makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【レバノン爆発事件の話】腐敗の結果、起きた爆発

先日、中東・レバノンの首都である「ベイルート」にて、とんでもない大事件が発生しました。ご存じの方も多いハズ。

 

その大事件とは、「戦争レベルの大爆発」が発生したというもの。

港湾施設に置いてあった大量の爆発物に火がつき、一帯は文字通り吹っ飛びました。その威力は港湾施設のみならず、爆心地から数キロメートルの広い範囲に被害を出しています。

下記動画は、爆発の瞬間を捉えたものです。「被害に遭った方が、血まみれで映っているシーン」がありますので、苦手な方は視聴に注意願います。

www.youtube.com(2020/8/4)

 

------------------------------------------

 

爆発から一週間ほど経過し、少しずつ事の詳細が分かってきました。

 

◆爆発したのは、「硝酸アンモニウム」という物質。肥料の原料として有名だが、爆薬の原料にもなる危険な物質。

◆この硝酸アンモニウムが、ベイルート港湾の倉庫に、長年に渡って放置されていた。その量、約2800トン。元々は、ロシアの船会社が、旧ソ連ジョージアグルジア)からモザンビーク(アフリカ南部)に向けて運搬していた荷物である。

◆2013年。その船が、中継地点のレバノンにて「運航規則に違反した」となり、レバノン港湾当局に船舶ごと荷を押収された。どうにもならなくなったロシアの船会社は、船の所有権を放棄。船の荷は、そのまま約6年間、安全対策無しで放置されていた。

◆2020年8月4日。ベイルート港湾にて、何らかの溶接作業が行われていた模様。その火花や熱が、不運にも放置された硝酸アンモニウムに移り、大爆発に至ったと思われる。

www.youtube.com(2020/8/5)

(上記動画:イギリス・BBCの記者が、レバノンベイルート支局とオンラインでやり取りしている時に爆発が発生。カメラの前にいた女性記者が爆風で吹っ飛ばされたが、幸い大事には至らなかったとのこと)

 

続きを読む

【映画の話】実写版「ジェリー」の戦術

最近の当ブログは、ホラー映画紹介等の「怖い話」が続いていますので、ちょっとここで中和要素をば。

本日の記事では、とあるコメディ映画をご紹介致します。

そのタイトルは『マウス・ハント』です。

マウス・ハント (字幕版)(提供:Amazon)

 

『マウス・ハント』は、1997年のアメリカ映画です。ジャンルはコメディ。

コメディですから、小難しい説明は一切無し。とにかく楽しい映画になっています。

 

『マウス・ハント』を日本語に訳せば、「ネズミ狩り」「ネズミ捕り」になります。

そのタイトルの通り、「家に住み着いたネズミvs退治しようとする人間」を描くお話です。

 

このネズミが、まぁ物凄い知能と戦術眼の持ち主。人間が仕掛けるネズミ捕りの罠など、一切通用しない。全て見破られてしまい、逆に仕掛けた側が痛い目を見ます。

ご丁寧に、「人間を撃退した後は、警察や救急に電話をかけて、怪我人の事後処理までやってくれる」というアフターケア付き。小さなネズミなのに、やっていることはハンニバルか・ナポレオンか・諸葛孔明か…というレベルで、観客は思わずニヤリ。

実写版『トムとジェリー』みたいな作品です。

「にわとり婆さん」「ふんだりけったり」「パパの教育」(提供:Amazon)

(上画像:『トムとジェリー』)

 

続きを読む

【給料ファクタリングの話】聞き慣れない名前ですが、実際はただの非合法業者

「お金は、借りたり貸したりするものではなく、稼ぐもの」

我が家に伝わる言葉です。それはその通り。

 

ただ、長い人生では何が起こるか分かりません。借金の話は、何時・誰にでも起こり得るものです。車や家のローンも、一種の借金。関わり合いにならない方は、多くないでしょう。

 

------------------------------------------

 

しかし、世の中には様々な借金があります。中でも闇金ヤミ金)」に関わるのは怖い。

 

闇金」とは、正規免許を持たずに貸金業をやっている者の総称。正規免許を持たないということは、正規ルール(主に法律)の影響下にないということです。

法律を守らない為、利息がとんでもなく高い。回収方法も荒っぽい。警察沙汰になることも珍しくないのが闇金案件です。

 

闇金側も、そのことは承知しています。その為、あの手この手で「闇金」のイメージを隠し、ちゃんとした業者の様に見せかけて、客からカネを巻き上げようとします。

そんな案件に、またひとつ新規名称が発生。その名は「給料ファクタリング(給与ファクタリング)」です。パッと見、闇金とは分からない名称です。

www.jiji.com(2020/7/29)

給与を受け取る権利を買い取るなどとうたい金を貸したとして、大阪府警は29日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、東京都荒川区の「SONマネジメント」社員岩田俊一容疑者(29)=山形市=ら4人を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 

こうした手口は「給与ファクタリング」と呼ばれるが、金融庁などは実態はヤミ金業として注意喚起しており、府警によると、摘発は全国初。

 

他に逮捕されたのはいずれも20代の男女で、4人は「D―ライン」などの屋号で営業。

債務者は3月から6月までに、全国各地で約2800人に上るとみられ、業者の口座には計約1億1800万円が振り込まれていたという。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072901119&g=socより。改行・強調等は筆者によるもの)

 

上記事件で発生した利息を計算すると、法定利息の80倍・年利約1600%だったとのこと。

複雑な計算抜きで単純に考えれば、この数値だと
「10万円借りたら、1か月後の利息だけで13万円」
「元本も合わせると、23万円を返済しないと借金が消えない」
となります。

 

------------------------------------------

 

こんな暴利、利用するワケが無い!…と考える方が大半ですが、それでも利用する人がいる。

そうなる理由は、やはり名称によるところが大きいでしょう。「闇金」ではなく「給料ファクタリング」というカタカナ文字。受ける印象が違います。

 

では、実際にどういう形でカネのやりとりをしていたのか?

上記記事では、流れを紹介しています。分かり易くまとめると、以下の様なものになります。

 

続きを読む

【映画の話】「SFホラーとサスペンスの融合」を打ち出した名作

本日は、SFホラーとサスペンスを合体させた様な内容の、とある名作映画をご紹介します。

怖いのが苦手な方、「異形の怪物」の類が苦手な方は、注意願います。

 

作品のタイトルは、遊星からの物体Xです。

遊星からの物体X (字幕版)(提供:Amazon)

 

遊星からの物体X』は、1982年発表のアメリカ映画です。監督は、『ハロウィン』『ゼイリブ』等でもお馴染みの有名監督「ジョン・カーペンター」氏。

 

遊星からの物体X』は、南極の観測基地という閉鎖空間を舞台にした、ホラー&サスペンス映画です。

当時はCGが普及しておらず、現在の様な「映像の緻密さ」はありません。が、それを補って余りある「ジワジワ忍び寄る恐怖」と、「誰が襲い掛かって来るか分からないという疑惑・猜疑心」がタップリと盛り込まれた作品。見応え十分です。

 

続きを読む