著:コトヤマ小学館)

 

「にんじん」は、米を原料にしたポン菓子です。

パッケージの見た目が「野菜の人参」に似せて作られているので、名前も「にんじん」。

この特徴的な色と形を知っている方は…かなり多いハズ。駄菓子の定番です。

 (提供:Amazon)

 

---------------------------

 

この「ポン菓子」。

買って食べるだけでも十分楽しめる品ですが、「作る様子」を見るのが何とも楽しいお菓子です。

「作る様子を見るイベント」が企画されるほど、強烈なインパクトのある製造工程がウリの品。

 

ポン菓子を作るには、特別な調理機械が必要です。

この機械は「圧力鍋」と同じ様な仕組みを持ったものです。

(提供:Amazon)

(上画像:ポン菓子製造機)

 

この装置の中に米などの材料を入れ、強烈な圧力と熱を加えながらグルグル回転させ、キリのいいところで機械を止めて中身を取り出します。

 

中身を取り出す際、機械の蓋をトンカチ等で叩いて開けるのですが…。

強烈な圧力が一気に解放される為、大きな爆発音がします。この音から名を採って「ポン菓子」と呼ばれています。

地方によっては「ドン菓子」「バクダン」と呼ばれることもあり。

 

ちなみに、調理と爆発の様子は、以下動画をご参照ください。

(※音量注意)

www.youtube.com

 

続きを読む

プライバシーポリシー、個人情報の扱い等に関する注意

当ブログでは「Google Analytics」を利用し、アクセス解析を行う為にcookieを使用しております。

なお、cookieは「個人を特定する情報を含まない状態」で集計しております。

 

Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や、ページの改良・改善の為に使用させて頂くものとします。

 

Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約https://policies.google.com/?hl=ja」をご覧下さい。

 

続きを読む

【新型肺炎の話】リアル『世にも奇妙な物語』ですか…?

連日報道されている、「中国・武漢発の、新型コロナウイルス肺炎」に関するニュース。

日本でも感染者が次々と出ていますが、騒動の中心である中国はもっと大変で悲惨です。

www.jiji.com(2020/2/16)

中国政府は16日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の死者が同日午前0時(日本時間同1時)時点で、前日より142人増え1665人になったと発表した。

中国本土の感染者は2009人増の6万8500人に達した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021600150&g=intより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

当記事を書いているのは、2020年2月16日・夜9時頃です。

その時点でヒットした最新記事が、上記の時事通信記事。

これによれば、中国国内の死者は1665人、感染者は6万8500人とのこと。

肺炎が治癒して退院する人も出ていますが、全体から見れば非常に少ない。まだまだ先は見えません。

 

------------------------------------------

 

この話を調査するたびに、目にする言葉があります。

「中国の人民は、助けたい」

「が、中国共産党政府は信用できない」

 

中国共産党政府(中共政府)は、普段から言論弾圧や人権無視の行動を重ねているとして、世界中から大バッシングを喰らっています。

それでも、財力や人口を背景に成長し、チャイナマネーをバラ撒いて支持を集め、時には暴力で相手を抑え込み、存在感を増して今に至っています。

いわば、ゴリ押しで地位を上げてきたのです。

 

が、今回の新型コロナウイルス騒動で、ゴリ押しは全くの逆効果。被害を抑え込むどころか、強烈に広げています。

中国人民にとっても、世界にとっても、強烈に迷惑な話です。

 

------------------------------------------

 

中共政府は、自分たちの意見をゴリ押す時に邪魔となる「中共政府が起こした不祥事のニュース」を、よく揉み消しにかかります。

その為に、各種の情報操作を試みる場面が、やたら多い。

特にネット検閲は強烈。何かにつけて削除されたり、濡れ衣を着せられて犯罪者に仕立て上げられたり…などの話が有名。

 

今回の新型コロナウイルス騒動でも、「この病気は普通ではない」と早期に警告を発した医者を、「デタラメを流す犯罪者」として晒し者にしました。

この医師の忠告に耳を傾けていれば、被害はもっと少なかったかもしれないのに。

www.cnn.co.jp(2020/2/7)

 

------------------------------------------

 

そして、その「都合の悪いことを揉み消す、情報操作の話」に、またひとつ新たなネタが。

そのネタとは、以下に述べる衝撃の内容です。

 

新型コロナウイルス肺炎で亡くなった、著名な中国人実業家がいる。

◆だが、中共政府は「そもそも、そんな人はこの世に存在しなかった」ということにして、揉み消しを図っている。

 

続きを読む

【ガンダムの話】半ば無理矢理に投入された、悲しき兵器たち

先日、超有名アニメ『機動戦士ガンダム』のシリーズ派生作品について、記事を書かせて頂きました。

作品のタイトルは、機動戦士ガンダム MSイグルーです。

www.makaranbox.com

 

機動戦士ガンダム MSイグルー』(以下MSイグルーと表記)は、2004年から2006年にかけて発表された作品。

物語の舞台は、宇宙世紀0079に勃発した宇宙戦争(いわゆる「一年戦争」)です。元祖ガンダムである「ファーストガンダム」に関する、外伝的作品。

 

作品の内容は、第一部である『1年戦争秘録』と、第二部である『黙示録0079』に大きく分かれています。どちらも、物語のコンセプトや主要登場人物は同じです。

各3話ずつ・合計6話で構成されています。

(なお、当記事で『MSイグルー2重力戦線』は扱いません。ご承知おき下さい)

 

----------------------------------

 

MSイグルー』の主人公は、ジオン軍の若き技術士官「オリヴァー・マイ技術中尉」です。

マイ技術中尉は、ガンダムシリーズの主人公ではありますが、モビルスーツパイロットではありません。彼は「メカニックマン」であり、試作兵器のデータ収集と分析が仕事。シリーズの中では、ちょっと珍しい主人公です。

 

その為、マイ技術中尉は「テストパイロット」と一緒になって仕事をします。このテストパイロットが、各話毎に「ゲストキャラ」として登場。それに伴い、「ゲスト機体」も毎回新規で出てきます。

この「ゲストキャラ」と「ゲスト機体」が、全部訳ありの面々。

華々しい戦果を期待されるどころか、とにかく無理矢理引っ張ってきたものだらけ。

ここが、『MSイグルー』世界の大きな特徴であり、悲しくも深い物語を生む基礎になっています。

 

当記事では、そのゲスト機体の中から少し、できるだけネタバレにならない範囲で御紹介します。

MSイグルー』の世界に、少しでも興味を持って頂ければ幸いです。

 

----------------------------------

 

(1)試作モビルタンク「ヒルドルブ

(提供:Amazon)

 

続きを読む